メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

胡散臭いオーディオ

Xduoo X10Tのレビュー

IMG_20170811_185423
Xduoo X10Tという現在29,800円で販売されているポータブルトランスポートです。販売サイトはこちら
ipod、walkmanのようなポータブルプレーヤーと違い内臓のアンプを持たず、デジタル出力のみが可能というとってもニッチな製品です。まずこんなニッチなものを製品化したというだけでもXduooには「良くやった!」と言いたいです(笑)

まず良い点と悪い点を簡単にまとめます。
良い点
・流石デジタル出力専用機なだけあって音質は良い(専用機だからきっと良い物だろうという先入観はあるかもしれない)
・シンプルで最低限のUIではあるが、動作はとても機敏で快適(Xduoo X10とほぼ同じUI)
・小型でどんな製品とも合わせやすい
・MicroSDを2枚使用可能
悪い点
・曲の出だしがほんの少しだけ音が欠ける
------------------------------------------------------
 
1、動作は機敏で操作性はなかなか良い、ただ曲の出だしが少し欠けるのは気になる人も多いだろう
あまり凝ったUIでは無いですが動作自体は機敏なため使い勝手は悪くないと思います。UI自体はXduoo X10とほぼ全く一緒なのですが、ホイール操作がメインであったX10と違いX10Tはボタン操作のみになった影響でスクロールの速度も格段に上がり快適度は増したと思います。(X10とX10Tのどちらもボタン操作時の動作はほぼ同じ)
IMG_20170811_185638 
2、MicroSD2枚挿しに対応 
AK100から始まったこのMicroSDの2枚挿しですが、AKは2枚挿しを採用しなくなりましたし、QuestyleもQP2Rは2枚挿しでは無くなると何故か減少傾向の機構ですが、個人的には物凄く便利な機能だと思っています。昨今は外部メディアの大容量化が急速に進んでおり、メディア自体の低価格化も進んでいますのでこの2枚挿し方式は今後も続けてほしいところです。

音質面  
IMG_20170906_194957
今回のX10Tはデジタルトランスポートということで、細かな事よりも「実際デジタル出力でそんなに音って変わるの??」というところが一番関心を持たれるところだと思います。ですので今回は私の手持ちでデジタル出力が出来るDAPを総動員して比較試聴を行います。その上で予め断っておきたいのですが、私の中に「X10Tは専用機なんだしきっと他より良い音が出るだろう」という先入観があることは否定できません。その上での比較試聴の結果としてご覧頂ければと思います。
IMG_20170811_190353 (1)
1、X10Tの光、同軸出力の比較
X10Tには「光」、「同軸」、「GND分離同軸」、「AES」の4つの出力があります。(AESは対応機材が手持ちで無いため今回の比較では使用しません)これらの出力の音質を同軸ケーブルはX10Tの付属ケーブル、光ケーブルはALPHA DESIGN LABS  OPT-MT-0.1mという6千円ほどするケーブルを使用して比較試聴しました。そのためケーブルのグレードだけで言えば光のほうが有利な条件での比較です。使用した機材は画像の通りChordのmojoになります。
結果としては「GND分離同軸」>「同軸」>>>>「光」ということで断然同軸のほうが音質は良く感じました。光出力の音も単体で聴けば悪くは無いのですが、同軸に変えた途端音がハッキリわかるほどクッキリとして、特に分かりやすいのは光では低音域が少しピントの甘い音だったのが、同軸出力ではしっかりとフォーカスの合ったハッキリとした音で再生されます。GND分離同軸と同軸の差は意外と微々たるもので、少しGND分離同軸のほうが高音域が鮮やかになっているかな?という印象でした。
IMG_20170906_195357
2、同軸出力の音質比較
同軸出力はXduoo X10T、ibasso DX90J、QLS QA360、YinLvMei D200+、Flang V5、Cayin N6を比較していきます。Flang V5だけはRCA端子での出力なため写真左下のケーブルを使用して比較しています。
まず音質の印象としては
GND分離X10T>X10T>QLS QA360>Flang V5>Cayin N6>ibasso DX90J

GND分離X10T・・・X10Tより音の輪郭がはっきり
X10T・・・GND分離より少し低音弱め
QLS QA360・・・・Cayin N6よりタイトな音、全体的に明るい音で輪郭もハッキリ
Flang V5・・・QA360の音と似ていてなかなかタイトな音だが少しこちらのほうが音の明瞭さで劣るように聞こえる
Cayin N6・・・Dx90Jより高音域に曇り、少し低音強め、音の広がりはあるのだが全体的に音の輪郭は緩い
ibasso DX90J・・・音が曇り気味、全体的に音が引っ込んだように聞こえる
IMG_20170828_221318
3、光出力の音質比較
まず大前提として光より同軸のほうが基本的に音質が良い印象でした。全体的に同軸のほうが音の芯がハッキリしている印象で解像度は結構わかるくらい違うと思います。
X10T≧Plenue2>>QP1R>YinLvMei D200+>>X10>Shanling M3>AK100

X10T・・・最も解像度が高く個々の楽器がハッキリと再生される。ただしPlenue2のほうが音に広がりがありナチュラルで聞きやすい音なためこの2機種は良し悪しより好みの差という印象。
Plenue2・・・解像度が高いものの音の輪郭に強調感がなくナチュラル
QP1R・・・Plenue2より明瞭さで劣る印象
YinLvMei D200+・・・QP1Rより少し明瞭さで劣る印象
X10・・・X10TやPluene2と比べて高音域に霞がかかる印象
Shanling M3・・・明瞭ではあるのだが、音の輪郭がジャキジャキしていて人工的な違和感がある
AK100・・・音がこもり気味、低音の力感も少なく物足りなさを感じる
IMG_20170811_190353 (1)
4、使い勝手が良く、手軽に音質向上を狙えるトランスポート
大きさがXduoo X10とほぼ同じくらいと小型なためどんな機材とも合わせやすいですし、非常に使いやすいポータブルトランスポートだと思いました。最近はデジタル出力の出来るDAPも色々とありますが、デジタル出力をメインで使用するのであればXduoo X10Tはかなり良い選択肢ではないかなと思います。
音質面に関しては優劣をつけて記載しましたが、正直極端な差があるわけではなく微量な差であり、ブラインドテストで同じ結果になる自信は全くありませんwですが、この製品自体がそういった微量なところにまで拘りたい人向けのアイテムだとおもいますので、私より耳のよい方々はもっと明確に差を感じられるんではないかなと思います。値段もそこまで高くは無いですし、Chord MojoやhugoのようなポータブルDACの運用を考えられている方は是非検討してみてください。

オーディオ用ヒューズとやらで本当に音は変わるのか

P4110124P2170053
色々なオカルトオーディオがありますが、今回はかなり懐疑的な人も多いであろう「オーディオ用ヒューズ」です。正直電源ケーブルで音が変わると言われても9割方の人は「こいつ何言っているんだ」という反応をするでしょうし、オーディオ好きの中でもここを否定する人も少なくありません。その上「ヒューズによって音が違う」なんて言い出したら「頭おかしいんじゃないか」何て反応をされるのは目に見えていますが、やっぱり何事も試さないとですよねwちなみに私は電源ケーブルの音質に関しては完全に肯定派です。

今回はIsoclean powerのヒューズとフルテックのヒューズを購入しました。本来は両方とも同じ機材に入れて確認したほうが良いとは思うのですが、今回はIsoclean powerはDACにフルテックのヒューズはパワーアンプに使い、それぞれ元々ついていた付属ヒューズと比較して確認をします。何故かというと単純に金銭面の問題です。ヒューズ1本4千円でモノパワーアンプの場合は2本必要なので8千円と正直そんなポンポン買ってられない('д` ;)
とりあえず一度に両方の機材のヒューズを変えてしまうと、それぞれの音の変化がわからないため順番に交換して確認をしてみました。
22a6bf2b
まずはフルテックのヒューズをパワーアンプに入れてみました。
正直変えたばかりの印象では「少し高音域が奇麗になった?」くらいの印象でしたが、元のヒューズに戻してみると解像度の違いなどが結構ハッキリとわかりました。音の方向性としては少し硬めの音かなと思いますが、高音域の伸びや音の分離が良くなり、しっかりと機材の音を底上げしてくれているという印象です。特に低音域の質が印象的で沈み込みが良く、またとても引き締まった音が鳴ってくれるようになりました。デスメタル音源でのベース音等では分かりやすく違いが出てくれ、硬質でとても芯のある低音に思わずニヤリとしてしまう感じでした( ̄ー ̄)

次にisocleanpowerのヒューズをDACに入れてみました。
こちらはフルテックのヒューズをパワーアンプに入れたときと違い、音の出だしから明確に違いがわかりました。 高音域の音の伸びの良さが印象的で、バイオリンの協奏曲などを聴いてみると「ヒューズ一本でここまで変わるか」と思うほどの違いを感じられました。しかし、残念ながら良いことばかりでは無く、自分の環境では音のバランスが高音域に寄ってしまうこと、全体的に柔らかめの音色になりメタルなどを聴く際バスドラムなどの音に違和感を感じる等、正直良くも悪くも変わりすぎるという印象もありました。なので残念ながら今は使用せずにノーマルのヒューズに戻しています。音の変化量は本当に凄いものがあり、良い面も沢山あったのですが、残念ながらうちの場合は相性が悪かったようです。

結論、ヒューズを変えるだけでも音は結構変わる!  

Acoustic ReviveのQR-8なる物は本当効果があるのか

P1030025
Acoustic ReviveのQR-8を購入しました。ハードオフで未開封品が安く売られていたので、物は試しだということで。これはアンプやプレーヤー等の機材やブレーカー等に張ると音が良くなるという、前にこのブログでも書いたレゾナンスチップみたいなものですね。レゾナンスチップを試した時の記事はこちら  
まぁはっきり言って、オーディオにあまり興味が無い人であれば間違いなく「馬鹿じゃないの?」と思う商品でしょうし、オーディオが好きな人からでも否定的な人が多い類の物だと思いますが、こういう怪しい物を試してあーだこーだ言うのもオーディオの楽しみの一つだと思っているのですw
P1030030
さて、今回のAcoustic ReviveのQR-8とレゾナンスチップの違いはレゾナンスチップは接着部の両面テープに厚みがありチップ自体が直接張り付くというイメージではないのですが、このQR-8の両面テープはかなり薄く、直接機材にチップを接触させるように貼り付けます。レゾナンスチップはこの両面テープの厚みによりチップが直接接しないところが制振のミソなのかなぁと思っていたため、開けてみて少し意外に思いました。
P1030036
 そしてもう1つ違うところはレゾナンスチップは一度剥がしてしまうと同じ効果を得られないよというような趣旨の説明書きがあるのですが、QR-8はこのように予備の両面テープが付属しており特に回数制限みたいなものは無いようです。ここらへんはQR-8のほうが良いですね。やっぱりこういうチップはどこが効果的なのか色々試したいと思う人が多いと思うので、一度貼ってしまったらもう移動できないというのは不便に思います。
P1050038
さて前置きが長くなりましたが、ここからは実際に試しての音についてです。一気に色々なところに張ってしまうと変化が分かり難いため、まずパワーアンプの裏面にある電源インレットの付近にQR-8を張り付けてみました。
そして音を聴いてみると、、、物凄い違和感。まず感じるのは間違えてリモコンの操作をしてしまったかな?と思うほど体感で音量が下がったように感じます。そして次に感じるのは音に勢いが無さ、張り付ける前まではキレの良い音で鳴っていたドラムのハイハット等の音がどうもキレが無い、というか全体的に音がリスニングポイントに飛んでくる感覚が無い。
自分の判断が本当か心配になったため、とりあえずパワーアンプの片方だけにQR-8を貼った状態で聴いてみると、驚くことにQR-8を貼った方のアンプが鳴らしているスピーカーだけが音の勢いが無く、体感の左右の音のバランスもかなり崩れて聴こえる、、、、、、、

次に貼る場所が良く無かったのかなと思い、今度はアンプの電源インレット付近ではなく、アンプの天板部に張り付けてみると、 電源インレット付近に張り付けた時よりはもう少し変化は少ないものの、やはり音の勢いは減り、凄く音がまとまり、クラシック等を聴くにはよいかもしれないものの、メタルを聴くには正直厳しい音になってしまいました。
B6bpNRuCYAAI5Mq
次に部屋の明かりのスイッチ等に張っても効果があるとのことだったので、こちらも試してみました。
こちらは、、、うーーんアンプに張った時と比べると断然変化は微量で「変わったかな?」くらいの変化です。それでもやはり印象自体はアンプに張り付けた時と同じで少し音にまとまりが出るものの、音に勢いがなくなる感じですね。
P1030034
で結果としてどうなのかと言いますと、まぁここまで読んでいればわかると思いますが「音は間違いなく変わる、でも私の好みでは無い」という感じでした。 しかし、好みの方向の変化ではなかったものの、こんな小さいチップでここまで音が変わるのには驚きました。オーディオアクセサリーは奥が深いですね、奥が深すぎるのであまり深入りしないほうが良いのかも(苦笑
 

LANケーブルによって音質は違うのか~AIM電子NA3-Rを購入~

BnSD_CuCQAAMyTy
エイム電子のNA3の中古ダイナミックオーディオにて3000円で購入しました。
正直LANケーブルによる音質の差というものには、かなり懐疑的だったため手を出すつもりは無かったのですが、ここまで安い中古が出てるなら試さないわけにはいかないだろうとw
ちなみに2mの物でしたので、これ新品の実売は4万円くらいする物のようですね。LANケーブル1本が4万円。。。('д` ;)
DSCF3969BnSC1TpCUAAXIna
比較対象はPLANEX CNT7というケーブルです。アキバで安かったからまとめ買いしたケーブルですね、多分1本500円とかその程度、「LANケーブルの音質とかわからんし、まぁ精神衛生的にカテゴリ7のにしとけばいいだろ」みたいな考えで買った物ですね。
私の部屋のLANケーブルは全てこれで統一されているのですが、そのうちのネットワークプレーヤーとハブの間だけをAIM電子NA3に交換して比較試聴することにしました。(ツイッター上でどこが一番効果ある?と聞いたところ、ここが一番効くと教えてもらいましたので)
DSCF3970
 と言うわけで繋いで聴いてみると、、、うーん?変わったような、変わってないような?('A`)
うーーーーん、やっぱり流石にLANケーブル何かで変わるわけないかーと思いつつPLANEX CNT7に戻して聴いてみると、意外なことに音が違うように感じる('д` ;)
どうもAIM電子NA3と比べると音の情報量が落ちて軽めの音になる印象です。まさかそんなことは、、、と思いつつAIM電子NA3に戻すとやはり音が濃くなったように感じます。解像度等が劇的によくなるとか、そういことは無いのですが、音が濃密になり、中音域に厚みが出るような印象。
ですが、正直ところ今後LANケーブルに投資するかというと、、、微妙なところ。実際聴き比べて音の違いは感じたし、AIM電子NA3のほうが良いとも感じたのですがPLANEX CNT7の音が聴けないかと言われると、そんな事も無く、音が軽くはなるものの変化量はそこまで大きく無い印象ですね。何せ差し替えたばかりの時は音が違うか分かってなかった程度なのですからw
となると、やはり考えるのは「一か所だけだから変化小さいんじゃない?」というところですが、今回は奇跡的に安くオーディオ用のLANケーブルが手に入りましたが、部屋にあるオーディオに関係する場所のLANケーブルを全て交換しようとすると結構な金額になってしまい、正直「そこまでする気にはなれないなぁ('д` ;)」という印象ですね、今のところはw

結論、LANケーブルでの音質は意外と違う気がした!でも気にするほどかと言われると、、、今のところ私は別にいいかなw 

NASによって音質って変わる? ~IODATA Rockdisk nextとBuffallo LS-X2.0TLJの音質比較~

DSCF3308  




今ネットワークオーディオが流行り、LANケーブルだとか今までオーディオ機材として見られていなかったものにも「オーディオグレード」なんていう製品がちょいちょい入ってきたりしていますが。最近とうとうバッファローがオーディオ用のNASなんていう物を出したりして、とうとう「NASの音質」なんてところも語られるようになってきました。
ですが、正直オーディオ用のNASなんて今のところほんの一部でしか売っていないし、やはり「オーディオ用」となると値段も一気に跳ね上がる。そして何より個人的にバッファローのオーディオ用は、オーディオ用の癖にでかいファンがついてるのが許せない!wということで、違う物を買ってみました。

rockdisk NextというNASキットです。何故これを選んだかというと、かないまる氏がHPで音質が良いと紹介されているとのことをtwitterの方から教えてもらい、値段もお手頃だし試してみるか!となったわけです。
かないまる氏のHPはこちら 何故音が良いかというところから、設定の仕方等まで丁寧に解説されています。
Rockdisk Nextのメーカー販売サイトはこちら

比較するNASはBuffalloのLS-X2.0TLJです。
比較するためにLANケーブルや電源タップは同一の物を使用しました、がHDDは別の物が載っています。HDDの音質比較という物は試したことが無いのでよくわかりませんが、そこの影響が加味されている可能性は否定出来ませんので、その点はご了承ください。
再生するNWPはpioneerのN-50です。

んで、試してみた結果ですが、これが予想以上に違う。
どこが違うかというと一番わかりやすいのは、rockdisk Nextのほうが音の重心が引くく、しっかりと腰の据わった音が出ます、LS-X2.0TLJのほうが全体的に音が軽め。ただ重心が低くなるというと、高域が損なわれるようなイメージを持たれることが多い気もしますが、そういうことも一切無く、全体的な解像度も上がり。予想以上の変化でした。
ちなみに、このrockdisk nextは知り合いの方とも一緒に購入し、この間そちらの方のお宅にお邪魔した際にQNAPのNASキットと比較をしましたが、そちらの方も予想以上の音の違いに驚かれていました。

ただpioneerのN-50にて使用する場合は問題が多少あります。 
LS-X2.0TLJで聴く場合は一時停止がちゃんと効くのですが、rockdisk nextの場合は効きません。一時停止ボタンを押してもそのまま再生が続きます。。。
IMG_0017[1]









あとN-50を使用している人ならわかると思うのですが、N-50の場合アプリが不出来でアルファベットの一番下のZとかまでたどり着くまでに多少面倒があるのですが、LS-X2.0TLJだと、このように整頓してくれるため、選曲が楽なのですが、こういう画面もrockdisk nextでは出ません。惜しい。。。

しかし、これはあくまでN-50を使用している人の場合、知り合いの方の家でlinnのDSを使用して試聴した際は一時停止はちゃんと機能しましたし、コントロールソフトの出来が良いため、アルファベットの整頓とかの機能も不必要です。

ということでN-50 使いの場合は、今回比較した2機種では利便性を考慮するならLS-X2.0TLJ、音質のみで考えるならrockdisk nextをお勧めします。linnのDS等の場合はrockdisk nextを手放しでお勧め出来るのですがね。
自分はNWPを新調する時まではLS-X2.0TLJで頑張ろうと思います。音はrockdisk nextのほうが良かっただけに歯痒い。。。。。

結論、NASによっての音質の違いは結構出る!
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ