メタラーのヘッドホンブログ〈PR〉

うちも含めレビュアーなんてクソですよクソ。

ヘッドホンレビュー

Kinera Imperial Verdandiのレビュー〈PR〉

PXL_20240126_142444178PXL_20240126_142241335
Kinera Imperial Verdandiという現在1,199ドルで販売されている1BC+2 Knowles BA+2 Sonion EST+1DDというてんこ盛り構成イヤホンのレビューです。今回はHIFIGO経由のレビュー依頼です。ぶっちゃけ同社のフラグシップのLOKIは試聴した印象がイマイチだったので依頼受けようか迷ったのですが、こういうドライバ大量系イヤホンをじっくり聴ける機会もあまり無いので、今回は受けてみた感じです。先に結論から言ってしまうと「クセはかなり強いけど、これはこれで面白いと思える音」で、割と好印象でした。
販売サイトはHIFIGOはこちら Aliexpressはこちら
ece76681fb9f7c12608b1f453d2b6b12 
注目ポイント
・シェルには高品質の顔料や金箔を採用。
→白い模様は顔料だったのですね、金箔を使ってはいるものの金ピカにするのではなくアクセント程度に使われているので、デザインは日本人感覚で結構好む人が多そうです。
・1BC+2 Knowles BA+2 Sonion EST+1DD構成
→1骨伝導、2BA、2EST、1DDとなかなかのテンコ盛り構成ですね。

良い点
・ゴリゴリの荒々しい音で、情報量の多さが耳にどんどん飛んでくる感じ。落ち着いた音では決してないが、この派手なゴリゴリサウンドは聴いていて楽しい。
・情報量がメチャクチャ多いにも関わらず、音の分離性能はなかなか良いので、音の濃さの割に音の崩れや音の被り感は少ない。
・良い意味で個々のドライバの主張を、全て最大限に高めた結果、何か一周周って音のまとまりが出た、みたいな音。もう本当派手w
・低音域の重みがありつつ分離の良い音がとても良い。低音域もメッチャ濃い。
・シェルはとても綺麗
悪い点
・間違いなくクセの少ない音では無い。楽曲のジャンルも選ぶ。
・聴き疲れがしやすい音
・遮音性は少し低め
PXL_20240126_142959849Kinera verdandi
音質評価 86点
1、メチャクチャ派手な音で、ドライバの個々の主張を敢えて抑えずに全開にした結果、一周周ってバランスとれたような音。メチャクチャ濃い音で、かつ力感のあるゴリゴリサウンドが非常に楽しい。

以前レビューしたKinera Celest PhoenixCallとちょっと傾向は似ていて、もうとにかく派手な音で、個々のドライバがこれでもかというほど主張をしてきます。普通は派手な鳴り方をするドライバの音を抑えてバランスを取るのですが、このイヤホンは敢えて全てのドライバを強調させたら一周周ってバランスが取れたような、そういう派手で荒々しいけど、分離は良くて、聴いてて楽しいタイプのイヤホンです。音の傾向として間違いなくクセは相当強いですし、楽曲も選ぶのですが、低音機の厚みが物凄くありつつも、分離が良いゴリゴリとした鳴り方のサウンドは聴いていて非常に楽しいです。物凄く簡単に言うと一般的なロックをハードロックの音造りで鳴らしてしまうような味付けの音になっていますが、ここまで突き抜けてくると個人的にはアリだなと思います
PXL_20240126_142614377PXL_20240126_142849076PXL_20240126_142915080
音の傾向
高音域 □□□■
中音域 □□□
低音域 □□□□□ 
2、音のバランスは低音域寄りのドンシャリだが、全帯域が各々に主張が強い質感の音を鳴らすので、ボーカルもあまり凹む印象が無いのが面白い。

音の傾向は低音域寄りのドンシャリ。音場は少し広め。
高音域はギラギラとした主張の強い音がバシバシと耳に届きますが、高音域より低音域のほうが主張が強いこともあって音の質感の割には耳につく印象がありません。ESTドライバを2つ使っていることもあり、帯域によってはピーキーな質感で鳴る部分もあるのですが、音の抜けはなかなか良好なこともあり刺さりはそこまで気になる印象は無いです。というか低音の圧が強すぎて高音域のピーキーさで疲れる前に低音で疲れる(笑
中音域は音のバランス的には少な目ですが、意外と凹む感じは無いです。定位的には少し遠めで鳴っている感じですが、音の分離は良好なことから埋もれることはありません。ただボーカルの質感自体はそこまで良いとは言えず、高めの帯域のボーカルでは低音域の圧もあり少し曇りを感じる場面もあります。
低音域はアホみたいに濃い音を高い分離で鳴らしてくれます。低音域の物凄い濃さがありつつ、しっかりと分離がされたゴリゴリの重みのある音がこのイヤホンの最大の魅力で、本当に一般的なロックを鳴らしていても、笑っちゃうくらい体の芯に響くような重低音がバシバシ耳に届くので本当に聴いていて楽しいです。ハードロックを聴くのであれば最高な濃さと、しっかりと沈み込む重低音を高い分離性能の元に実現しているのが非常に好印象ですね。ただ間違いなく味付けは相当強いです。
PXL_20240126_143043273 
おススメ度 86点
3、非常に魅力的な厚みがありつつ分離の良いゴリゴリサウンドで、荒々しいクセの強い音でありながらも、聴いていて非常に楽しい魅力が詰まっている。

間違いなく万人ウケする音ではありませんし、原音忠実とは程遠い味付けの強い音です。でも、この全ドライバがバシバシと主張してくる非常に濃い音が聴いていて楽しく、これだけ濃い音でありながら音の分離性能は悪くないことから、本当にロックを聴くのに楽しいゴリゴリサウンドになっています。大人しい曲調の音源を鳴らすと「いや、そこでそんな凶悪な低音いらねぇだろw」と笑ってしまうようなクセの強さではありますが、非常にノリが良く聴いていて非常に楽しい音です。何だろうkineraは音を上手くまとめようとしたイヤホンより、こういう突き抜けた音造りをした時のほうが個人的には輝いている気がします(何を勝手なw)
濃密な音でありながら分離性能の高いイヤホンを探している人、音の刺激の強いゴリゴリサウンドのイヤホンが欲しい人におススメしたい意欲作です。こういう振り切った音造りは聴いていて楽しいので私は結構好きです。聴き疲れはするけどね(笑

LETSHUOER Cadenza4のレビュー〈PR〉

PXL_20240328_075354584PXL_20240328_075233757
LETSHUOER Cadenza4という現在249ドルで販売されている1D3BA構成のハイブリッド構成イヤホンのレビューです。今回はLETSHUOERから直接のレビュー依頼です。前回レビューしたLETSHUOER S15まではパッシブラジエーターを採用した製品を沢山出していたので、そっちの路線で行くのかな?と思ったら今回はハイブリッドの普通の構成で出してきましたね。
販売サイトは直販サイトがこちら Ali expressはこちら
   
注目ポイント
・上位モデルでも採用されている10㎜径のベリリウムコーディング振動版のダイナミックドライバーを採用しています。また Sonion社製BAドライバー1基、Knwoles社製BAドライバー2基を搭載しており、音の情報量と解像度が極めて高いです。
→かなり王道のハイブリッド構成ですね、ドライバのメーカーが明記されているのは安心感あります。
・フェイスプレートはCNCアルミニウム合金素材で製造され、マット仕上げで繊細で質感のある触感を持っています。
→いつも通り内側は3Dプリントの樹脂なのですが、フェイスプレートがカッコいいおかげで安っぽく感じないのが良いですね。

良い点
・音はとても良い、ハイブリッドではあるものの高音域のハイブリッドにありがちな刺激感が少なく、高解像度でありながら非常に聴きやすくバランスの良い音。
・同社の音造りの特徴なのかもしれないが、音場が広めで明瞭でありつつも音の刺激が少ない優しい音。
・高音域はしっかりと明瞭でありながら、ハイブリッドにありがちなドライバごとのまとまりの無さが無く非常にバランスが良い。
・全体的に解像度が高く、分離性能が高い。それでいてピーキーさが無く耳への刺激の少ない優しい音になっているのがとても好印象。
・フェイスプレートの質感の良さのおかげで3Dプリント樹脂の筐体に安っぽさを感じにくくなっている、そのため軽い装着感でそこそこ高級感を感じられる質感が良い。
悪い点
・殆ど無いが、強いて言うならEDMとかの電子音で低音がズドンと来るような音源だと、全体的に音が優しすぎると感じるかも(十分楽しく聴けるが)
PXL_20240328_075656095LETSHOUER CADENZA4
音質評価 97点 
1、非常に解像度の高い音でありながら、音の質感にピーキーさが無い非常に優しい音に仕上がっているのがとても好印象。

ちょっと前にレビューをしたHCKのHIMALAYAが高解像度の引き締まった音をそのまま耳に届けてくれる名機でしたが、こちらのCadenza4は近いレベルの高い解像度を持ちながら全体的に優しく聴きやすい音になっているのが非常に好印象です。個人的には正直HIMALAYAのような寒色系でスピード感のある音をそのまま耳にダイレクトに届けてくれるような音のほうが好みではあるのですが、メタル以外のPOPS音源、女性ボーカルのアニソンなんかを聴いてみるとCadenza4の高い解像度でありながら、少し優しい耳に刺激の少ない音はとても魅力を感じます。音場が広めで、ほんの少し音の広がり感がありつつも、音の解像度の高さは全く妥協していないところが非常に好印象ですね。こういう音のイヤホンを待っていたという人は少なくないと思います。
PXL_20240328_075651344PXL_20240328_075521983PXL_20240328_075450138
音のバランス
高音域 □□□
中音域 □□□■
低音域 □□□
2、音のバランスは少しだけカマボコ、基本的にはフラット傾向。解像度が高くありつつも、全体的に優しい広がりのある綺麗な音が鳴ってくれるのがとても良い。

音の傾向はほんの少し中音域が強めなカマボコ。音場は広めです。音の抜けも良好。
高音域は非常に明瞭ではありますが、音の抜けの良さのおかげかピーキーさが全く無く、優しい音を鳴らしてくれます。ハイブリッド構成の明瞭な高音域というとBAだけが悪目立ちのようなバランスの悪い音や、ピーキーな音を想像する人が多いと思いますが、このイヤホンは明瞭でありながら非常の伸びやかでバランスが良く、聴きやすい音を鳴らしてくれます。優しい音の高音域でありつつここまで一点の曇りもない透き通った音を鳴らしてくれるのはかなりポイントが高いです。
中音域は少し前に出てきて、自然な広がりのある少しだけゆったりとした聴きやすい音を鳴らします。ハイブリッド構成でこれだけボーカル帯域が聴きごたえのある音になっているイヤホンは珍しいと思います。少しだけ広がりがありますが、音像を拡張することなく、自然と筐体の響きが少しだけ乗る感じで、味付け感の無い自然な広がりでボーカル帯域を鳴らしてくれるのが良いです。
低音域は分離の良い音でありながら少しだけ広がりのある音を鳴らします。HIMALAYAがキレッキレのスピード感のある低音域だったのに対し、Cadenza4は分離性能は良いものの少し落ち着きのある音です。重低音の重みで攻めて来るような音源だともう少し力感が欲しいと思う場面もありますが、あくまで厳密に言えばというレベルでロックやメタルも十分楽しく聴ける低音機を鳴らします。ただ、スラッシュメタルとかみたいな疾走系の音源より、ロック、ポップスといった音源のほうが得意かなと低音域の傾向からは思います。
PXL_20240328_075724034PXL_20240328_075423487
おススメ度 96点 
3、基礎性能の高さを感じられる高解像度な音でありがなら、絶妙な音の広がり感を適度に付加してくれる「高解像度でありながら優しい音」を鳴らしてくれるのが非常に魅力的な名機。

音は素晴らしいと思います。以前レビューしたHCKのHIMALAYAのようにストレートに音の分離性能の良さを押し出してくる疾走感のある音も大好きなのですが、このイヤホンは同レベルの解像度の高さを持ちつつも、少し落ち着いた聴きやすい優しい音に仕上がっているのがとても面白いですし、同価格帯にこういうイヤホンは他に無いと思います。メタルとかのスピード感のある音源ならHCK HIMALAYA、少し落ち着いた音源をしっとりと聴きたいならLETSHUOER Cadenza4みたいに考えてもいいかもしれませんね。最近の300ドル以下のイヤホンのレベル高すぎませんか?w
高解像度でありながら優しい聴きやすいイヤホンを探している人におススメしたい名機です。

NICEHCK HIMALAYAのレビュー〈PR〉

PXL_20240218_102513582PXL_20240218_102009259
NICEHCK HIMALAYAというダイナミック1発構成のチタン合金シェルなイヤホンのレビューです。
価格は本来329ドルなのですが、割引クーポンの【WW8899】を使うと30ドルオフの299ドルで購入することができます。今回はNICEHCKからの直接のレビュー依頼です。 
販売サイトはこちら 
 
注目ポイント
・チタン合金をシェルに採用
→良い意味でチタン合金そのままのデザインでとてもカッコいいです。こういうの素材がカッコいい系は余計なことしないほうがカッコいいんですよね。
良い点
・言い方悪いけど「HCKがこんなクオリティのイヤホン出すと思ってなかった」と思うレベルのクオリティ、間違いなくHCKのイヤホンの中の最高傑作。
・非常に解像度が高い、寒色系の真面目な音でとても音が良い。こういう純粋な高解像度のスピード感のある音は私はかなり好み。
・全体的にスピード感のある音で、音が非常に引き締まっている。
・チタン合金シェルというと高音域がキツそうな印象がある人も居ると思うが、全くそんなことがなく、非常に明瞭でありながら抜けが良いとても質の良い音を鳴らす。
悪い点
・全体的に寒色系のスッキリとした音なので味気ない音に感じる人も居るかも。

以下は一番印象の良かった金色ノズルの状態を基本として書きます(青、銀色のノズルが付属します)
PXL_20240218_102508599HCK HIMALAYA
音質評価 99点
1、非常にスッキリとした全体的に引き締まった音が好印象。音の分離性能が非常に高く、音の細部までしっかりと表現してくれる高精細さと、全体的な音のスピード感が非常に魅力的。

音は素晴らしいです。こういっちゃ何ですが、HCKがここまでのイヤホンを作ってくるとは思っていませんでした。HCKのイヤホンの中でトップクラスとかいう話ではなく300ドルくらいのイヤホンでトップクラスの実力と言っていいイヤホンだと思います。いや、私はHCKと付き合い長いから忖度もあるかもだけどさw
音の傾向は非常に引き締まった寒色系の解像度の高い音です。良い意味でチタン合金と聴いてイメージするであろう少し金属的な響きの乗った音の印象をそのまま体現しつつ、高音域のキツさが無くとても伸びやかな音になっています。全体的に音の輪郭が非常にクッキリとした引き締まった音になっていて、ドラムのスピード感のある音であったり、ギターの刻む音が最高にノリの良い楽しい音で耳に届いてくれます。もっと過剰な演出感のある音でロックを楽しく聴かせてくれるイヤホンもあるのですが、このイヤホンはあくまで音の味付けは最小限に、解像度の高さと、基礎性能の高さだけで楽しい音を演出してくれるのが非常に素晴らしいですね。
PXL_20240218_102227752.MPPXL_20240218_102243637PXL_20240218_102454862
音のバランス(標準金色ノズル使用時) 
高音域 □□□□
中音域 □□□■
低音域 □□□□
2、音の第一印象は「非常に硬質でありながら力感のある、寒色系のレベルの高い音」、音楽にスピード感を求める人であれば間違いなく最有力の候補になる。

音のバランスは低音域寄りのほんの少しドンシャリ。音場は狭くも広くも無く。
高音域は非常にカッチリとした分離の良い音を鳴らしてくれます。良い意味でチタン合金らしい非常に引き締まった音でありながら、少し金属的な音の響きが乗る感じです。チタンハウジングというとオーディオテクニカが得意とすることもあり、その印象から高音域がかなりキツめのピーキーな音を連想する人も居ると思うのですが、このイヤホンも高音域に金属的な鋭さを演出する響きがある程度乗るのですが、音の抜けが良いこともあり明瞭な音でありながらピーキーさが強調される感じはありません。ただ刺さりを過度に気にされる方には少しこの響きの部分が合わないかも。
中音域は良い意味でそのままの音を淡々と鳴らしてくれます。とても引き締まった音像のハッキリとした音で、音像を変に拡大せず、それでいて他の帯域に埋もれることもなく、味付けの無い音を分離の良いハッキリとした音で鳴らしてくれます。バラードとかのゆったりとした歌もの系とかだともう少し余韻を強調したイヤホンとかのほうが面白いかなと思いますけど、ロックとかで聴くならこういう余計なことをしないあるがままの鳴り方がとても良いです。
低音域は非常に引き締まった力感のある音を鳴らします。この低音域の引き締まった少し寒色傾向のスピード感のある音を「疾走感がある最高な楽しい音」と捉えるか「冷たい淡々としたつまらない音」と捉えるかで、このまイヤホンの評価は分かれると思います。イメージとしてはER-4Sの淡々とした低音域が質感はそのままに量感を増して、音の分離はそのまま重低音の重みを増したような、個人的にはそういう質感です(伝わりにくいかなw)とにかく硬質でスピード感があり、音の輪郭がとてもクッキリとしているのですが、そのクッキリ感にも強調された味付け感は無くとても自然でありながらシャープです。ようはスラッシュメタルに最高ってことです。
PXL_20240218_102645152PXL_20240218_102508599PXL_20240218_102326231
おススメ度 99点 
3、引き締まったスピード感のある低音域が最高でありながら、味付けは最小限に抑えられているイヤホで、聴いていて楽しさと分析的な音の精密さを両立した非常に素晴らしいバランス。間違いなくHCKの最高傑作といっていい名機。

音は素晴らしいです。何度も言うようですが「HCKがここまで素晴らしいイヤホンを作ってくるとは思わなかった」というのが失礼ながら本音なレベルの出来の良さで、HCKの中でトップクラスとかいう話ではなく300ドル近辺で間違いなくトップクラスと言える実力を持っています。
特に魅力的なのが全体的な音の精密さと、力感を兼ね合わせた最高にスピード感のある低音域を鳴らしてくれるところですね。高音域も適度にチタンシェルらしい響き感がより音の疾走感に良いアクセントを加えてくれます。これだけ精密な音の解像度の高さを持ちながら、しっかりと力感のある聴いていて楽しいノリの良い音になっていることが本当に素晴らしいです。
とにかくスピード感のある音源が好きなら買っとけと言える、同価格帯でトップクラスの力感と疾走感を兼ね備えている、自然と聴いていて頭が振りたくなる名機です。


Symphonium audio Crimsonのレビュー〈PR〉読者割引アリ

PXL_20231119_042501105PXL_20231119_041644237
Symphonium audio Crimsonという現在1,499ドルで販売されている4BA構成イヤホンのレビューです。メーカーから直接のレビュー依頼を頂きました。
今回は読者割引として15%割引のコードを頂いておりコードを使用すると1,274ドルで購入することができます。割引コードは「JanneCM」です。
販売サイトはこちら 
DSC00290_
注目ポイント
・TrueX™ 4-Way Crossover
→4BAドライバで、真の4wayクロスオーバーを採用することにより最高のサウンドを実現みたいなことが書いてありますね。4Wayというのは音の帯域を4分割しているという意味で、例えば「超高音、高音、中音、低音」みたいな分け方ですね。4BAくらいだと2wayとか3wayに分けることが多いと思うので4wayは珍しいかなと。
良い点
・音はとても良い。とてもBAイヤホンとは思えない帯域が広く、バランスの良いモニターライクなサウンド。
・全体的な帯域バランスがとても良い。同社のHeliosも非常にフラットで分離が良いモニターライクなサウンドだったが、こちらはその傾向は残しつつも、もう少しノリの良さを付加したような音。
・全体的な音の分離性能の高さが素晴らしい。分離は高くありつつも、音の輪郭を強調しない純粋な高解像度をかなり高い次元で聴かせてくれる。
・低音域はタイトでありつつも力感のある、とてもスピード感のある音で非常の楽しい。
・Heliosと比較してノズル部分がかなり短くなり装着感が改善されている。
悪い点
・ほぼ無いが、能率が悪く音量が取りにくいことくらいか?
PXL_20231119_042036162PXL_20231119_041753758
音質評価 99点
1、音は非常に素晴らしい。Heliosのようなモニターライクなサウンドでありつつも、音の分離性能がより高まり、低音域のアタック感も増したことから、バランスの取れた音でありつつもよりノリ良く楽しく聴ける音になっている。

音は文句なしで素晴らしいです。個人的にはイヤホンというのはダイナミック1発が構成が一番好きで、BAは音の鮮明さに課題があることが多く、また4wayなどのドライバ数が多いイヤホンでは音の繋がりに不自然さがあることが多い印象を強く持っているのですが、このイヤホンはその私の固定概念を完全に崩す魅力を持っています。
まず、ビックリするくらいに音の繋がりが自然です。これを聴いて一聴して複数BAドライバのイヤホンだとわかる人はまず居ないのではないかと思うくらい、とても自然な音の繋がりを実現しています。帯域バランスもフラットに近く、音の分離性能が非常に良いです。また、多BAイヤホンにありがちな低音域に変な音の濃さや、高音域の濁り感が全く無く、良い意味で非常に高いレベルのクセの少ない音を実現してくれています。クセの少ない音造りは面白味の無い鳴り方と捉える人も多いと思いますが、こういった「高い次元のクセの少ない音」から得られる音の実像感はクセの強いイヤホンからは絶対に得られない圧倒的な魅力と言っていいと思います。
PXL_20231119_042128057Symphonium audio Crimson
音のバランス
高音域 □□□■
中音域 □□□
低音域 □□□■
2、少し寒色系のスッキリとした、全体の分離性能の高い音が魅力。Heliosよりは少し高、低音の主張が強めなので、よりフラットなのはHeliosに感じるが、音の分離性能はCrimsonが一枚上手。
音のバランスはフラットに近いが、厳密には少し低音域が強めか。音場は広くも狭くも無く。音の抜けは比較的良い。
高音域は煌びやかな明るい音を鳴らすものの、とても自然でピーキーな強調感が無く、明瞭でありながら非常に聴きやすい音になっています。金管楽器やドラムシンバルといった楽器はピーキーな刺激となって耳に届きやすいですが、このイヤホンは生音の刺さり具合はそのままに、誇張はせずに鳴らしてくれる印象です。そのため、とても実像感がある自然な高音域となっている印象で非常にポイントが高いです。
中音域は音像の大きさを正確に、かつハッキリとした分離で鳴らしてくれ、音の抜けも良いことから表現力も申し分ありません。ボーカル帯域に広がりや味付けをしているタイプのイヤホンではありませんので、パッと聴きは物足りなさを感じる場面もあるかもしれませんが、音の抜けが良く、それでいて演出感の無い良い意味で普通の音を鳴らしてくれるので、音源の質の良さに比例して、そのまま歌唱の魅力が耳に伝わってくる「余計な事をしない」感じがとても良いです。
低音域はとてもスピード感があり、分離性能が高いです。同社のHeliosはもう少し寒色傾向が強く、手音域をもっと淡々と鳴らす印象でしたが、Crimsonはもう少し低音域に力感が強く出ており、それでいて音の分離性能はより高まっているので、聴いていて最高に楽しいロック、メタルに非常に合う音を鳴らしてくれます。こういう音の輪郭を強調せず、それでいてしっかりと力感のある音をメチャクチャ高い分離性能のもとに鳴らしてくれる。こういうイヤホンって本当に少ないんですよね、、、。
PXL_20231119_042454937PXL_20231119_042122054PXL_20231119_041837684.MP
おススメ度 99点
3、高い分離性能によるスピード感のある音がとても魅力的。ノリが良い音でありながら、余計な味付けをせず、全体的に高いレベルのクセの少ない実像感のある音を鳴らしてくれるのが最高。ロック、メタルといったスピード感のあるバンドサウンドを聴くのであれば、同価格帯でトップクラスの良い選択肢になることは間違いないだろう。

先に言っておきます。それなりに忖度も入っていると思います。Symphonium audioさんは「マイナーなメーカーなのに、製品の出来が非常に良い」という、掘り出し物メーカーを探すのが好きな私にはドンピシャなメーカーで、それなりに良いお付き合いもさせていただいていることから、フラットなレビューとは言い難いかもしれません。
ですが、この音の良い意味での真面目さというか、クセの少ない音を高い次元で実現してくれているのは本当に魅力的で、何よりスピード感のある音源との相性が本当に素晴らしく、メタル聴きとしては本当に「そうそう、こういう音のイヤホン作って欲しかったのよ」といいたくなる分離性能の高さと、力感のある音を鳴らしてくれます。「音がとても良く、音に変なクセも無い、デザインもカッコいい」と、本当現状マイナーなメーカーであることが不思議でならないくらい魅力の沢山詰まった製品です。
スピード感のあるバンドサウンドを好んで聴かれる方に、同価格帯でトップクラスでおススメしたい名機です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ