PXL_20240303_075333665PXL_20240303_075127795.MP
Audirect Beam4という現在36,000円で販売されているDACアンプのレビューです。この製品はバッテリーを内蔵しているためUSBのバスパワーの駆動ではなくバッテリーからの駆動が出来る製品となっています。2枚目の写真に写っている、Lightning to Type-Cケーブルは早期購入者の特典となっています。また、黄色いレザーケースは別売りの物で2000円で追加で販売されている物であり付属品ではありません。
今回は代理店のIC-CONNCETさんからのレビュー依頼となります。
販売サイトは amazonはこちら 楽天はこちら ケースはこちら
51g6NSgsFmL._SX522_
良い点
・音は余計な味付けの無い引き締まった音でとても良い
・バッテリー駆動が出来るので、駆動力は一般的なUSB DAC系製品より有利
・「Beam4 内蔵バッテリーの電力が不足した場合は、従来のバッテリー非搭載のポータブル DAC と同様に、接続デバイス側より電源を取得」とのことで、バッテリーが切れても使える。
・筐体がとてもスタイリッシュでカッコいい
悪い点
・バッテリーを積んでいるため、DACアンプとして使うにはデカイし重め
・液晶が無いのでバッテリー駆動かどうか等がLEDのみで判断と少しわかりにくい
・別売りのケースは正直ダサイ(何故黄色、、、w)
PXL_20240303_075344714PXL_20240303_075259636
1、非常に駆動力がしっかりとした引き締まった音が魅力的、バッテリーを内蔵していることもあり、本格的に「もう中途半端なDAPはいらんな」と思える製品。
音はとても良いです。最近のこういうスティックDACアンプ系製品はクオリティの上昇が凄まじく、過去にレビューしたLuxury & Precision W4とかも非常に素晴らしく駆動力の不足感も殆どなかったのですが、ですがそれでも「USBのバスパワー駆動かぁ」と否定的な目で見ている人も居るかなと思います。そこで今回のAudirect Beam4はとうとうバッテリーを内蔵しているので駆動力面でかなり有利ですし、スマートフォンのバッテリー節約にもなる本格的に「中途半端なDAPは要らないな」と思える製品となっています。
音の傾向としては非常分離の良い引き締まった音で、音のクセは少なく全体的にタイトにあるがままの音を鳴らしてくれる印象です。音の味付け感は少ないので物足りない音に感じる人も居るかもしれませんが、個人的には再生機材側は余計な味付けをせずあるがままの音を高い次元で鳴らして欲しいので、こういうクセが少ない基本性能の高さを感じられる製品はとても好みです。Symphonium audio Crimsonのような音の分離の良いタイトな音を鳴らしてくれるイヤホンと合わせると、とてもスピード感のある音で鳴ってくれてとても良いですね。
PXL_20240317_064214759PXL_20240303_075243700
2、バッテリー駆動は大きな利点ではあるが、デメリットも多くある。
この製品の最大の魅力はバッテリー駆動というところです。バッテリー駆動のスティックDACアンプというとShanling UA5が先駆者だと思うのですが、意外とそれ以降バッテリーを積んだ製品は出てきておらず私が知る限り今回のAudirect Beam4がバッテリー搭載DACアンプ系では2つめとなります。
このバッテリーを積んだことにより利点は多くあり、まず駆動力がとても高く取れている印象です。スティックDAC系の音質はとても向上していますし駆動力も高い製品が増えていますが、流石にドライバ数がかなり多いイヤホンやヘッドホンでは物足りなさを感じる製品も多いです。その中でこのAudirect Beam4はそこそこのヘッドホンくらいであれば問題無く駆動をしてくれ、駆動力不足にありがちな音の痩せた感じがなく情報量の多い音を高い分離性能のもとに鳴らしてくれます。バッテリーを内蔵していることから、スマートフォンのバッテリーを使用せずに駆動できるのでスマホのバッテリーの節約にもなります。また、「Beam4 内蔵バッテリーの電力が不足した場合は、従来のバッテリー非搭載のポータブル DAC と同様に、接続デバイス側より電源を取得」とのことで、バッテリーが無い状態でも問題無く使えるのもポイント高いですね。
ただ、難点はしっかりとあって、バッテリーを入れたため重さがあります。本体の質量は62gと数字だけ見ると軽いですが、luxury precision w4は24gですので倍以上の重さがあります。この重さは結構気になる印象で、外で歩きながら使ったりすると知らないうちに重みで抜け落ちたりしないか少し心配になります。バッテリー内蔵の割には重さもかなり頑張っているとは思うのですが、やはり利便性の面では多少犠牲になっている感は否定できません。
PXL_20240324_125129847
3、Audirect Beam4とLuxury & Precision W4の比較
この製品を検討するにあたって一番気になるのは「高級なバッテリー積んでいないDACアンプとどっちがいいの?」というところだと思いますので、過去にレビューしたLuxury & Precision W4と比較試聴をしました。使用したイヤホンはSymphonium audio Crimsonです。
Audirect Beam4 参考価格 36,000円 販売サイト
W4より低音の厚みがある。低音に厚みがありつつも、しっかりと分離性能の高いスピード感のある音を鳴らしてくれるのが好印象。音の広がりがW4よりある印象で全体的な情報量がbeam4のほうがある。ただ、高音域の抜けの良さはW4のほうが上回っており、W4のほうがより綺麗な音を鳴らしてくれる印象がある。
Luxury & Precision W4 参考価格 79,200円 販売サイト 
こちらのほうが低音域が薄めで、全体的に良くも悪くも少し線が細目に感じるが、音の抜けの良さが上回っており全体的にBeam4よりスッキリと見通しの良い音になっている。低音域のズシンと来る重みこそbeam4程は無いが、必要十分な量はあるので聴いていて不足感は無い。音の分離性能はW4のほうが高いが、音の情報量自体はBeam4のほうがある印象で一長一短という印象。より勢いのある濃密な音を求めるならBeam4のほうが良いかもしれない。
PXL_20240303_075410298PXL_20240314_124309236
おススメ度 83点
4、音質は非常に魅力的だが、バッテリー駆動によるデメリットもあるのは本音。音質重視のスティックDACアンプを探しているなら非常に良い選択肢になる製品。

音は素晴らしいです。とてもタイトな情報量の多い音で何よりバッテリー駆動のおかげも相まって駆動力が高く幅広い製品を鳴らせるのがとてもポイントが高いです。ただし、難点としてはW4のような一般的なDACアンプ製品と比べて重く使い勝手の面ではある程度犠牲になっているというのも本音としてあります。やはりこのbeam4をズボンのポケットから出して使ったりすると、歩いている時に落としたりしないかな?と少し心配になるくらいは重みを感じます。
そういったデメリットはありますが、音質面は本当に素晴らしいです。同価格帯で音質を最重視してスティックDACアンプ系製品を探している人におススメしたい製品です。やはりスマホのUSBバスパワーではない、しっかりとした独立したバッテリーから駆動されるという精神衛生的な安心感は、オーディオ好きとしてはかなりポイント高いです、、、w