メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

雑記

雑記 ローゼンクランツあいつら何なん?とか、指標をひとつ増やそうかなーと思ったり悩み中

先週は結構元気あってレビューを沢山書けたのですが、飽き性にはやっぱり継続は無理ですねw レビュー予定の製品は沢山あるのでチマチマと書こうと思います。

HCKの新しいイヤホンが良さそうな件
E4UIfidVoAMbEaL
HCKの新しいイヤホンがかなり良さそうで今気になっているところです。
ピュアベリリウムのドライバを採用しているようで、値段はわかりませんが多分5万、10万ってことは無いでしょうし、何よりピュアベリリウム搭載の低価格機のKB EAR Believeが非常に出来が良かったので、それに匹敵、もしくは上回る出来を期待しています。間違いなくHCKのオリジナルイヤホンで過去一番売れるんじゃないかな、色使いも非常に良いしとても気になっています。

ローゼンクランツ、あいつら何なん?って話
Twitterで散々文句言っているのですが、本当に腹立たしいのでこちらでもまとめて記載したいと思います。ローゼンクランツは昔からあるちょつと胡散臭いタイプのオーディオメーカーで、結構オカルト扱いをよくされるメーカーです。そして、このメーカーの販売代理店?を数年前から元Eイヤホンの店員だった人が独立してやっているのですが、これが本当ヒドイ。

色々突っ込みたいところは沢山あるのですが、最近よく話題になっているEイヤホン秋葉原店での毎週末の会合は本当ヒドイです。毎週Eイヤホン秋葉原店の一角を使ってローゼンクランツ製品をPRするために店に来て、ローゼンクランツ製品を推している客と一緒に会合を開いているのですが、何でそれEイヤホンの店内で毎週やる必要があるんですかね?この会合はEイヤホンの秋葉原店が移転して今の店舗になる前から行われており、正直前の店舗のときは店舗が広く余裕があったのであまり問題視されていなかったのですが(個人的には当時から邪魔だと思っていましたが)秋葉原店が移転して狭くなっても実施されているので本当に邪魔だと話題になるようになりました。

そもそもですよ、Eイヤホンの店舗に立っての宣伝活動なんて他の代理店、メーカーもやりたいはずなんですよ。店舗の一角を使って、営業マンが製品の感想を求めたい、試作機の感想が聞きたい、でも取引先とはいえ他社の店舗を頻繁に使うわけにもいかない。だから各社Eイヤホン側が「試聴会」として告知するようなイベントとして呼んでくれる時以外は、自社のスペースで試聴会をしたり、会議室を借りたりして試聴会をしているわけじゃないですか。何元Eイヤホンの店員だからって、過去に所属していた店舗を私物化してんねんと。たまにやる程度ならまだいいですよ。毎週末必ずといっていいレベルで店舗の一角使って、同じようなメンバーと談笑していますからね、オカルトどうこうを抜きにしても本当目障りです。クレームのメールなんてそうそうしないのですが、この件に関しては一考していただきたいとクレームのメールを入れるくらい不快に思っています。本当どうにかしてください(苦笑

レビューに指標を追加しようかなと悩んでいます。
レビューに指標を追加しようかなと悩んでいます。私のレビューはよく見に来てくれる方はわかると思うのですが、基本的に文章の美しさとかは全く気にしていません。重視しているのは、いかに簡潔に「本当はどう思っているのか」を伝えられることです。
ですが、例えば2千円のイヤホンで「2千円のイヤホンの割には良い」という評価だったら当然レビューの点数は高くなるのですが、ただ結局「2千円の割の良い」っていう製品はレビューの評価としては高評価で正解なのですが「オーディオオタクに勧めるほどの製品か」と言われると結構NOのことが多いんですよね。そういったことは今までもレビューの文章内で、そのまま書くようにはしているのですが、もう一発で「騒ぐほどのイヤホンなのか」「オーディオオタクにおススメするほどのものなのか」というのを1行でハッキリ言っちゃう欄を作ろうか悩んでいます。でも、これ導入しちゃうと低価格のイヤホンなんて8割くらいは「別に騒ぐほどではない」になっちゃうんですよね、どうしようかしら、、、w

試聴レベルの簡易レビューがとても好評頂いており今後も続けていきたいと思っています。
ちょい前に書いたこちらの記事の試聴レベルの簡易レビューが予想以上に評判良かったので、今後も続けていく予定です。正直試聴レベルの短時間だと「派手な音の機種が高く評価されやすく、地味な音ほど低く評価されやすい」みたいなのはありがちなので、いつもより長めに慎重に試聴をすることを心がけようかなと思っています。といっても基本的に私は試聴って1機種に対して20秒くらいしかしないので、それが1~3分に伸びるとかその程度ですけどね、、、w

Apple Musicのロスレスが予想以上に良い件
Apple musicが980円のままロスレス、ハイレゾの対応して話題なりましたね。私は今までストリーミングサービスはTIDALをメインに使って、邦楽を補完する形でApple musicを使うという使い方をしていたのですが、Apple Musicが予想以上に良かったのでTIDALを解約しようか悩んでいるところです。
現状はまだAndroid端末はロスレスに対応していませんが、野良Apkとかでベータ版のApple musicを入れることで対応が可能になっています。(自己責任で)私もそれを使って導入したのですがね予想以上に曲数が多く、特に洋楽なんかは体感7~8割の楽曲はロスレスになっているので全く不満なく使えています。邦楽も体感で2~3割くらいはロスレスになっていて、ロスレス対応後に出てきた新曲は5割くらいはロスレスに対応している印象でかなり使えています。アニソンに関してはハイレゾも少しずつ入ってきていますので、ランティスのアルバム一枚ダウンロードで5~6千円取っていたハイレゾ音源群がいかにボッタくりだったたかがわかりますね(苦笑)

Astell&Kern SE180のライターレビューが軒並みヒドイ件
この件は本当に笑いました。ポータブルオーディオ系のライターは正直そういう忖度はする人は多いだろうなぁとわかってはいましたが、ここまで露骨なのかと本当に呆れるばかりです。流石に直接のリンク貼って特定した上で書くと問題になりそうなので、適当に自分で検索をしてみてもらいたいのですが、多くの媒体のレビューでAstell&Kern SE180のDAC、アンプ部を交換できるモジュール交換方式を「今までに存在しなかった斬新な機構」と言わんばかりのレビューが本当に多いです。何でしょう、この人たち絶対Cayin N6Ⅱを知らないわけではないと思う、というか何ならCayin N6Ⅱに関する記事も当時書いていた人が大半だろうに、絶妙にCayin N6Ⅱの記憶だけ抹消するような記憶喪失でもしたんですかね(苦笑)
これからCayin N6Ⅱは限定のステンレス筐体モデルが発売されますので、同じライター群のそれに対する反応が気になるところです。何か本当、媒体のレビューなんて思ったことそのまま書けないことなんて100も承知だけどさ「もう少し上手くやれない?」とは本当に思いましたw

変な時間に起きてしまったので早朝のテンションで書いたので、本当オチも何もないですし、いつもツイッターで言っている内容そのままなのですが、まぁ雑談的にこういう記事はたまに出したいと思いますのでお付き合いいただけたらと思います。

雑記 試聴レポの記事を書こうと思ってます

特に書く内容があるわけではないのですが、最近どーもやる気が起きなくてブログも放置気味なので、こういうどーでもいい記事を書いて気を紛らわそうと思っています。

コロナ関係
5月に入って緊急事態宣言が延長されて、まさかの6月の今ですら緊急事態宣言が続いている状態ですね。正直ゴールデンウィークの時に「ゴールデンウィークの短期集中で感染を抑え込む!」とか言って緊急事態宣言が出たときは、2回目の緊急事態宣言が大した根拠もなく延長されたこともあり「絶対嘘だろ」と思っていたので5月末までの延長は予想の範囲内だったのですが、6月まで更に延長されたのは結構想定外でした。これが本当に「感染拡大防止」のためなら協力する気も多少は出るのですが、根本が「オリンピックのため」なのが見え隠れしている現状なので協力する気に全然なれないのが本音なところです。

試聴レポの記事を書こうと思ってます
以前から要望があった試聴レベルの簡易レビューの記事をこれから書いていこうと思います。正直個人的に試聴レベルであまり確定的な記事を書くのってあまり好きではないので避けていたのですが、コロナ禍で試聴のハードルも上がっているため、店頭での簡単な試聴レベルの感想でも新製品の情報が欲しいという声があり、今までヘッドホン祭やポタフェスの時に書いていた本当に1製品につき2、3行程度のメチャクチャ簡易な形式でのレポを書いていこうと思っています。基本的には「Twitterで書いてある適当な感想をブログにまとめる」程度の情報量のものと思ってください。

やる気をだそうとすると、逆に普段以上にやる気がでなくなるものですね
正直このブログの更新は精神的に参ったりして、あまり楽しめていない時期が続いていたのですが、「今年度はもっと更新するぞ!」なんて意気込んで4月からブログをやっていたのですが、むしろ例年よりずっと更新が滞っている状態ですw レビューを書くネタはいくらでもあるので変に気張らず、いつも通り低いクオリティの駄文レビューをゆるゆると書いていけるようになれたらいいかなーと思っています。このブログでやりたいことは色々あるんですけどね、私のやる気が追い付いていませんw

久しぶりにこういうどうでもいい雑記を書いたら、結構気持ち的にも多少前向きになったような気がします。こういうクソみたいな駄文を公開するのが本来の個人ブログだと思っているので、のんびりやりたいと思います。特にオチも何もありませんが終わりです。

FlexiSpot E7のレビュー

e7b-black-800 
FlexiSpot E7という現在48,000円+天板で販売されている、電動昇降スタンディングデスクのレビューです。天板を合わせると6万円~になります。
オーディオでも何でも無い製品なのですが何故かレビュー依頼が私に来まして、正直断ろうか悩んだのですが、普通にデスク買い換えたかったのもあり欲に負けました、、、w
部屋が汚いため机以外の場所を白く塗りつぶした写真を多く使っています、ご了承くださいw

販売サイトはこちら 
良い点
・かなり安定性が高く、グラつきが少ない。最大の高さまで上げても問題無くキーボードを打てるくらいの安定性があるのが◎
・天板が選べるため、自身の欲しいサイズ、色、形状の選択肢が広い
・電動昇降の音が比較的静か。深夜に動かしても迷惑にはならなそう
・予想以上にスタンディングは快適。良い気分転換になり、集中力を持続させやすい。
悪い点
・組み立てはそこそこ大変。男なら1人でも頑張れば可能だが、女性1人は無謀。基本2人でやるべき。
・「天板」と「フレーム部」が1つずつの箱で届くが、フレーム部の箱が35kg近くあり非常に重たい。
--------------------------------------------------------------
組み立て編
unnamed (3)unnamed (4)
組み立てはかなり重さがあるため、男性なら頑張れば1人でもできるが女性はまず無理。基本は2人以上で作業すること勧める。
組み立ては結構大変です。机を完成させるところまでは説明書通りにやれば結構スムーズに出来たのですが、何せフレーム部だけで35kg近くとかなりの重量があるため、完成したデスクを表にひっくり返す作業にかなり苦戦しました。男性1人ならギリギリ可能ですが、女性1人でやるのはまず無理と考えていいです。
また、この製品は「天板」と「フレーム一式」が1箱ずつで届くのですが、フレーム一式の箱が鬼のよう
に重いです。正直一人だと持ち上げられなくて、玄関で箱を空けて中身を取り出さないと設置場所まで持っていくことは無理でした。組み立ての際は2人以上でやることをおススメします。

組み立ては重量がかなりあるため体力を使いますが、作業自体はわかりやすく比較的簡単です。天板とフレームを取り付ける際も、天板にネジ穴用の仮穴が最初から開けられているので固定も比較的楽です。ネジは取り付ける場所によってA~Fまでに分かれて決められていますので、ここだけ注意するようにしてください。

ここからは組み立ての手順を紹介していきます。

ステップ1 サポートプレートを取り付ける
unnamed (36)unnamed (42)
説明書の絵だと、真ん中の黒い制御基板とかが入ってる部分が書かれていないので少し混乱しますが、そこさえ分かれば簡単に付属のレンチで簡単に取り付けられます。
ステップ2 支柱を取り付ける。
20210509_130015unnamed (43)
支柱は結構な重さがあるので慎重に運んでください。取り付け自体は付属のレンチで固定するだけなので簡単です。
ステップ3 脚を支柱に付ける。
20210509_130444unnamed (44)
これもレンチで固定するだけなので簡単です。
ステップ4 天板を取り付ける。

20210509_13080420210509_131734unnamed (45)
1枚目の画像のように、天板には仮穴が開けられているため、その穴に合うようにビームのネジを緩めて長さを調節します。穴の位置ピッタリの場所を探す必要があるため、一番面倒な作業かもしれません。穴の位置が調整出来たらネジで天板とフレームを固定します。固定は電動ドライバーを使うことが推奨されていますが、普通のドライバーで手回しで取り付けても大丈夫だとは思います。私は電動ドライバを所持していないので手回しで固定しました。(推奨外なのであくまで自己責任でお願いします)
ステップ5 コントローラーを天板に取り付け、ケーブルを接続する。
unnamed (12)unnamed (14)unnamed (46)
昇降をするためのタッチパネルリモコンを天板に取り付け、リモコンとフレーム部分から出ているケーブルを接続します。
ステップ6-1 ケーブルカバーを取り付ける
20210509_133400unnamed (47)
ケーブルカバーはネジとネジの間に挟むようにはめ込むのですが、少し力を入れてカバーの金属を曲げながらはめる必要があります。
ステップ7 ひっくり返して完成
20210509_133749unnamed (48)
ステップ6-2というのもあるのですが、それはビームの長さを調整する場合の手順ですので、問題が無ければステップ6-1の時点で完成となります。かなり重量があるので、ひっくり返す作業は2人以上でやったほうが安心です。私は1人でやりましたが結構ギリギリでした、、、w
使用感編 
1、昇降の動作音はなかなか静かで〇。
昇降の動作音は比較的静かで深夜に操作しても問題にはならなそうで良いです。勿論動画のようにある程度の音はしますが、相当壁の薄い部屋で無い限り、駆動音で迷惑をかけることは無いと思われます。
20210509_134216
2、グラつきが少なく、最大の高さまで上げてもキータイピング等を問題なく行える。
グラつきが少なく安定した作業が行えます。最大の高さまで上げると、流石に低い位置のときよりは多少グラつきやすくはなるのですが、キータイピングや文字を書く程度の作業であれば全く不安なくできるくらいの安定性はしっかりあります。また、気に入った高さを記録しておくことが可能で、1タッチでいつも作業する高さに変えられるのもなかなか便利です。
20210510_184821
3、スタンディングでの作業は予想以上に快適。良い気分転換になり集中力を持続させやすい。
正直「立って作業なんてするかなぁ?」と思っていいるところもあったのですが、実際にスタンディングで作業してみると結構快適で作業が捗りました。特に作業中に集中力が切れてきたとき、スタンディングに切り替えると良い気分転換になりますし、同じ姿勢を続けずにすむことから身体も結構楽になります。このレビューを書いている際も途中からスタンディングに切り替えましたが、切り替えることで集中力が少し戻った気がしますし、こういう姿勢の変化って結構大事なんだなぁと痛感させられました。
20210513_030320 
4、非常に満足度の高いデスク。
正直他の電動昇降デスクを試したことが無いので、このFlexiSpot E7が他の同カテゴリ製品と比較して優れているのかはわかりませんが、個人的には非常に気に入って使っています。自分がスタンディングで作業するかは疑問でしたが、「集中力が切れてきたときにスタンディングに切り替える」という使い方をすると非常に良い気分転換になり、長時間集中して作業が続けやすくなったことがポイント高いです。
また、私のようにデスクにスピーカーを置いている人は、スピーカーで音楽を聴く時に、顔の位置までスピーカーを高くして鳴らすことが出来るのが地味に便利です。音質的にもデスクで最適な高さにスピーカーを調節するということは難しいので、意外とデスクトップオーディオ的にも電動昇降デスクはアリかもしれません。

私のメイン作業机として今後もFlexiSpot E7は活躍してもらいたいと思います。

プレゼント企画準備中&オカルトの話&色々

【プレゼント企画を準備中です。】
プレゼント企画は今年の初めにやったので、今年はもうやる予定はなかったのですが「プレゼント企画で出したいものがあるんだけど、やらないの?」と声をかけて頂いたので、せっかくなのでやることに決めました。あんまり大規模にやると手間が凄いかかる、でもせっかく企業から出してもらうのであればソコソコは盛り上げたいという気持ちもあり、中規模に良いくらいのバランスでやりたいなーと考えているところです。もしご協力頂ける企業、個人の方が居たら声をかけて頂けたら幸いです。

【オーディオオカルト論争について】
ローゼンクランツの代理店?が寝ぼけたことを言いだして炎上していますね。
私はあそこに対して定期的に攻撃的なことを言っていますが、正直ローゼン自体はどーでもいいのが本音だったりします。世の中には冗談みたいな妄言レベルのオーディオ製品が沢山あり、その1つ1つを全て否定していたらキリがありませんし、実際そういうものは表舞台には殆ど出てこないので気にもなりません。私が許せないのは、あれだけ明らかに妄言レベルのオカルトをEイヤホンという大企業が勧め、店頭で貼り付け会だの、試聴会だのをやらせていることなんですよね。ローゼンクランツの製品全てが悪いとは思っていません、あそこのケーブルやインシュは長年オーディオをやってきているだけあり、音の方向性としては一貫性があり、個人的に好感を持てる製品もあります。
でもね、それと大手イヤホン販売店の店頭で、制振ではない「政振」などと謡った謎の製品の貼り付け会をやったり、ネジを外して付け直す「加速度組み立て」なんて怪しいサービスを行わせたりすることは、やっぱり話として別だし、「NO」と声をあげる人が居るべきだと私は考えています。

【イヤホンの価格別おススメをTwitterで教えて頂きありがとうございました】
久しぶりに面白い依頼、でもかなり急で期限の無い依頼が舞い込んできたので、Twitterのほうで「現行機で良いイヤホン色々教えて!」とツイートしたところ、色々な製品の情報を頂き本当に参考になりました。おかげで依頼のほうはとりあえず入稿することができました。ありがとうございました。
久しぶりに低価格のイヤホンを色々見てきたのですが、有線のイヤホンで魅力的な物が凄く減っていることに驚きました。最近は完全ワイヤレスで良いイヤホンが沢山出ているので、低価格の有線イヤホンをわざわざ買う人ってあまり居ないのかもしれないですね。FinalのEシリーズみたいに5000円以下の価格帯で面白いイヤホンが増えてくれることを願いたいところです。
今回入稿したものは実際に使われるのかも正直ちょっと不明なのですが、決まったら紹介したいなーと思っています。

【コロナが長引いていますね】
コロナがなかなか落ち着きませんね。緊急事態宣言が東京は更に2週間延長と聞いて正直結構残念に思っているところです。正直今の飲食店だけ狙い撃ちしたような緊急事態宣言には疑問を持っていますし、不満も無いと言えば嘘になりますが、、、この緊急事態下で何が正解なのかなんて誰にもわかりませんしね、、、早く収束して、気兼ねなくオーディオ談義を会ってできるような日が来てほしいと思います。

あけましておめでとうございます&年末年始に買ったものとか

いや、今更かいって話なのですが、ちゃんと記事にしていなかったので改めてw

今年もコロナとは付き合っていかなくてはいけない年になりそうで、年始から緊急事態宣言が出たり本当イヤになっちゃう日々が続いています。中国では「俺たちはもうコロナ収束したから」と言わんばかりにオーディオのイベントとか開始されているみたいですけど、これは一部では収束していると喜ぶべきなのか、何能天気なことしているんだと怒るべきなのか悩ましいところですね。まぁ多分後者なんでしょうけど、本当色々イヤになってくるので楽観視して前者として捉えたい自分が居ます。

今年もこのブログは今まで通り、のんびりと気が向いたら更新で続けていく予定です。そのため、別に何か大それた目標とかを掲げることも無いのですが、毎年言っている気がしますが、こういった雑記を増やしていきたいと思っています。どうしても忙しくて、頼まれたレビューと自分で買った製品のレビューを載せるだけのサイトになってきていて、最近では雑記どころか頼まれたレビューしか載せてない時期も結構長かったのですが、正直それって趣味のブログというよりは作業と化しちゃってて楽しくないんですよね(苦笑)
なので昨年の途中から、レビュー依頼とかも興味の薄い製品を断る率をかなり上げています。正直レビュー用に試聴して、良し悪しを判断したら、その後一切使わないことが目に見えている。そういう製品のレビューって割と苦痛なんですよね。なので、今年のこのブログでの目標は「趣味ブログとしての意義を見直す」っていうところかなーと思っていたりします。こんなアクセス数の少ないブログでも、変な担がれ方をすることがあるので、色々面倒くさかったりするんですよ(苦笑)
20210104_162023 (1)20210106_19292920210107_225411
年末年始にたまたま良い出物が多くあり色々と購入しました。
Fiio M15は「Bluetoothレシーバー接続のみ音が出る」表記のジャンクを6万円
Questyle CMA600iは「USB接続できない」表記のジャンクを3万9900円
LG HF80JGは展示品を5万9900円にて購入しました。それぞれは相場よりかなり安く美味しい出物でしたが、まぁ合わせるとなかなかの出費ですねw

Fiio M15は「Bluetoothレシーバー接続のみ音が出る」という表記で、「そんなことあるか??」と思い、まぁEイヤのジャンクだからチェックミスだろう。くらいの気持ちで買ったのですが本当にその症状でしたwまぁもともとBluetoothレシーバーとして使えて6万ならアリかなと思っていたのですが、何故かファームウェアを古いバージョンにダウングレードしたらBluetooth以外でも音が出るように、、、未だに新しいファームにアップグレードすると音が出ない状態なので本当謎の症状なのですが、まぁ全機能使えるようになったのでラッキーでしたw
Questyle CMA600iはUSB入力が死んでいるものですが、同軸入力が生きているので全く問題無いなと思って購入しました。音質は非常に良く、正直今手持ちのメイン機として使っているGlasstone HPA-30Wと甲乙つけがたいレベルの実力を持っています。QuestyleはDAPもアンプ部の出来に全力投球なところがありますし、アンプの音造りは本当に上手い印象ですね。特に中低域のハリがあり立体感のしっかりと表現されている音は素晴らしいと思います。
LG HF80JGは今まで使っていたLG PW1500Gからのアップグレードとして買いました。そのうちもっと画質の良いものに買い換えたいなと思って色々調べていたのですが、今回LG HF80JGが安く手に入ったので買ってみた感じですね。ちなみにLG PW1500GはTwitterのほうで売却済です。買ってくれた方ありがとうございます。LG HF80JGの画質は素晴らしいです。正直買い替えたところで画面の明るさが上がって、HDからフルHDに変わって少し鮮明になる程度だろうと思っていたのですが、レーザー光源のおかげか、まるで別物です。何より素晴らしいのがフォーカスがかなりハッキリとしていて、線がとてもクッキリと表示されることですね。正直ホームシアターはそこまで力を入れておらず、あくまで惰性の趣味としてやっていますが、今回のLG HF80Jの導入で「ホームシアター」と言って恥ずかしくない画質まで一気に上がった印象です。正直ここまでの違いが出ると思っていませんでした。メッチャおススメの製品です。

今年もちまちま運営していきますので、暇で暇で死にそうなときにでも覗きに来て頂けたら幸いです。
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
  • ライブドアブログ