DSCF3690DSCF3729DSCF3735DSCF3726
・cen-grandの5i-ADを19800円+送料でじゃんぱらにて購入。
・PHONON SMB-02をフジヤエービックのジャンク市で3000円
・vita tvのvalue packを近くのブックオフにて10650円にて購入 
・KRYNAのDokayukiペアを知人の方から頂きました、有難い限りです。。。

・cen-grandの5i-ADは音も良かったし、画質もかなり良く良い買い物をしたなと喜んでいたのですが、うちで使用しているnuforce DAC-9のリモコンと混信するようでDAC-9のリモコンで音量を上げると5i-adの音量が下がり、インプットセレクトを押すと電源が落ちる等、リモコン操作が基本な5i-adでは致命的だったためtwitter上で売却しましたw操作性はあまり良く無かったですが音はかなり良かっただけに、まさかこんな形で放出することになるとは、、、残念ですw
・PHONON SMB-02は状態は結構悪かったのですが、3000円なら文句ありませんwなかなか音は良いですね、見た目は安っぽさがあるだけに音のギャップに驚きます。
・vita tvはHMZ-T3でパワプロをやりたいと思って購入しました。HMZ-T3で遊ぶには画質は気にならないのですが、フルHDの液晶で遊ぶ場合は少し気になりますね、充分許容範囲ではありますけど。
・KRYNAのDokayukiは効果がありすぎて、ちょっと使う場所に悩んでいるところです。スピーカーの裏に置いてみたら音を吸い過ぎてしまうようで、音がとてもデッドにw 部屋の角とかに置くのが良いかな?色々な場所で試していきたいです。

------------------------------------------------------
今年も色々なオーディオ製品が発売されましたが、twitter等でのオーディオ関連の方達の中でもちょくちょくと話題になった「ポータブルオーディオ機材の高価格化」がとても気になる年でした。
もちろん価格が高い事自体が例外無く悪いことというわけではありませんが、今年はどうも内容が無い価格だけの製品が増えたなぁという印象は正直あります(具体的な製品名の言及は避けます)
せっかくイヤホン、ヘッドホン、ポータブルアンプ等のポータブルオーディオの市場が伸びてきたというのに、自分で水を差さなくても良いだろうにと本当に思います。小さなガレージメーカーがそういう製品をちょいちょい出すのは、いつもある事なので気になりませんが、そこそこ大きいところも一緒になってその流れを作ってる感が強かったのが何とも言えない気持ちになりましたね。
ポータブルオーディオの利点の一つは低価格でも良い音を実現しやすい事だと思います。そして低価格層の製品のレベルは数年前よりかなり上がった印象があります。それなのに高級な価格帯の製品群のレベルはむしろ下がったような印象すらあるのは本当に残念だと思います。あくまで私見ですけどもね。

-------------------------------------------------------
今年も色々とありました。自分の中で大きかった事はオーディオ環境を一新したことですね。
スピーカーをluxman S-N100→kripton kx-5に
アンプをtopping tp60→nmode x-pm1に
DACをAudio-gd NFB11.32→nuforce DAC-9に(これは昨年末ですが)
プレーヤーをパソコン→pioneer n-50に
そしてCDPにXL-V1-Nを追加とほぼ1年間で機材一式を買い換えました。クリプトンを買ってから総とっかえまでは良いタイミングで中古が買えたからとはいえトントン拍子に進みましたねぇ、一度ついた勢いと言うものは怖いです。
これを機にスピーカー環境がメインとなってしまったため、このブログの「メタラーのヘッドホンブログ」なんて名前もどうなんだろうなぁと思うところはあるのですがwでももう数年使い続けたブログ名という事で愛着も無くは無いため、今後もこのまま続けて行こうと思います。


今年もありがとうございました。また来年もちまちまと更新は続けていくつもりですので今後ともよろしくお願いします。