メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

イヤホンケーブルレビュー

NICEHCK BLOCCのレビュー

IMG_20200725_174125IMG_20200725_174019IMG_20200725_173950
NICEHCK BLOCCという現在13,099円で販売されている銀メッキ銅UPOCCケーブルのレビューです。
販売サイトは
こちら 

特徴等

・線材は銀メッキ銅UPOCC 5N
・布巻きケーブルで非常に手触りが良く、肌に触れても違和感が無い
・柔らかさのグレードはAクラス。

・タッチノイズの少なさはBクラス。かなり柔らかくタッチノイズは少ないほうではあるが、布巻きケーブルなので少し衣服と擦れたこきにノイズを感じることはある。
・イヤーフックは針金無しの形状記憶タイプ。イヤホンによって形を変えることはできないので、元々耳掛けを想定して作られたイヤホン以外は基本的に合わない。

音質傾向 
・音質傾向は自然で伸びやかな音を鳴らす、違和感の少ないナチュラルサウンド。
・銀メッキ線にありがちな高音域を変に盛るような音造りでなく、自然に全体的な音の質感を高めてハッキリとした分離の良い音にしてくれる。そんな縁の下の力持ち的な働きをしてくれるケーブルである。
・全体的にサッパリとした音造りになる印象で、ゆったりとした広がりを重視したようなイヤホンと合わせるとタイトな鳴り方になる傾向があるように思える。
・全体的に一聴して極端に音が良くなるタイプではなく、じわじわと良さがわかっていくタイプのケーブルである。決して派手な音造りをせず、それでいて高音域の伸びやかさ、全体のレンジの広さを押し上げていくようなどんなイヤホンとも合わせやすいケーブルである。
NICEHCK blocc



相性の良さそうな傾向のイヤホン
・癖が少なく、元々の音のバランスが過剰ではないもののの「高音域がもう少しハッキリ出たらいいのに」というもう少し明瞭な音になってほしいなと思うイヤホン。

相性が良かったイヤホン
〇七福神商事 丸七・・・持ち前の力感のある低音域は少し大人しくなり、全体的にタイトで整理された音になる。
〇LZ-A6・・・丸七同様に低音域は少し大人しくなるが、全体的に音の輪郭がハッキリとしたサッパリとタイトな音になる。うねるようなベースラインの重みを求める人には少し物足りなさがあるかもしれないが、メタル聴きとしてはこのタイトな鳴り方には好感
ZhiYin QT5・・・元々かなりゴチャッとした音のイヤホンだが、かなりまともな整理された分離の良い音になる。
〇SEMKARCH SKC-CNT1・・・持ち前の力感のある低音域がもう少し整理された分離の良い音として鳴ってくれる。

相性が悪かったイヤホン
〇UE900・・・分離を良くし過ぎる傾向からか、少しまとまりの無い音になってしまう印象

まとめ
・全体的にクセが少なく、違和感の無い程度に音を明瞭に底上げしてくれるタイプのケーブルで好印象であった。
・ケーブルの見た目が地味でどんなイヤホンに合わせても目立たないのがとても良い。やはり金色、銀色のケーブルというのは一般人からはいかにも「変わったケーブルのイヤホン使ってますよ」と見えてしまうところもあるし、付属ケーブル群と大差なく見える高級ケーブルというのは個人的にありがたい。
・どんなイヤホンとも合わせやすく、使い勝手の良いケーブルである。

HiFiHear HiF4827のレビュー(4.4mm、MMCX、R2R2000)

IMG_20190423_012249IMG_20190423_012344IMG_20190423_012450
HiFiHear HiF4827現在の5150円にて販売されているケーブルのレビューです。久しぶりのケーブルレビューですが、ケーブル自体はネタが色々あるのでちょくちょくあげていこうと思います(正直イヤホンレビューより手間かかるから少し避けてた)ちょくちょく出てて来る〇クラスというのはAクラスが最高、最低がEクラスくらいで考えています。
販売サイトはこちら 

特徴等
・16芯 
・線材は銀メッキ+高純度銅線のハイブリッド
・柔らかさのグレードはAクラス。16芯ではあるがケーブル自体は非常に柔らかく取り回しが良い。
・タッチノイズの多さはBクラス。ケーブルが柔らかいのでタッチノイズは16芯の割にはかなり少ないほうだが、耳掛け以外で使うには多少気になるだろう。
・イヤーフックは無し、ケーブル自体が柔らかいので耳掛けの場合も全く問題なく快適に使える。

音質傾向 
・音質傾向はかなり明瞭でハッキリとした筋肉質な音になる印象。
・音の傾向は曇り気味のイヤホンの音をハッキリと再生してくれる明るめの音の傾向で前回レビューをしたKinboofi KBF4746と音の傾向はかなり近い。違いとしてはHiF4827はより音の輪郭がハッキリと筋肉質な音になり少し派手な音で鳴るが、KBF4746はもう少し自然で派手さを抑えた聴きやすい音になっている。、ただ今回は4.4mmでR2R2000接続で聴いており、前回は2.5mmでQP2Rにて試聴していたため、それによる印象の違いが一番大きいようにも思える。(毎回同じ仕様のケーブルを買うわけではないのでここらへんの違い等は今後どうレビューで書いていくか考え中)
・音の傾向として一番変化が大きいのが高音域で、非常に明瞭なスッキリとした音になるがイヤホンによっては派手になりすぎて少し刺さり気味になる印象もある、全体的に中低域の厚みがあるイヤホン、高音域に物足りなさを感じるイヤホンと合わせてあげると相性は良いように思う。
・低音域の変化も顕著であり、特に七福神商事の丸七のようなハイブリッドの機種ではダイナミックドライバの本来の力感のある音を引き立ててくれる印象で、重低音の力強さがしっかりと演出されるように感じる。
HiF4827
相性の良さそうな傾向のイヤホン
・全体的に明瞭で派手めな音の傾向に持っていく印象があるので、高音域に少し物足りなさを感じるものや、全体的に少し音の分離に不満を持つイヤホンと組み合わせてあげると効果的に思える。ただ、高音域はかなり派手になる場合があるので、高音域の刺さりを気にする人には合わないかもしれない。

相性が良かったイヤホン
〇七福神商事 丸七・・・全体的にグッと締まった筋肉質な音になり、低音域の力感のある音が非常に引き立つ音になる。ただ高音域は派手になり少し刺さり気味
ZhiYin QT5・・・高音域の見通しが良くなり、全体的にスッキリとした明るい音に変化。ただノーマルの暗めの音の印象が薄れて全然違う音になってくるので好みは分かれそう
〇SEMKARCH SKC-CNT1・・・元々の力感のある低音域が締まった音になり非常に色々なジャンルに対応しやすい音になるが、高音域は派手な傾向で刺さりやすくなる印象。

相性が悪かったイヤホン
〇LZ-A6・・・音の分離は非常に良くなるのだが、本来のまとまりのある音が損なわれ、ドライバごとにバラバラに鳴っている帯域ごとの繋がりの悪い音になった。
〇UE900・・・音の分離は非常に良くなるのだが、本来のまとまりのある音が損なわれ、ドライバごとにバラバラに鳴っている帯域ごとの繋がりの悪い音になった。また、少し高音域の伸びの足りない音に

Kinboofi KBF4746のレビュー (MMCX 2.5mm)

20181018_11345720181018_11353620181018_114857
Kinboofi KBF4746という現在の6800円にて販売されているケーブルのレビューです。初のケーブルレビューなので試行錯誤中です、何か要望があればコメント等で教えて頂ければ幸いです。ちょくちょく出てて来る〇クラスというのはAクラスが最高、最低がEクラスくらいで考えています。
販売サイトはこちら 

特徴等
・16芯
・線材は銀メッキ+高純度銅線のハイブリッド
・柔らかさのグレードはAクラス。16芯ではあるがケーブル自体は非常に柔らかく取り回しが良い。
・タッチノイズの多さはBクラス。ケーブルが柔らかいのでタッチノイズは16芯の割にはかなり少ないほうだが、耳掛け以外で使うには多少気になるだろう。
・イヤーフックは無し、ケーブル自体が柔らかいので耳掛けの場合も全く問題なく快適に使える。
音質傾向 
・音質傾向は高音域のハイハット音等の主張が強めになるが、全体のバランスを極端には変えずに上手く明るい音で鳴らしてくれる印象。
・全体的に音の傾向を明るくハッキリとした音にしてくれる傾向にあり、少し篭りが気になるイヤホンやもっと明るい音で鳴らしてほしい印象のあるイヤホンと相性が良いが、音の暗さを味として楽しむようなイヤホンでは少しイメージが崩れたり、元々派手な傾向の音のイヤホンでは少し派手にしすぎる印象がある。
・一番印象的な音域は高音域のドラムのハイハット部分で、シャリシャリとした音が結構強めに協調される印象があるのだが、あまり伸びは優れていな印象があり曲によっては少し高音域が神経質に感じる場面がある。元々高音域を上手く抜けの良い音で表現してくれるイヤホンとは相性が良いのだが、少し刺さりが強調されてしまう抜けの悪いイヤホンでは元々の性格を余計に強く出してしまう印象がある。
Kinboofi KBF4746
相性の良さそうな傾向のイヤホン
・先にも述べたが、全体的に標準ケーブル時よりももって明るい音にしたいという思うイヤホンと相性が良く感じる。元々の音が篭り気味に感じたり、暗い音に感じるようなものはこのケーブルを組み合わせてあげると上手く明るい傾向に持ってきてくれると思うが、少し全体的に派手な音にし過ぎる傾向もあるように思われる。

相性が良かったイヤホン
〇TENHZ P4 PRO・・・元々の暗めな音の傾向をガラッと明るいものに変えてくれる。元々の性格が気に入っていた人には合わないだろうが、個人的にはこちらのほうが好印象
〇NICEHCK HK6・・・全体的に解像度が底上げされ、スッキリとした傾向の音になり1音1音が追いやすくなる。
〇UE900・・・音のゴチャッとした感じが無くなり、分離の良い明るい音になるが、UE900の独特の中低音域の厚みが少し薄まるので好みは分かれそう
相性が悪かったイヤホン
〇LZ-A5・・・元々派手な傾向の音なのもあり、ケーブルによって余計派手な音になってしまう印象、高音域のハイハットの主張が流石にしつこいと感じるようになった。
〇KBF MK4・・・標準ケーブルより高音域の伸びが無いように感じ、高、低の音がハッキリと別れた少し違和感のある音になった。これに関しては標準のケーブルが優秀であるといったほうが良いかも。
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ