メタラーのヘッドホンブログ〈PR〉

うちも含めレビュアーなんてクソですよクソ。

ヘッドホンアンプレビュー

Audirect Beam4のレビュー 〈PR〉

PXL_20240303_075333665PXL_20240303_075127795.MP
Audirect Beam4という現在36,000円で販売されているDACアンプのレビューです。この製品はバッテリーを内蔵しているためUSBのバスパワーの駆動ではなくバッテリーからの駆動が出来る製品となっています。2枚目の写真に写っている、Lightning to Type-Cケーブルは早期購入者の特典となっています。また、黄色いレザーケースは別売りの物で2000円で追加で販売されている物であり付属品ではありません。
今回は代理店のIC-CONNCETさんからのレビュー依頼となります。
販売サイトは amazonはこちら 楽天はこちら ケースはこちら
51g6NSgsFmL._SX522_
良い点
・音は余計な味付けの無い引き締まった音でとても良い
・バッテリー駆動が出来るので、駆動力は一般的なUSB DAC系製品より有利
・「Beam4 内蔵バッテリーの電力が不足した場合は、従来のバッテリー非搭載のポータブル DAC と同様に、接続デバイス側より電源を取得」とのことで、バッテリーが切れても使える。
・筐体がとてもスタイリッシュでカッコいい
悪い点
・バッテリーを積んでいるため、DACアンプとして使うにはデカイし重め
・液晶が無いのでバッテリー駆動かどうか等がLEDのみで判断と少しわかりにくい
・別売りのケースは正直ダサイ(何故黄色、、、w)
PXL_20240303_075344714PXL_20240303_075259636
1、非常に駆動力がしっかりとした引き締まった音が魅力的、バッテリーを内蔵していることもあり、本格的に「もう中途半端なDAPはいらんな」と思える製品。
音はとても良いです。最近のこういうスティックDACアンプ系製品はクオリティの上昇が凄まじく、過去にレビューしたLuxury & Precision W4とかも非常に素晴らしく駆動力の不足感も殆どなかったのですが、ですがそれでも「USBのバスパワー駆動かぁ」と否定的な目で見ている人も居るかなと思います。そこで今回のAudirect Beam4はとうとうバッテリーを内蔵しているので駆動力面でかなり有利ですし、スマートフォンのバッテリー節約にもなる本格的に「中途半端なDAPは要らないな」と思える製品となっています。
音の傾向としては非常分離の良い引き締まった音で、音のクセは少なく全体的にタイトにあるがままの音を鳴らしてくれる印象です。音の味付け感は少ないので物足りない音に感じる人も居るかもしれませんが、個人的には再生機材側は余計な味付けをせずあるがままの音を高い次元で鳴らして欲しいので、こういうクセが少ない基本性能の高さを感じられる製品はとても好みです。Symphonium audio Crimsonのような音の分離の良いタイトな音を鳴らしてくれるイヤホンと合わせると、とてもスピード感のある音で鳴ってくれてとても良いですね。
PXL_20240317_064214759PXL_20240303_075243700
2、バッテリー駆動は大きな利点ではあるが、デメリットも多くある。
この製品の最大の魅力はバッテリー駆動というところです。バッテリー駆動のスティックDACアンプというとShanling UA5が先駆者だと思うのですが、意外とそれ以降バッテリーを積んだ製品は出てきておらず私が知る限り今回のAudirect Beam4がバッテリー搭載DACアンプ系では2つめとなります。
このバッテリーを積んだことにより利点は多くあり、まず駆動力がとても高く取れている印象です。スティックDAC系の音質はとても向上していますし駆動力も高い製品が増えていますが、流石にドライバ数がかなり多いイヤホンやヘッドホンでは物足りなさを感じる製品も多いです。その中でこのAudirect Beam4はそこそこのヘッドホンくらいであれば問題無く駆動をしてくれ、駆動力不足にありがちな音の痩せた感じがなく情報量の多い音を高い分離性能のもとに鳴らしてくれます。バッテリーを内蔵していることから、スマートフォンのバッテリーを使用せずに駆動できるのでスマホのバッテリーの節約にもなります。また、「Beam4 内蔵バッテリーの電力が不足した場合は、従来のバッテリー非搭載のポータブル DAC と同様に、接続デバイス側より電源を取得」とのことで、バッテリーが無い状態でも問題無く使えるのもポイント高いですね。
ただ、難点はしっかりとあって、バッテリーを入れたため重さがあります。本体の質量は62gと数字だけ見ると軽いですが、luxury precision w4は24gですので倍以上の重さがあります。この重さは結構気になる印象で、外で歩きながら使ったりすると知らないうちに重みで抜け落ちたりしないか少し心配になります。バッテリー内蔵の割には重さもかなり頑張っているとは思うのですが、やはり利便性の面では多少犠牲になっている感は否定できません。
PXL_20240324_125129847
3、Audirect Beam4とLuxury & Precision W4の比較
この製品を検討するにあたって一番気になるのは「高級なバッテリー積んでいないDACアンプとどっちがいいの?」というところだと思いますので、過去にレビューしたLuxury & Precision W4と比較試聴をしました。使用したイヤホンはSymphonium audio Crimsonです。
Audirect Beam4 参考価格 36,000円 販売サイト
W4より低音の厚みがある。低音に厚みがありつつも、しっかりと分離性能の高いスピード感のある音を鳴らしてくれるのが好印象。音の広がりがW4よりある印象で全体的な情報量がbeam4のほうがある。ただ、高音域の抜けの良さはW4のほうが上回っており、W4のほうがより綺麗な音を鳴らしてくれる印象がある。
Luxury & Precision W4 参考価格 79,200円 販売サイト 
こちらのほうが低音域が薄めで、全体的に良くも悪くも少し線が細目に感じるが、音の抜けの良さが上回っており全体的にBeam4よりスッキリと見通しの良い音になっている。低音域のズシンと来る重みこそbeam4程は無いが、必要十分な量はあるので聴いていて不足感は無い。音の分離性能はW4のほうが高いが、音の情報量自体はBeam4のほうがある印象で一長一短という印象。より勢いのある濃密な音を求めるならBeam4のほうが良いかもしれない。
PXL_20240303_075410298PXL_20240314_124309236
おススメ度 83点
4、音質は非常に魅力的だが、バッテリー駆動によるデメリットもあるのは本音。音質重視のスティックDACアンプを探しているなら非常に良い選択肢になる製品。

音は素晴らしいです。とてもタイトな情報量の多い音で何よりバッテリー駆動のおかげも相まって駆動力が高く幅広い製品を鳴らせるのがとてもポイントが高いです。ただし、難点としてはW4のような一般的なDACアンプ製品と比べて重く使い勝手の面ではある程度犠牲になっているというのも本音としてあります。やはりこのbeam4をズボンのポケットから出して使ったりすると、歩いている時に落としたりしないかな?と少し心配になるくらいは重みを感じます。
そういったデメリットはありますが、音質面は本当に素晴らしいです。同価格帯で音質を最重視してスティックDACアンプ系製品を探している人におススメしたい製品です。やはりスマホのUSBバスパワーではない、しっかりとした独立したバッテリーから駆動されるという精神衛生的な安心感は、オーディオ好きとしてはかなりポイント高いです、、、w


AFUL SnowyNightのレビュー〈PR〉

PXL_20240122_102905598
AFUL SnowyNightという現在109ドルで販売されているUSB DACアンプのレビューです。今回はHIFIGOからのレビュー依頼です。

販売サイトはamazonはこちら HIFIGOはこちら (amazonのはLightningのアドレスです)
aful-snowynight-dual-cs 
注目ポイント
・DAC チップ: 2xCS43198採用
→CS43198を2基となるとLUXURY & PRECISION W2と同じ構成ですので、それで109ドルはかなり頑張っていると思いますね。というか1基でも結構頑張っていると思います。

良い点
・音はとても良い。最新チップではなく、敢えてCS43198という定評のあるチップを使っているおかげか、適度に広がりのある自然な聴きやすい音。
・全体的に音の分離が良く音のクセが少ない。CS43198は個人的に少し輪郭の甘い製品が多い印象だったので、これきはとても良い印象。
・駆動力もそこそこ高い。大型ヘッドホンではおススメしないが、イヤホンは極端に鳴らしにくい物以外は基本問題無いだろう。
・独立したボリュームがある。
・見た目が非常にカッコよく、109ドルで売られている製品には良い意味で見えない。
悪い点 
・特に無いが無理やり挙げるとしたら大型ヘッドホン等は駆動力的に厳しいことか?
・最新のESSやAKM系のチップを積んだ製品のほうが音の輪郭はハッキリとしている印象。
PXL_20240122_103317720.MPPXL_20240122_103502950
1、音はとても良く、良い意味でHIFI調過ぎない自然で聴きやすい音。
音はなかなか良いです。良い意味で最近のDACチップを積んだ製品にありがちなHIFI調すぎる、少し音の輪郭を強調した音とは一線を画した音で、非常に自然で滑らかな良い意味で「オーディオ機材らしい音楽的な音」を鳴らしてくれます。音の傾向自体はフラットで、少し音場が広めな余裕のある音を鳴らしてくれる印象です。個人的にCS43198を積んだDAC製品は自然なゆったりとした音が鳴る反面、音の輪郭が甘すぎる音が多い印象で「良い音なんだけど、ロック向きでは無いな」と思うことが多かったですが、この製品はしっかりと引き締まった音をあくまで「輪郭を強調しない」自然な高解像度な音で鳴らしてくれる感じが非常に良いですね、
PXL_20240122_103527820PXL_20240122_103322370
2、駆動力はイヤホンなら基本は問題無し。デザインが非常にシャレていて、筐体もしっかりとしていて高級感があるのが良い。
音は前述したように良いですし、駆動力もしっかりとしている印象です。どうしてもこういうUSB DACアンプ系はスマホからUSBで電力を得て鳴らしているのでバッテリーを別途積んでいるDAP等の製品と比べると駆動力面で劣るのですが、最近のこういう小型のDACアンプ系は「本当にUSB OTGで駆動してるのか?」と思ってしまうくらい駆動力もしっかりしている製品が多いですよね。この製品も流石に大型のヘッドホンまでこれで問題無く鳴らせますよとまでは言わないのですが、ある程度のBA数を積んでいる比較的鳴らしにくいイヤホンでも結構問題無く鳴らしてくれます。流石に大型平面駆動イヤホンみたいな特殊例は厳しいですが、多くのイヤホンで駆動力面で問題になることは無いのではないでしょうか。
また、デザインが非常に良いです。ここは好みが分かれるところだと思いますが、黒いしっかりとした金属の筐体に、雪の結晶の形に光るLEDが何とも個人的なデザインの好みにとても合っていて個人的にかなり好きですね。知り合いに見せたら中二病っぽいって笑われましたけど(笑
PXL_20240122_103502950PXL_20240122_103555261.MP
おススメ度 90点
3、100ドル近辺のDACアンプ系製品を探している人には第一候補に入れていい実力のある製品。この価格でCS43198を2基積んでいるインパクトは大きい。

音は非常に良いと思いますし、価格を考えたらかなりアタリな製品だと思います。CS43198を2基積んで109ドルという価格はかなり良心的ですし、安いから見た目が安っぽいのかというとそんなこともなく、非常にかっこいい魅力的なデザインをしています。液晶が付いていないところは好みが分かれると思いますが、個人的にこういう製品は液晶あっても別に見ないし適当に鞄にぶち込んでいるときに割れるリスクのほうが大きいと思っているので、液晶は無いほうが好きです。
欠点も無いとは言いません。例えばあくまで私見ですが、最新のAKMやESS系のDACチップを積んだ製品群よりは音の輪郭は少し甘めに感じます。ですが、むしろ最新チップの解像度の高さがウリな製品は音の輪郭に変な強調感を感じてしまって、良い音だとは思うけど人工的な感じがすることが多々あるので「あくまで自然な音調」で、高いレベルの音を鳴らしてくれる、AFUL SnowyNightは非常に良い選択肢になると思います。

Muse HiFi M4のレビュー 〈PR〉

0Bn0t8FqT46D1BiSaAnE8g
Muse HiFi M4という現在129ドルで購入することができるBluetoothレシーバーアンプのレビューです。
今回はHIFIGOからのレビュー依頼ですのでHIFIGOの販売サイトも併記していますが、価格的にはAmzonから買ってもほぼ変わらないので、基本的にamazonから買うといいと思います。
販売サイトは Amazonはこちら HIFIGOはこちら
wKJsGvqpRdqPDXm3wwVK4Q
良い点
・ES9038Q2Mを積んでいながら129ドルと安い。
・地味に曲送り、曲戻しボタンが独立してあるのが便利
・音は良い意味で非常に普通、余計な強調感が無くどんな音源でもしっかり良い音を鳴らす。
・見た目が無駄にカッコいい
・3.5mm、4.4mm、2.5mmの端子が全部使える
・USB TYPE Cが2口あり、充電用と機材接続用が分かれているのが良い。
・駆動力がそこそこある。鳴らしにくいイヤホンでも結構問題無く聴ける。
悪い点
・少しカマボコっぽい傾向があり、もう少し音のレンジが広いとよりよかった。
・海外輸入のBluetooth製品なので自己責任で
X_NA1HtBS5-E0rYBpDJoYQmvsUKHGLTkSVNHTtV4_YAwLRFH37oDQDeeEiHOfslqjA
1、良い意味でとても普通な音がとても良い。少しカマボコ傾向で、もう少し音のレンジが広いとより良いと感じるが、高、低音域ともに変な強調感が無いので落ち着いた音が聴ける。
音はなかなか良いです。129ドルという価格を考えたらかなり良くできていると思います。音の傾向は少しカマボコ傾向です。個人的に小型のBluetoothレシーバーはFiio BTR7を愛用していてBTR7の音は気に入っているのですが、BTR7は良くも悪くもドンシャリ傾向の強めな派手な音です。それに対してMuse HiFi M4は非常に落ち着いた少し高音域、低音域の刺激をおとなしめに再生してくれる感じで、だからといって音に曇りがあるわけではない、自然で落ち着いた音になっています。高音域のピーキーさが苦手な人はこういう落ち着いた音はかなり良いと思いますが、私みたいなピーキーな刺さりがむしろ好物と思う人には落ち着き過ぎている感もあります。BTR7とは対局って感じの、良い意味で普通の音ですので使い分けとしては非常に優秀ですね。
ZNHvbiTeRTucvwlrpu3aDgQt3JYKdfQxa0xPI1FES0GAmvsUKHGLTkSVNHTtV4_YAw
2、駆動力がしっかりとしていて幅広いイヤホンに使える。サイドボタンに曲送り、曲戻しのボタンが独立してあるのが便利。USBが給電用と通信用で分かれているのもポイントが高い。
音の前述しているようになかなか良いですし、駆動力も悪くいないので多BA系の駆動力が必要なイヤホンもしっかり鳴らしてくれます。USBが2口あって給電専用と接続専用に分かれているのが便利ですね。他のレシーバーアンプでもUSB接続時はバッテリーの充電をしないように制御してくれる製品もあるのですが、このように物理的に分かれているほうが安心感があります。
また、地味に便利なのがサイドパネルに音量調節ボタンと、曲送りと曲戻しボタンがあることです。1ボタンで曲戻し、停止、曲送りが全部できますよ!みたいなボタンがある製品は多いのですが、2クリック次の曲、3クリックで前の曲みたいなのだと正直面倒くさくなって「じゃあスマホで選曲するよ」ってなりがちなので、曲戻し、曲送りが独立したボタンとしてあるのは非常に良いですね。「あ、4曲戻りたい」みたいな時も、この製品ならいちいちスマホを出さないで完結出来ます。
vekO7E7NScqk2ak--rpb3A-vJWPkjORn6R-gyhAVefPgWwHtUCt5S5OqbP3_Dr8xhQ
おススメ度 86点
3、非常に使い勝手の良いBluetoothレシーバーアンプで、見た目のカッコよく、音もクセが無く使いやすい。音に個性は少ないが、それはこの製品の魅力でもある。

音はなかなか良いです。少し落ち着いた音で音の荒っぽさを抑えた落ち着いた音ですが、音が曇ったりせず伸びやかな綺麗な音が鳴ってくれます。私みたいにドンシャリ傾向の音が好みの人からすると少し落ち着きすぎにな音に感じる面もあるのですが、基本的にはクセの少ない聴きやすい音と捉えて良いと思います。
見た目のカッコいいですし、地味に曲送り、曲戻りのボタンが使い勝手が良いので、気軽に使えるBluetoothアンプ系の製品としてはかなり魅力的だと思いますね。私はBTR7のノリが良いドンシャリ音も大好きですが、こういう少し落ち着いたクセの少ない音もかなり魅力的ですね。とりあえず鞄に常備するポータブルオーディオ製品が1つ増えました(チリツモで最近通勤用の鞄が重くてたまりませんw)

FiiO Q7のレビュー 解像度高い押し出しの強い音、ノリの良さは最高峰

DSC03690
Fiio Q7という現在749ドルで販売されているBluetooth対応のDACアンプのレビューです。
私は並行輸入で購入したため、並行輸入時に購入したHIFIGOのリンクを貼りつけていますが、並行輸入は色々なところが自己責任となりますので、あくまで個人輸入に慣れていて色々なリスクを理解している人のみHIFIGOからの個人輸入をお願いします。これを聞いて少しでも心配に思った人は国内で代理店経由で買いましょう。(内外差はそこそこありますけど、円相場が不安定すぎるので現状は仕方ないと思います)
販売サイトはこちら 
DSC03695
注目ポイント
・フラグシップ ESS ES9038Pro DAC チップセット
→同社のFiio M17からDAPとしての機能を抜いてDAC、アンプ部だけを独立したような製品です。なので、DACチップも当然M17と同様にES9038proを使っています。(M17はES9038proを2基、Q7は1基搭載)
・デュアルTHX AMP回路による非常に強力な出力
→最近のFiioはこのTHX AMPを使った製品がかなり多いですね。個人的には押し出しの強い元気な音の製品が多くて好みは分かれるタイプだと思うのですが、駆動力が高くハキハキした音の製品が多いので個人的にはかなり好感持っています。

良い点
・音はメチャクチャ良い。手持ち機材の中で音の粒立ちの良さはトップかもしれない。
・非常に音の分離が良く、全体的に力感のハッキリとした元気な音。Fiio BTR7に音の傾向は似ていて、BTR7の音の傾向を究極に質を良くしたらこうなるのかな?と
・充電はACアダプタではなくUSB-TypeCのみで出来る。(ACアダプタは据え置きとして、バッテリー駆動をせずに使う場合に使用する)
・最初から質の良いケースが付いていて、買ってすぐ使える。
・2.5、3.5、4.4、6.3mmのヘッドホン出力に対応していて、どんな機材でもつながる。
悪い点
・クソデカイ
・クソ重い(620g)
DSC03699DSC03705
1、音はメチャクチャ良い。派手な傾向の音ではあるが、解像度が高く非常ハッキリとした音色がとても好印象。
音は非常に良いです。いや、これだけデカくて音悪かったら困るのですが、個人的には期待値を上回る音でした。音の傾向としては結構同社のBTR7に似ています、BTR7も結構派手な傾向の音でキレの良いハッキリとした音を鳴らしてくれますが、このQ7も同様に派手な押し出しの強い音で、キレの良いとてもハッキリとした音を鳴らします。ただ、決定的に違うのは低音域のかなり余裕のある音ですね。低音域がかなり重みがある力感のある音を鳴らしつつも、非常に分離が良くキレの良いスピード感のある音を鳴らしてくれます。これだけしっかりと重みのある音を鳴らしつつも、テクニカルデスメタルでも余裕で分離してしまう解像度の高さは、わざわざこのクソデカイ製品を持ち歩こうという気持ちにさせてくれます。
DSC03696PXL_20221121_123525099
2、ヘッドホンも余裕で鳴らせる抜群の駆動力。発熱もポータブルで使う分には全然気にならず、外使いも全く問題ない。
同社のM17と、このQ7は熱暴走対策のファン付きスタンドが付属していて、このせいで「熱暴走するような製品ポータブルで使えないだろ」と敬遠している人が多い気がしていて、凄く勿体ないと思うんですよね。Q7はバッテリー駆動で使うのであれば熱は殆ど持ちません、むしろポータブルアンプとして熱は比較的持たない部類だと思います。なので、外で使うつもりで購入する人も安心して購入してもらえたらと思います。
これだけデカイだけあって、駆動力は抜群でヘッドホンも大抵の製品は余裕で鳴らせます。押し出しの強いハッキリとしたサウンドなだけあって、手持ちだとUltrasone系のヘッドホンは特に相性が良く、手持ちのSignature Proで試してみたところ、Signature proらしい高音域の鮮明さがより引き立つ非常にハッキリとした粒立ちの良い音で鳴ってくれて、それでいて低音域も重みがありつつも分離性能が高い、余裕のある音で鳴ってくれるのが最高です。こういう押し出しの強い音でロックとか聴くと最高なんですよ、、、w
PXL_20221016_032849279.MP (1)DSC03702
3、基本的にクソデカイBTR7なので、操作性はイマイチ。でも、そんな細かい操作する製品じゃないしね。
この製品で最初に思ったことは「良い意味で中華らしい思い切りのいい製品だなぁ」というところです。笑ってしまったのは、これだけ巨大な製品でありながら液晶はBTR7とほぼ同じサイズの物を使っています。操作系も殆どBTR7と同じです。そう、基本的にはこの製品は「クソデカイBTR7」なのですwこういう思い切りの良い製品が出せるのが、良くも悪くも中華系メーカーの強みな気がしますね。正直一度スマホと接続してしまえば、細かい操作なんて滅多にすることはありませんので、個人的にこういう割り切った仕様はむしろ有難いですね。無駄にデカイ液晶とか積まれると、今度は割ること心配してラフに使えなくなってしまいますしね。
PXL_20221112_101138480DSC03703
おススメ度 99点
4、クソデカイことさえ許容できれば、現状1000ドル以下で一番おススメできるDACアンプ。頑張れば持ち運べるし、これだけの音が持ち歩けるなら頑張ってみようかと思える。

音は本当に素晴らしいです。ハッキリ言ってクセの少ない音ではありません、全体的に押し出しの強い派手めの鳴り方で好みは分かれると思いますけど、逆に言えば最近のFiioのTHX AMPを採用した製品の音色が好きな人は一聴して「何コレ、サイコーじゃないですか?」となるタイプの、本当に唯一無二なタイプの音だと思います。
このQ7は個人的にFiio M17が発売された時から狙っていて、M17が1,799ドルという価格だったのでM17のDAPとしての機能を無くしたモデルであるQ7は良くて1,399ドルとかで出てくるものだと思っていたのですが、予想外に749ドルと自分の想定より大分安く出てきて驚きました。しかも、音も良い意味で「今のFiioらしさ」が詰まった押し出しの強い力感がありつつ、解像度の高い粒立ちの良い音で最高にロック、メタルに合う音で本当に素晴らしいです。
500mℓペットボトルより重い620gという重量級の製品ではありますが、わざわざ持ち歩くだけの魅力は十分ある製品です。今可能な限り安く、ロックに合う押し出しの強い音を求めるのであれば第一に候補に入れてほしい製品です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ