DSCF3711DSCF3721DSCF3720DSCF3716
final audio design pandora hope Ⅵです。価格は5万円後半ほどの実売、ダイレクトショップでは保障が2年になって64,800円(友達紹介割引適用の場合58,320円)となっています。ダイレクトショップの友達紹介割引を使いたい方はよろしければ私のIDの「masterplan」をお使いください。
特徴等
・一番の特徴はヘッドホンで唯一のダイナミックとBAのハイブリットというところでしょうね、前方にBAドライバが配置されていて前方定位を形成しようとしているみたいです。
・重い!重量が480gとかなりズッシリとした重みがあります。ですが頭につけてみると重さのバランスが良いためか思ったよりは問題無く付けていられます。あまり長時間はつけていたくありませんが1時間程度なら私は問題無くつけていられる印象。
・側圧は少し強めです、重さがあるためここは仕方がない点なのだとは思いますが、自分だと1時間を越えて来たあたりから少し耳たぶが痛くなりはじめます。
・リケーブルが可能な機種になっていてヘッドホン側は3.5mmのモノラルプラグになっています。ただし現状交換用のケーブルは発売されていないのでここはマイナスポイント(多分メール等で言えば売ってくれると思うのですが、やはり店頭やネットで買える手軽さは重要だと思います)
・遮音性はなかなか良いですが、音漏れは結構多めに感じますので外で使用する場合は注意が必要に感じます。まぁ、これを外で使う人はあまり居ないと思いますが、、、 
音質評価 □□□□□
・音質はかなり良いです。個人的にはかなり好きな音で自分はGS1000iとこのPANDORA HOPE Ⅵをメイン使い分けて使用しています。
・全体の音をかみ砕いてまとめると、金属的な音でキレが良く元気な音です。
・音の傾向としては高音域が刺激的なドンシャリですかね、全体的にかなり元気な音を鳴らします。
・全体の音の中で一番魅力に感じるのは高音域です。 金属的でかなり刺激的な音を鳴らしますね、音源によっては結構五月蠅く感じるかもしれません。ドラムのハイハット音がかなり刺激的に鳴ります。刺さりは多少ありますので気になる人は気になるかと(自分の場合はあまり気になりません)
・中音域は全体の音の中では一番少ないですが、音の分離が良いため特に凹むという印象はありません。
・低音域もかなり元気な音です。こちらも金属的なキレの良い音でトリガー付きのバスドラム等の刻む音が何とも魅力的でデスメタル、デスコア等にはとても相性が良いです。
・前方のBAドライバは効いているのか?と言われると正直わかりませんwですがこのヘッドホンを付けた後にGS1000iで音楽を聴いてみたところ物凄く真横から音がするように感じたため、多少は効いているのかもしれません。ただし完全な前方定位を望まれる方は期待しないほうが良いですw
・クラシック等を聴いていると余韻の表現がなかなか上手いように感じます。楽器の弾き終わりの余韻の消え方等がとても気持ち良いです。私の普段聴いてるメタルやらロックやらだとよく分からないのですが、音の響きが良く楽器のソロ等の部分になると音の響きがとても心地よくホールのような音場。。。とまでは言いませんが密閉型ヘッドホンとは思えない広い音場を感じられます。開放型では難しいハウジング自体の響きを生かして開放とは違う密閉にしか出せない音の広がりを作っているところが好感を持てます。
・合うジャンルはデスメタル等のゴリゴリとした低音域を出す物や、余韻の表現の上手さからクラシック等でしょうか。ただし全体的に良くも悪くも元気に鳴らしてしまう癖があるため、多少違和感を感じるところはあるかもしれません(クラシックは少ししか聴かないのでいい加減なのですが)
・合わないジャンルは何でも元気な音で鳴らしてしまうため、昔の歌謡曲やバラード等はちょっと相性が悪いかなと思います。
高音域□□□□■
中音域□□□■
低音域□□□□

オススメ度□□□□
・音は個性的で私はかなり好みなのですが、重さによる使い難さと、人を選ぶ音なためこの点数で。
・まぁどのヘッドホンでもそうなのですが、このヘッドホンは特に試聴してから買ったほうが良いと思います。チェックすると良いポイントは刺激的な高音域が自分に合うかと、装着感が自分に合うかですかね。
・BAとダイナミックのハイブリッドがウリの機種ですが、正直BAドライバの恩恵に関しては過度な期待は禁物です。私の場合だと他のヘッドホンと比べて少し音が立体的。。。かもしれないくらいの印象ですw 良く捉えれば縁の下の力持ち的に活躍してくれているのかもしれませんがw
・かなり刺激的な音で好みは分かれる音だとは思いますが、音のレベルはなかなか高いと思います。