メタラーのヘッドホンブログ〈PR〉

うちも含めレビュアーなんてクソですよクソ。

AFUL SnowyNightのレビュー〈PR〉

PXL_20240122_102905598
AFUL SnowyNightという現在109ドルで販売されているUSB DACアンプのレビューです。今回はHIFIGOからのレビュー依頼です。

販売サイトはamazonはこちら HIFIGOはこちら (amazonのはLightningのアドレスです)
aful-snowynight-dual-cs 
注目ポイント
・DAC チップ: 2xCS43198採用
→CS43198を2基となるとLUXURY & PRECISION W2と同じ構成ですので、それで109ドルはかなり頑張っていると思いますね。というか1基でも結構頑張っていると思います。

良い点
・音はとても良い。最新チップではなく、敢えてCS43198という定評のあるチップを使っているおかげか、適度に広がりのある自然な聴きやすい音。
・全体的に音の分離が良く音のクセが少ない。CS43198は個人的に少し輪郭の甘い製品が多い印象だったので、これきはとても良い印象。
・駆動力もそこそこ高い。大型ヘッドホンではおススメしないが、イヤホンは極端に鳴らしにくい物以外は基本問題無いだろう。
・独立したボリュームがある。
・見た目が非常にカッコよく、109ドルで売られている製品には良い意味で見えない。
悪い点 
・特に無いが無理やり挙げるとしたら大型ヘッドホン等は駆動力的に厳しいことか?
・最新のESSやAKM系のチップを積んだ製品のほうが音の輪郭はハッキリとしている印象。
PXL_20240122_103317720.MPPXL_20240122_103502950
1、音はとても良く、良い意味でHIFI調過ぎない自然で聴きやすい音。
音はなかなか良いです。良い意味で最近のDACチップを積んだ製品にありがちなHIFI調すぎる、少し音の輪郭を強調した音とは一線を画した音で、非常に自然で滑らかな良い意味で「オーディオ機材らしい音楽的な音」を鳴らしてくれます。音の傾向自体はフラットで、少し音場が広めな余裕のある音を鳴らしてくれる印象です。個人的にCS43198を積んだDAC製品は自然なゆったりとした音が鳴る反面、音の輪郭が甘すぎる音が多い印象で「良い音なんだけど、ロック向きでは無いな」と思うことが多かったですが、この製品はしっかりと引き締まった音をあくまで「輪郭を強調しない」自然な高解像度な音で鳴らしてくれる感じが非常に良いですね、
PXL_20240122_103527820PXL_20240122_103322370
2、駆動力はイヤホンなら基本は問題無し。デザインが非常にシャレていて、筐体もしっかりとしていて高級感があるのが良い。
音は前述したように良いですし、駆動力もしっかりとしている印象です。どうしてもこういうUSB DACアンプ系はスマホからUSBで電力を得て鳴らしているのでバッテリーを別途積んでいるDAP等の製品と比べると駆動力面で劣るのですが、最近のこういう小型のDACアンプ系は「本当にUSB OTGで駆動してるのか?」と思ってしまうくらい駆動力もしっかりしている製品が多いですよね。この製品も流石に大型のヘッドホンまでこれで問題無く鳴らせますよとまでは言わないのですが、ある程度のBA数を積んでいる比較的鳴らしにくいイヤホンでも結構問題無く鳴らしてくれます。流石に大型平面駆動イヤホンみたいな特殊例は厳しいですが、多くのイヤホンで駆動力面で問題になることは無いのではないでしょうか。
また、デザインが非常に良いです。ここは好みが分かれるところだと思いますが、黒いしっかりとした金属の筐体に、雪の結晶の形に光るLEDが何とも個人的なデザインの好みにとても合っていて個人的にかなり好きですね。知り合いに見せたら中二病っぽいって笑われましたけど(笑
PXL_20240122_103502950PXL_20240122_103555261.MP
おススメ度 90点
3、100ドル近辺のDACアンプ系製品を探している人には第一候補に入れていい実力のある製品。この価格でCS43198を2基積んでいるインパクトは大きい。

音は非常に良いと思いますし、価格を考えたらかなりアタリな製品だと思います。CS43198を2基積んで109ドルという価格はかなり良心的ですし、安いから見た目が安っぽいのかというとそんなこともなく、非常にかっこいい魅力的なデザインをしています。液晶が付いていないところは好みが分かれると思いますが、個人的にこういう製品は液晶あっても別に見ないし適当に鞄にぶち込んでいるときに割れるリスクのほうが大きいと思っているので、液晶は無いほうが好きです。
欠点も無いとは言いません。例えばあくまで私見ですが、最新のAKMやESS系のDACチップを積んだ製品群よりは音の輪郭は少し甘めに感じます。ですが、むしろ最新チップの解像度の高さがウリな製品は音の輪郭に変な強調感を感じてしまって、良い音だとは思うけど人工的な感じがすることが多々あるので「あくまで自然な音調」で、高いレベルの音を鳴らしてくれる、AFUL SnowyNightは非常に良い選択肢になると思います。

BQEYZ Windのレビュー〈PR〉

PXL_20240107_164757981
BQEYZ Windという現在35,999円で販売されている、ダイナミック+骨伝導のハイブリッド構成を採用したイヤホンのレビューです。骨伝導といえと高級価格帯はUM、普及価格帯はBQEYZと言っていいくらいに定番になってきましたね。今回はBQEYZ Audio_Japanさんからのレビュー依頼です。

販売サイトはAmazonはこちら 楽天はこちら (最近amazonは怪しい業者が多いので楽天のリンクを多くしています)
web_03
良い点
・非常に軽快な明るくノリの良い音でぬWINDという製品らしい明瞭音。
・明るい軽いドンシャリ傾向でありつつも、低音域には重みがある。
・ハイブリッドにありがちな音のゴチャつく感じが無く、音も変に濃くない。
・筐体が金属でしっかりとしていて高級感がある。
・装着感が軽く使い勝手良し
・背面に音抜け穴が大きく空いているが、その割には音漏れはそこまで多くない。
悪い点
・音漏れは背面の開放部があることから少し多め(電車等でも使えるレベルだとは思うが)
・高音域の質感が少しピーキーな金属的な音が鳴るので、そこは好みが分かれそう。
PXL_20240107_165221137BQEYZ WND
音質評価 92点
1、軽快で明瞭な、明るく分離のハッキリとした音がとても良い。軽いドンシャリ傾向の元気な音で、高音域の金属的なシャリつきが好みが分かれるかもだが、非常にノリの良い楽しい音で私は好き。

音はなかなか良いです。音の傾向は少し高音域寄りなドンシャリ傾向で、全体的に音の輪郭がハッキリとした軽快で明瞭な音です。ドンシャリ傾向ではあるものの、ハイブリッドにありがちな変なドライバごとに悪目立ち感が無く、音の輪郭はハッキリとしつつも全体の音のまとまりはしっかりある感じが良いです。個人的に骨伝導ドライバというとUMのイヤホンの音が濃く、中低音域に厚みがあるタイプの音のイメージが強いだけに、このイヤホンは全く真逆な明瞭軽快な音なので「え?本当に骨伝導なの?」と思うところはありますが、音自体はとても良いと思います。
というか、ぶっちゃけBAとかESTとかのドライバの音はわかるけど、骨伝導の音がどういう音なのか私は未だにわかってないです(笑)
PXL_20240107_165216219PXL_20240107_165003443
音のバランス 
高音域 □□□□
中音域 □□□
低音域 □□□■
2、寒色系のスッキリとして音で音の抜けも良く分離性能も高い。良くも悪くもドンシャリな音に荒々しさがある感じが嫌いでなければ非常に良い。

音の傾向は少し高音域寄りのドンシャリ。音場は少し広め。背面に大きな音抜け穴があるおかげか、全体的に音の抜けは良くカナルにありがちな閉塞感が無い。
高音域は非常に明瞭でスッキリとして見通しの良い音です。音の質感としては少し金属的なピーキーな音が乗るところもあるのですが、音の抜けが良いおかげで変に悪目立ちすることも無く鮮やかに鳴ってくれるのですが、ピーキーな質感自体はしっかりとあるので音の刺さりが苦手な人は合わないと思います。
中音域は音像のハッキリとした音でありつつ、音の抜けが良いおかげで自然な広がりが感じられます。音の定位は正確で変に音像が大きくなったりしないですし、それでいて本来の自然な音の広がりはしっかりと表現してくれる感じがなかなか良いですね。
低音域は引き締まった音を鳴らしつつも、しっかりと重みのある音を鳴らしてくれます。低音域の質感はかなり引き締まっていて、ヘッドホンで言えばHD25のアルミのような輪郭を少し強調したような鳴り方をするのですが、HD25系のような重低音域のカット感が無くEDM等の重低音がガツンと来る音源でも、低音域の重みを感じられます。音の情報量として濃くは無いのに、しっかりとこれだけ重みのある音を鳴らしてくれるのはとても好印象ですね。ぶっちゃけ低音域の濃い音って私はかなり不自然に感じちゃうので、、、w
PXL_20240107_165346985PXL_20240107_165052701
おススメ度 93点
3、非常に明瞭でスッキリとした、輪郭のハッキリとした音がとても好印象。軽いドンシャリ傾向が嫌いでなければ、同価格帯でトップクラスにに魅力のある聴いていて楽しい音。

音は非常に良いと思います。全体的にわかりやすい少し高音域にピーキーさがある軽いドンシャリ傾向なので、正直真新しさがあるタイプの音とは思わないのですが、こういう元気な分離の良い音は特に外で使う時に非常に丁度いいバランスだと思います(大人しい音のイヤホンって騒音下だとちょっと物足りない音に感じやすいんですよね)ぶっちゃけ個人的に未だにどれが骨伝導の音なのかはわかっていないのですが、こう重低音域を下支えしているのが骨伝導ドライバの音なのですかね?そうだとしたら非常に上手くまとめられたバランスだと思います(笑
明るくノリの良い音のイヤホンを探している人におススメしたい、同価格帯でトップクラスに聞いていて楽しいノリの良い音を鳴らすイヤホンです。

Oriolus Monachaaのレビュー 割引クーポンアリ〈PR〉

PXL_20240107_160037576  
Oriolus Monachaaという4ダイナミック構成イヤホンのレビューです。販売価格は33万円となっています。今回は代理店のサイラス様からのレンタルでのレビュー依頼です。レビュー依頼の冒頭で言うことじゃないと思いますけど、うちの読者は知っていると思いますが、Oriolusは私のイメージとしてはアンプやDACといった製品は非常に面白いもののイヤホンの印象は正直イマイチというのが本音でした。ですので今回のレビュー依頼も引き受けようか悩んだのですが、ダイナミックを4基も積んでいるというかなり特徴的な仕様から興味が湧いたので引き受けた感じです。

今回は当ブログの読者割引として公式通販で使える割引クーポンを頂いています。こちらを使用すると10%割引の297,000円で購入ができます。クーポンは「W07B6PHZA7G4」です。
利用可能期間は2024/01/23 - 2024/03/31までとなっています。

販売サイトはこちら
267791 (1)
注目ポイント
・Monachaaは業界初のクアッドダイナミックドライバー構成を採用したカナル型イヤホンです。 四角形型、カーボンナノテックコーティング、不活性材料コーティング、チタンコーティング、異なるダイアフラムを持つダイナミックドライバー合計4基で構成され、革新的なクロスオーバー設計理念により、リズム、メロディ、ハーモニーのバランスが取れた音を創り出します。
→4つのダイナミックドライバ、しかも全部振動板が違うものを採用とかなかなか面白いですが、それで音のバランス取れるの?と心配にもなりますねw
・PW Audioの特注イヤホンケーブルを採用
→最初からPW Audioの良いケーブルが付いているのはポイントが高いですね。高級イヤホンでリケーブルしてからが本番みたいに言われると個人的にはとても冷めるので、、、w

良い点
・音はなかなか良い。かなり独特な低音域の深みのある質感が魅力的。
・重みのある低音域を鳴らしつつも、音のしつこさがなく全体的に元気な力感がある音なのが好印象。
・独特とは言ったが、4ダイナミックという構成から考えると帯域バランスは結構整っており、特徴的ではあるが変な音はしない。
・BA大量系にありがちな音の被り感があまり無く、4D構成でありながら音の分離は思ったより良い。
悪い点
・音の分離性能は高級機なダイナミック1発構成の製品等と比べると良くない(まぁ当然と言えば当然だが)
・音数の多い音源では高音域に少し物足りなさがあり、少しボーカルが遠く感じる。
・ドライバ数が多いだけあり駆動力は結構いる(駆動力が低いと低音域の独特な厚みがが消えてしまって面白くない)
PXL_20240107_160152664orilus monca
音質評価 82点
1、クセはあるが変な音はしない、良い意味で特徴的な低音域の重みのある質感が非常に楽しい。ダイナミックほ4発も積んでいながら帯域バランスは比較的自然なのが不思議。

音はなかなか良いと思います。まぁ33万円という価格を考えると簡単におススメですよとは正直言い難いのですが、間違いなく唯一無二な面白い音を鳴らすイヤホンではあると思います。音の傾向としては低音域寄りの軽いドンシャリ傾向で、全体的に音の圧がかなり強めでノリの良い音を鳴らします。音の圧が強いと書くと低音域がドコドコやたら鳴るタイプの音を想像される方も多いと思いますが、そういうわけではなくて、非常に音の情報量が多く厚みのある音を鳴らしてくれる印象で、特に低音域の量感はそこまで極端に多くは無いものの、かなり深くまで沈むアタック感の強い低音域の質感はかなり魅力的に感じます。
ただ、正直弱点はあります。音の分離はダイナミック1発や、BA1発みたいなイヤホンの高級機には適いません。全体の音の濃密さだけで言えばBAを大量に積んだイヤホンのほうがあるでしょう。でも「ダイナミックを2基以上積んだからこそだせる力感のある音」をしっかりと表現しているイヤホンだと思いますので、結構唯一無二な魅力は感じられる製品かなと思います。高いけどね!w
PXL_20240107_160326852
音のバランス
高音域 □□□■
中音域 □□□
低音域 □□□□
2、音のバランスは低音域寄りの軽いドンシャリ。全体的にノリが良い非常に力感のある音が印象的、音場が少し広めなこともあり、音の力感の割に低音域がダブつく感じが無くしつこさが無いのも良い。
音のバランスは低音域寄りの軽いドンシャリ。音場は広め。
高音域は明瞭ではあるものの、あまり目立ちすぎず伸びやかな音を鳴らします。正直高音域の質感はそこまで良くない印象で、しっかりと明瞭なハッキリとした音を鳴らしてはいるのですが、低音域が強い場面では曇りはしないものの主張が足りなくなる印象があります。ただ、これだけ力感のハッキリとしたイヤホンで高音域まで主張を強くしてしまうと流石にクドさが出てしまいそうなので仕方ないところですかね。
中音域は意外と自然な音を鳴らしてくれ、音の抜けも良く伸びやかに鳴ってくれます。ただ、ドンシャリ傾向なことと音場が広めなことも相まって音数の多い音源では少し遠目で鳴る印象があります。ボーカルの質感自体はなかなか悪く無く、伸びやかなロングトーンの余韻までしっかりと再現してくれますし、音場の広さのおかげでホールのような少し響きの乗った音がとても心地よいです。
低音域は非常に厚みと重みがありつつ、しっかりと硬質なカッチリとした音が鳴ります。間違いなくこのイヤホンの最大の魅力な帯域は低音域で、この「厚みがありつつもしつこさを感じさせない、重みのある音」がとても聴いていて楽しいです。BAを大量に積んだイヤホンの低音域は厚みがあるというよりは「ただ音が重なっているだけだろ」という違和感のが強いしつこさのある音になつている物が多いのですが、このイヤホンはしっかりと身体の芯に響くような重低音を高い密度で鳴らしつつも、音のしつこさを感じさせないキレのある音になっているのが非常に良いです。
PXL_20240107_160659297PXL_20240107_161015696.MPPXL_20240107_161217888
3、ケーブルごとの比較
今回はサイラス様から「ぜひケーブルを色々変えて楽しんでみてください」と言われましたので、今手元にあるケーブルを使って比較してみました。ちなみに2pinのソケットが緩くなってしまった場合は有償ではあるもののソケットを交換することができるそうなので、そこまで交換に対して神経質になることはなさそうです。
Rollingforce mercury 参考価格 15万円 販売サイト
全体的に音の刺激が少なくなり、少し低音域の量感が減ります。高音域はより伸びやかで綺麗に鳴るのですが、正直このイヤホンの本来の荒々しい音の面白さが減ってしまう印象。このケーブルはFinal A8000みたいな高音域がピーキーな製品と合わせると最高なのですが、今回は相性はイマイチかな。今回比較した中で一番上品な音で鳴ってくれる印象でした。
Vortex Cables Alida 参考価格 75,000円 販売サイト 
全体的に音のバランスが自然になりドンシャリ感が軽減される印象。音の分離が良くなるので音数の多い音源はより楽しく聴ける印象で相性としてはなかなかアリ。ただ低音域の重みに関しては付属ケーブルのほうがあるので、唯一無二感は少し薄れるかも。
Effect Audio × Z Review 10th Anniversary Cadmus 8W  参考価格5万円 販売サイト
一番ドンシャリ傾向が強くなる印象があります。ただ、低音域よりも高音域の明るさがより強調される印象があるので、付属ケーブルで高音域の質感に物足りなさを感じる人はこちらのケーブルで聴くと楽しいかもしれませんね。
付属PW AUDIO特注ケーブル
流石にこのイヤホンのために特注されたケーブルなだけあって一番このイヤホンの独特な魅力を高めてくれる組み合わせだと思います。高音域の質感という部分ではRollingforce mercuryやCadmus 8Wのほうが上だと思いますし、全体的なクセの少なさではVortex Cables Alidaのほうが上だと思うのですが、何より低音域の厚みという魅力を一番表現してくれるのはこのケーブルだと思います。すんげー忖度しただろって感じに見えてると思いますし、書いてる私もそう思ってるけど、実際そう感じたので許してくださいw
PXL_20240107_160430805
おススメ度 82点
4、低音域の深み、厚みが非常に魅力的な唯一無二の音が鳴る意欲作。4ダイナミック構成でありながら変な音鳴らず、それでいて特徴的な魅力のある音に仕上がっているのはなかなか良い。

ハッキリ言って万人ウケする音では無いです。音源のジャンルも選びます。でも、クセはある音ではありつつも唯一無二な魅力のある音を鳴らしてくれるイヤホンだと思います。特に低音域の質感は他に似ている製品がパッと思いつかないほどでイヤホンらしからぬ重みのある音を鳴らしつつ、音にしつこさが無いアタック感が強い音はとても魅力的でした。33万とかなり良い値段がするのがネックではありますが、優等生な音が鳴る高級機ではなく、こういう暴れ馬のようなヤンチャな音が鳴る高級機、クセはあるけど非常に楽しめる唯一無二な音のこのOriolus Monachaaは結構良い選択肢になるかもしれません。

Creative Aurvana Ace 2のレビュー(Noble Falcon Maxとの比較アリ)〈PR〉 

PXL_20231213_143953656
Creative Aurvana Ace 2という現在23,900円で販売されているxMEMSドライバを採用したハイブリッド構成なTWSイヤホンのレビューです。基本性能は同じでAptx losslessが非対応になっている下位モデルのAurvana Aceという機種は20,780円で買えます。ただケース内側がace2は金色になっていて、ケースの見た目はAce2のほうがカッコいいので基本はace2で良い気もします(笑)今回はCreativeさんからのレビュー依頼となります。
販売サイトは公式直販はこちら 楽天はこちら
driver-JP
注目ポイント
・xMEMSドライバを採用
→新技術のドライバを採用しています。有線で出てくるのかと思ったら、各社TWSで出してきていますね。
良い点
・音はなかなか良い、xMEMSのおかげか高音域の煌びやかな音がとても気持ちよく、EST系のドライバに似ている明るくハッキリとした高音域がとても気持ち良い。
・xMEMS機としては比較的安価。
・ドンシャリ傾向ではあるが、良い意味でハイブリッドらしさを抑えめにバランスの良い音に仕上げている。
・装着感が軽く使い勝手が良い。
・低遅延のLE AUDIO対応
悪い点
・LDAC非対応(aptX系の高音質規格に対応したスマホを持っていれば問題無いが、やはり汎用性的にLDACは欲しい)
・ノイキャンの効きは悪くはないがそこそこ
・アプリは良く言えばシンプルだが、悪く言えば最低限
PXL_20231213_144220854PXL_20231213_144342888
音質評価 89点
1、xMEMSドライバによる高音域の煌びやかな表現力がとても魅力的、価格もxMEMS機としては現状比較的安く手が出しやすい。

音はなかなか良いと思います。xMEMS自体は以前ヘッドホン祭でドライバの業者が試作機を展示していたときに聴いてかなり印象が良かったので楽しみにしていたのですが、まさか各社TWSで出してくるとは思っていませんでした。しかもまさか第一作目がCreativeとはね、、、w
音の傾向は低音域が少し強めのドンシャリ傾向です。xMEMSドライバから出ていると思われる高音域が非常に明瞭で、良い意味でESTドライバを積んだハイブリッドのイヤホンのような高音域の質感がとてもきもちが良いです。低音域もしっかりと重みがあり、全体的に分離の良いとてもノリが良く聴ける楽しい音になっていると思いますね。
Screenshot_20231213-234743Screenshot_20231213-234748
2、アプリはシンプルで使いやすいが必要最低限という感じの内容。ノイキャンの性能は可もなく不可も無く。LDACに対応してたら尚よかった。
アプリはノイキャンのオンオフやタッチボタンの設定、イコライザの設定等が出来ます。シンプルな使いやすいアプリではありますが、まぁ機能的には最低限という印象がありますね。
ノイキャンは実用レベルで電車等で十分効果を発揮してくれるのですが、同価格帯ですとEdifier Neobuds Pro2のようなノイズキャンセル性能に秀でた製品と比べると見劣りする感じはあります。そもそもの遮音性が少し低めなので、ノイキャンをメインで選ばれる人には向かないと思いますね。あと対応する高音質コーデックがAptX系の物がメインでLDACに対応していないのは結構残念です。個人的にXperia 1Ⅳを所持しているので、それで聴けば良いのですが、でもLDACのような汎用性の高い高音質コーデックに対応していたほうが使い勝手は良いですよね正直。
PXL_20240107_081839530
3、Noble Falcon Maxとの音質比較
今回レビュー依頼を貰ってから「どうせならxMEMS機同士で比較試聴したいよな」と思って、ライバル機となるNoble Falcon Maxを私的に購入しましたので、比較して音の感想を書いていこうと思います。先に言っておきますが、単純な音質だと私はFalcon Maxのほうに軍配を上げます。ただAurvana Ace 2との価格差は2倍近くありますので、そこを考慮した上で見て頂けたらと思います。
コーデックはどちらもaptX Adaptiveで接続した状態での音質を比較しました。
・Creative Aurvana Ace 2 参考価格23,900円 販売サイト
明るく元気なドンシャリです。Falcon Maxより全体的に大人しめな音で、高音域のxMEMSの主張はFalson MAXのほうが強く、良い意味でFalcon Maxのほうがより明るく明瞭な音が鳴りますが、Falcon Maxのほうが高音域の刺さりは強調気味に鳴りますので、ここの好みが分かれるところかなと思います。良い意味で全体的なバランスの良さという面ではAurvana Ace 2に軍配が上がるかなと思います。
・Noble Falcon Max 参考価格 44,000円 販売サイト
全体的にAurvana Ace2より明るくハッキリとした音で、とてもスピード感のあるキビキビとした音。高音域の明るさ、鮮やかさはAurvana Ace2より上と言えますが、刺さる帯域の音もそのまま出す感じで、良くも悪くもハイブリッドらしい音をそのまま表現している感じが好みが分かれるかなと思います。全体的にAurvana Ace 2よりドンシャリの傾向を強めているものの、音の分離の良さ、全体の明瞭感といった面で勝っており、値段差は結構ありますが、それでも十分良い選択肢になる音だと思いました。
PXL_20231213_144146133
おススメ度 90点
4、xMEMSの入門機として非常におススメしやすいイヤホン。装着感も軽く、音も非常に明瞭な明るく元気な音が楽しめる。同社としては久しぶりのAurvanaの新作というだけあって、なかなか気合の入った製品に感じられた。

音はなかなか良かったです。xMEMSを積んだイヤホンの特徴になると思うのですが、高音域の明瞭で煌びやかな質感がとても好印象でしたし、それでいて高音域が悪目立ちしないように音のバランスを整えているのが好印象でした。どちらかと言うとNobleのFalcon MAXが「高音域のxMEMSが目立っちゃってもいいから、元気な音にしよう!」という音造りで、Aurvana Ace 2が「xMEMSの特徴は出しつつも目立ちすぎないようにバランスを整えよう」という音造りに感じます。xMEMS自体まだ出てきたばかりで発展途上なところもあるとは思うのですが、少なくとも1作目でこれだけの音を出してくれるのですから、今後のxMEMSドライバの進化に期待したいですね。

そして、久しぶりにゲーミングではなく、オーディオブランドのAurvanaの新作で勝負してきたCreativeの今後にも期待したいです。昔からの古参オーディオオタク的にはAurvanaブランドって結構思い入れがある人も多いと思いますし、私もAuravana Airとかでかなりテンション上がっていた人なので、今後もどんどんAurvana系の新作を期待したいところです。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ