メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

2021年07月

Audirect Atom2のレビュー

x695
Audirect Atom2という現在8,810円で販売されているポータブルDACアンプのレビューです。

HIFIGOの販売サイトはこちら 
良い点
・何より小型で手軽
・音もクッキリ明瞭でなかなか良い
・LEDでハイレゾ音源などを確認しやすい
・DACチップにES9281AC
・DSD native再生やMQAに対応。
・LightningとUSB type Cモデルがあり、iphoneでも手軽に高音質で音楽を聴ける
悪い点
・端子への負担は比較的大きめだと思うので、これをつけたままケーブルをひっかけたり落としたりすると接続しているスマホとかの端子が少し心配
----------------------------------------------------------------
unnamed - 2021-07-24T164920.001 (2)unnamed - 2021-07-24T164912.423
1、小型でありながら音質はなかなか良い。これだけ手軽でこれだけの音質が手に入るのは非常に魅力。
音質はなかなか良いです。これだけ小型で手軽に聴ける製品なので音質はそんなに期待できないかなと思っていましたが、良い意味で裏切られました。音質は少し元気なクッキリとした明瞭な音鳴ります。意外と駆動力もあり、大型ヘッドホン等は流石に厳しいですが、2BA1D程度のハイブリッド構成のイヤホンでも十分不足感の無い音で鳴りますし、鞄に入れっぱなしにしておけるDACアンプとしては必要純分すぎる音質かなと思います。また、L字になっておりケーブルが横から出せるおかげで、本体の向きを逆に刺せばケーブルを右側から出したり、左側から出したり変えられるのが地味に便利です。
audirect-atom2-m5x1042
2、筐体の造りはなかなかしっかりしていて安心感がある。ただ端子への負担は少し大きそうで不安かも。
筐体はしっかりとした金属?で作られていて、結構造りは良く安っぽさは無いです。しっかりとした筐体なので鞄のポケットに直接ぶち込んでおいても簡単に壊れることは無いでしょうし、手軽さという面では本当にこれ以上の選択肢は無いかもしれません。ただ、少し心配なのは一般的なケーブルを伸ばすタイプのDACアンプと違って、端子部が大きめになっているため、端子にかかる負荷はそれなりに大きそうというところです。これを繋いだままケーブルをどこかにひっかけたり、本体を落としたりしたら、このDACアンプだけじゃなく接続しているスマートフォンの端子への負担も大きそうですので、使用時にはある程度注意したほうが良いと思います。
unnamed - 2021-07-24T164923.552 (2)
3、PAW S1、luxury&precision w1、Hidizs S3 Proとの比較。
単体の音だけ語っても何が何やらと思いますので、PAW S1、luxury&precision w1、Hidizs S3 Proと比較していこうと思います。価格差もありますので、あくまで音の違いとしてわかりやすく比較をするものであって「~に近い」とか表現していても「安いけど匹敵する」ものではないと考えて見てください。
・PAW S1 (約170ドル)
この中で一番派手な音を鳴らす。ドラムのシンバル音のような煌びやかな音の主張は結構強めであるが、帯域レンジが広く伸びの良い音なので音の鮮烈さの割に耳につく印象は無い。4機種の中で一番鮮烈でハッキリとした音を鳴らすのが印象的。
・luxury&precision w1(約200ドル)
PAW S1より落ち着いた音のバランスになっており、特に高音域の刺激感はかなり抑えられ、全体的にしっとりとした自然な聴きやすい音になっている。帯域レンジの広さこそPAW S1より劣るもののの、良い意味で自然で違和感の無い音を鳴らしてくれる印象で4機種の中で一番音源を選ばないのが好印象。
・Hidizs S3 Pro (69ドル)
どちらかと言うとluxury&precision w1に近い音造りで、W1より少し明るい音造りになっている。W1は本当に落ち着いた音であったが、S3 Proはもう少しドラムのシンバルのような煌びやかな音や、低音のバスドラムのキック感といった刺激の強めの音も、力感のある音で鳴らしてくれる。印象としてはW1よりも少しロックとかも楽しく聴けるバランスで、W1は落ち着いたバラードとかを聴くのにより適しているという印象。
・AUDIRECT Atom2 (約80ドル)
どちらかというとPAW S1に近い音造りで結構派手な元気系サウンド、PAW S1ほどの帯域レンジの広さが無いため、高音域は鮮烈で少し疲れやすくドンシャリ感は強めになっているが、非常にノリの良い元気な音で、楽しく聴けるバランスになっている。
unnamed - 2021-07-24T164937.863 (2) 
おススメ度 92点
4、非常に手軽でありながら十分すぎる良い音を鳴らしてくれる製品であり、マニアのサブ機としておススメしやすい逸品。
何といってもこの製品の魅力は「手軽さ」だと思います。今のこういった小型のDACアンプは色々な会社が作っていますが、ここまで小型の一体型で、音質も良いというものはかなり少ないんじゃないかと思います。そりゃあPAW S1やらluxury&precision w1やらの価格が倍以上の大き目の製品群と比べたら、音質面ではそれなりに見劣りはしますが、この大きさとこの価格で、これだけの音が鳴れば文句のつけようがないと個人的には思います。
手軽に使えるUSB DACアンプを探している方。ハッキリとした明瞭で元気な音造りの製品が好きな方にお勧めしたい、マニアのサブ機として丁度いい痒いところに手が届く名機です。

CCZ Plume羽のレビュー

unnamed (95)unnamed (96)
CCZ Plume羽という現在23,999円で販売されている1D4BA構成のハイブリッドイヤホンのレビューです。
販売サイトはこちら In-Canal Earbuds Rankingはこちら
良い点
・音はかなり派手だがとても良い、ゴリッとした強いベースラインの音を重低音からしっかりと再現してくれて聴いていて楽しい音。
・1D4BAの構成でありながら音にゴチャゴチャ感が無い分離の良い音
・こんな見た目だが密閉イヤホンなので遮音性は高め
悪い点

・かなり派手なドンシャリ傾向の音で音の刺さりも強めなので好みは分かれる音だと思う
・2pinリケーブル対応仕様だが、標準ケーブルが2.5mmバランス仕様で他を選べない(4.4mmと3.5mmの変換プラグは付属するが、つけて外使いは、長さによる端子の負担を考えると、ちょっと現実的ではない)
-----------------------------------------------------------------------------------
unnamed - 2021-07-20T193041.954 (2)unnamed - 2021-07-20T193029.344 (2)
音質評価 89点
1、音質はかなり派手な音造りで好みが分かれそうだが、個人的にはかなり好印象。重低音の再現度が高くベースラインの音をしっかり力感のある音を再生してくれるのが好印象。

音質はなかなか良いです。1D4BA構成ということでゴチャゴチャした音のイヤホンなのかなぁと思っていましたが、そんなことはなくとても分離の良いハッキリとしたドンシャリ傾向の音です。全体的にかなり金属的に響きが強めに乗る、かなり派手な音を鳴らすので好みは分かれると思いますが、個人的にはこういう振り切った元気サウンドは結構好きです。高音域はかなりキラキラと煌びやかな音が鳴りますし、低音域はイヤホンらしからぬ、かなり重みのあるゴリッとした太く深い力感のあるベースラインを再生してくれるのが非常に好印象です。派手な音ではありますがロック系のサウンドを聴くのであれば最高に楽しめるイヤホンではないかなと思いますね。
unnamed - 2021-07-20T193017.931 (2)unnamed - 2021-07-20T193021.646 (2)
音のバランス
高音域 □□□□■
中音域 □□□■
低音域 □□□□□
2、音のバランスは低音寄りのドンシャリ。高音域は煌びやかで派手な金属的な響きの乗るキラキラサウンド。中音域は少し遠めではあるが、特に誇張表現の無い自然な音。低音域は分解能は高いがしっかりと重低音まで再現された重みのあるゴリッとした音を鳴らす。

音のバランスは低音域寄りのドンシャリで、全体的に金属的な響きが乗る刺さりやすい派手サウンドです。
高音域は見通しが良い、かなり派手な煌びやかな音を鳴らします。ドラムのシンバル音のように刺さりやすい音が、金属的な響きが乗りかなり煌びやかで派手な誇張感のある音で鳴ります。刺さりを気にする人には絶対合わないと言えるレベルの音ですが、私のように多少刺さるくらいの音が好きな人には楽しく聴ける音でしょう。
中音域は全体のバランスとしては一番少ないですが、しっかりと分離されているので他の帯域に埋もれることはありません。ボーカル帯域に関しては特に特徴は無い味付けの少ない音を鳴らしますが、少し音の伸びやかさには欠ける印象があるので、バラードのようにボーカルが主体となる音源では表現力に少し不満を覚えるかもしれません。
低音域は分離の良い歯切れの良い音を鳴らしつつ、重低音の再現度が高い、非常に力感の高い音を鳴らします。重低音の力感を重視すると音の分離が悪く、音が団子になりやすいようなチューニングになってしまうことが結構多いのですが、このイヤホンは歯切れの良い分離の良い音でありながら、ベースラインの重低音をゴリゴリと深みのある音で再現してくれるので、スピード感のあるハードロック等の音源でも非常に楽しく聴けます。
unnamed (97)unnamed (99)
3、こんな見た目だが密閉イヤホンで遮音性は高い。付属ケーブルが2.5mm固定なのは個人的にはちょっとマイナス。
見た目的に開放のイヤホンに見えそう、というか私も開放のイヤホンだと思って到着を待っていたのですが、横のメッシュ状のところはただのデザインで完全な密閉のイヤホンとなっています。なので音漏れは少なく、遮音性も一般的なカナルとして平均以上の性能があります。
ケーブルはやわらかく取り回しが良いですし、全体的に使い勝手が良いのですが、付属のケーブルが2.5mmのバランス仕様になっており、他の仕様は選べないのが個人的には微妙なポイントです。付属で3.5mmと4.4mmの変換プラグもつくのですが、L字ではないストレートタイプなので、正直外で使う場合はDAP側に負担がかかるため、変換プラグで常用するのは現実的ではないですし、ケーブルの仕様が選べるようにしてくれたら良かったのにとは思います。
unnamed (101)
おススメ度 90点
4、かなり派手な金属的な音が鳴るドンシャリ傾向のイヤホンだが、私のような派手系サウンドが好きな人にはたまらないイヤホン。かなり派手でありつつも、やりすぎない絶妙な楽しく聴けるサウンドバランス。

音はかなり派手で、金属的な響きもかなり乗る刺さりやすい音なので、間違いなく好みはかなり分かれるイヤホンです。ですが、私みたいに多少刺さるくらいの音のほうが好きという人には「こういう音にのイヤホンいいよねぇ、わかってるねぇ」と言いたくなるような楽しく聴ける音に仕上がっていると思います。イメージとしてはオーディオテクニカのCK100PRO、あれよりはもう少し金属的なキラキラ音を少し抑えて低音を強くした音、みたいな感じですかね。賛否は分かれるイヤホンだと思いますが、個人的にはこういう楽しく聴ける派手系サウンドは、良い意味で中華イヤホンらしい楽しいバランスの音でかなり好印象でした。
キラキラとして高音域が好きな人、分離が良く力感のある低音域を鳴らすイヤホンが欲しい人、ハードロックやロックと相性の良いイヤホンを探されている方にお勧めしたい元気サウンドイヤホンです。

DARUMA AUDIO T-1000試作機の簡易レビュー

DSC00545 (2) 
DARUMA AUDIO T-1000の試作機を送って頂いたので簡易レビューを書きたいと思います。
こういう私みたいなレビュアーの手元に来る試作機は大抵「ほぼ完成品」という状態のものが多いのですが、今回の筐体は鋳物なのですが製品版はアルミ筐体になり、造りも明らかに試作品という感じで本来の物とはかなり違いそうなので、今回は他価格帯との比較したIn-Canal Earbuds Rankingの掲載や、音質やおススメ度の数値は出さないで簡易レビューという形式で書こうと思います。

こちらのT-1000は現在アルミ板の試作機を2021年07/19 22時締切で抽選販売をするそうです。正式販売はここよりもう少し上がることが予想されますが、参考価格にはなるかなと思います。
良い点
・音質は非常に良い。同社のイーサリアルの延長線にある音で、とても明るく伸びやかな高音域の気持ちよさが印象的。
・ダルマオーディオのイヤホンは結構特徴的な音で好みの分かれる物が多かったが、恐らく今までで一番素直な万人ウケするタイプの音
・かなり明るくハッキリとした高音域を鳴らすが、非常に伸びやかな音でピーク感を感じさせない、聞き疲れのしにくい音になっているのが素晴らしい。
悪い点
・当たり前だが試作機なので造りは悪め。ダルマオーディオの製品版で造りが悪かったことは今のところ無いので恐らく問題無いだろう。
・低音は少し軽めなのでここは好みが分かれそう。

DSC00545 (2)DARUMA T-1000
ダルマオーディオ製品の中で一番素直で多くの人に好かれやすい音に感じます。音の傾向は過去にレビューしたイーサリアルの延長にある製品かなと思います。イーサリアルもとても良い音でしたが、この製品は中音域に独特の味付けがあったので好みは分かれるタイプの音に感じましたが、今回のT-1000は中音域も非常に素直で、イーサリアルのような抜けの良い明るい音を継承している印象です。

音の傾向は軽く高音域が強めの少しドンシャリ傾向です。
高音域は非常に明るくハッキリとした音を出します。明るくハッキリとした音を出すのですが、ドラムシンバルのような刺さる音を変に強調せず、全体的にピーク感の無い伸びやかな音を出してくれるので、非常に見通しが良く聴きやすいです。個人的にこのイヤホンの一番魅力のある帯域だと思います。
中音域はクセの少ない伸びやかな音を鳴らします。イーサリアルは少しボーカルの広がりに味付けがある印象がありましだか、T-1000はかなり素直な音を鳴らす印象です。ただし軽めのドンシャリ傾向により少しだけボーカルは遠めで、ここはイーサリアルに似ているかなと思います。
低音域はかなり分離が良く、それでいて音の輪郭の強調感の無い、とてもタイトでスピード感のある音を鳴らします。低音域の量感は少な目で、ハードロック等の音源では低音域にもう少し量感が欲しいなと思う場面もあるのですが、低音域の質自体は悪くないですし、全体的に分離の良いサッパリとした音が淡々と鳴ってくれるので、とてもスピード感、疾走感を出せる非常に楽しく聴ける音になっています。

T-800なんかはかなり濃い、低音の強い音でしたが、イーサリアル以降低音は少し弱めで、全体的にスッキリとした明るい音のものを多く出してくる印象で、かなり私の好みに近い音の傾向の製品を出すメーカーになりつつあります。これで変なコラボばっかしないで硬派なオーディオメーカーっぽい立場で居てくれたらもっと応援できるんだけどなぁ、、、w 

完全な試作機で量産版の音がどうなるかはわかりませんが、試作機の音はダルマオーディオの歴代の中で1、2を争う魅力的な音になっているので、製品版が楽しみです。ていうか、製品版はよだ(ry

新機種群、試聴レポ&雑記 (Devialet GEMINI 、Astrotec Lyra MINI、lyra nature limited、clariar i640)

20210424_120959
前回挙げて予想外なくらい好評だった試聴レベルの簡易レビューです。
毎回試聴レベルの簡易レポだけなのもアレなので、適当に雑談も織り交ぜながら書けたらいいかなと思っています。

いつものことですが、あくまで私の個人的な好み、主観を元に評価しています。
また、短時間の試聴であり、後々評価が覆ることも大いにあります。あくまで試聴、しかも短時間かつ店頭の騒音下での試聴ということで、基本的にアテにならない物と思って見てください。
20210625_153209 
clariar i640 参考価格135,000円 販売サイト 
元くみたてLabの人が独立?して作ったブランドだそうで、正直くみたてlabの製品に良い印象を持ったことがほぼ皆無だったのであまり期待していなかったのですが、これはなかなか良かったです。音はFitear Private333みたいな少し高音域が強めなスッキリハッキリとした音で、金属筐体のおかげか全体的に制動性が高く分離の良い音になっている印象でした。低音域は軽めなのでそこが好みは分かれそうですが、個人的には必要十分でしたし、音質的にはかなり売れそうという印象でしたね。ただ筐体がかなり大きいので耳に合わない人も結構居そうなため試聴よりも「試着」は必需かもしれません(私は装着問題なしでした)
20210625_153604
Astrotec lyra nature limited 参考価格 39,800円 販売サイト 
Astrotecの高級インナーイヤーです。このメーカーのインナーイヤーは毎回音は結構良いんだけど、この耳掛けでつけるインナーイヤータイプが絶妙に耳に合わなくて付けてられないのよね、、、w 音質はいつものlyraシリーズらしい中低域に厚みがある、全体的にゆったりとした音ですが、今までのモデルより少し音の輪郭がハッキリした音になっていて幅広いジャンルに対応できそうな音になっているという印象でした。正直こういう暖色系の音は好みの傾向とは違いますが、これはこれで良きですね。
20210625_153606
Astrotec Lyra MINI 参考価格 11,500円 販売サイト 
こちらはAstrotecのエントリータイプのインナーイヤー新作で、耳掛けタイプじゃないので個人的には使いやすい。音はlyra nature limitedみたいな濃密で広がりのある中低域の良さはありませんが、全体的にスッキリサッパリとした分離の良い音になっていて結構好印象。正直こういうサッパリした音のほうがインナーイヤーはウケると思うんだけどなぁ個人的には。そこそこ良いインナーイヤーが欲しい人には結構おススメできる製品かもです。
20210611_141754 (2) 
Devialet GEMINI 参考価格 41,380円 販売サイト
Devialetのスピーカーを所持しているので気になって聴いてきたのですが、なかなか良かったです。ノイズキャンセルの質も悪くなかったですし、何より音がかなり分離の良い力感のある、良い意味でロックに合うノリの良い音で、凄く楽しく聴ける音造りになっている印象でした。今完全ワイヤレスの話題はWF-1000XM4一色になっていて、勿論WF-1000XM4もとても良い製品でしたが、このイヤホンも候補に入れても良いんじゃないなかぁと思える実力機でした。でもまぁ、音は良いけどapt-xまでの接続で4万円超えは割高感はどうしても否めないですね。もう少し安ければ、、、

試聴レポは以上になります。今回は個人的に結構印象の良い製品が多く、特にclariar i640なんかは全くといって期待していなかったですが結構良かったです。

---------------------------------------------------------------------------
ここからは雑記です。
ローゼンクランツの会合が消滅しました。本当にありがとうございました。
Eイヤホンでの毎週店内で行われるローゼンクランツの会合が、私を含めた客たちの苦情を重く受け止めてくれたようで消滅しました。こんな面倒なクレームに誠心誠意対応していただいたEイヤホンさんには本当感謝です。まだ店内での営業活動は続いていますけど、数人で溜まっての営業はせず1対1での接客に限定するような制限をかけたようですね。正直本音を言えば、そもそもあんな会社の営業マンが毎週居るというだけでかなりイヤだし、店内での営業活動もやめてほしいのですが、まぁ怪しい溜まり場を作らなくなっただけでもありがたいです。しかし、こんな制限までつけられるってのは店からも歓迎されていないという姿勢の表れだと思うんですけど、それでも店内での活動は続けるんだなぁと正直苦笑いしています。
緊急事態宣言また出すんだってね、もう嫌になっちゃうね。
まーた緊急事態宣言を出すようですね。正直オリンピックの体裁を守るために、意地でも緊急事態宣言は出さないだろうと予想していたのですが、まさかの「緊急事態宣言下のオリンピック」を実行してきましたね。そこまでしてやるオリンピックって本当何なのかと、オリンピックに対する存在意義にかなり疑問を持つ良い機会として、悪い手本として後世に残る大会になればいいと思います(苦笑)「オリンピックは意地でもやる!お前らはオリンピックのために家で大人しくしてろ!」と言わんばかりで、快くYESと言う人ってどれだけ居るんですかね本当。
20210619_181102_LI20210619_182214  
最後に秋葉原に出来たつけ麺屋、つじ田の写真で締めです。 お店サイト 
正直最近ではどこでも食べられる、よくあるタイプの魚介豚骨つけ麺で目新しさはありませんが、麺はしっかりとコシがあって噛み応えのある美味い麺でしたし、スープも安い魚介豚骨の店と違ってしっかり濃密で良い香りのする上質な出来だと思いました。秋葉原で魚介豚骨系のつけ麺が食べたくなったら現状はここ一択だと思います。また1件アキバに良い店が出来ました。

今後もこんな感じで試聴レポを挙げていこうと思います。
まぁ、しっかり書くときもあったり、手抜きすることもあったり、色々あるとは思いますが、お付き合い頂けたら幸いです。

NICEHCK Loftyのレビュー

unnamed (81)
NICEHCK Loftyという現在29,999円で販売されているピュアベリリウム振動板を採用したダイナミック1発イヤホンのレビューです。こちらの製品はAli expressとの価格差が約1,500円と低めのためAmazonでの購入をおススメします。

販売サイトはこちら In-Canal Earbuds Rankingはこちら
良い点
・3万円以下でピュアベリリウムドライバと破格(これ以外はKBEAR Believeくらいしか現状無い)
・音質は中音域の張り出しが強い軽いカマボコサウンドで聴きやすい
・最初から6N単結晶銅の良さそうなケーブルが付属(2pin)
・同一価格で2.5mm、3.5mm、4.4mmが選択可能。バランスプラグを選んでも値段差が無いのは良い
悪い点
・絶対王者と他社の10万円以上の製品を引き合いにかなり煽ったプロモーションをしていたが、正直ちょっと無謀というレベル
・全体的に少し音の響きに飽和感があり音の分離があまり良くない
・エージング100時間推奨とのことだが、エージング後でも音はそこそで正直エージング前の音は話にならないレベル(これからのロットはエージングしてから出荷するそうな)
・過去のピュアベリリウム製品は大抵かなり高い高解像度製品だったのに対し、このイヤホンはどちらかといえばナローなサウンドなので正直期待していた音とは真逆でズッコケたw
---------------------------------------------------------------------------
unnamed (86)NICEHCK LOFTY
音質評価 75点
1、音質は結構ナローで音の広がりが特徴的なゆったりした音、悪くはないが正直価格を考えたらソコソコ。絶対王者煽りに期待して買うとズッコケちゃうかなという本音。
音は悪くはないのですが、私が基本寒色系の音が好きで、このイヤホンが暖色系のサウンドであるから低い評価になりがちではあるのですが、それを考慮しても正直約3万円という価格を考えると特別良いと言えるレベルではないというのが本音。
音の傾向は全体的にナローな刺激の少ない音です。音のバランスとしては中音域が少し強めな軽いカマボコサウンドで、適度な音の響きによる広がりのある音が印象的な優しい音造りになっています。全体的に優しいゆったりとした音でミドルテンポのポップスとかを聴くのには良いのですが、全体的に音の響きに少し飽和感があって、上手く音が伸びきらず余計な金属的な付帯音が残るのが結構気になるのと、価格を考えると全体的な音の分離や解像度はそこまで良くないのが結構気になります。
unnamed (93)unnamed (94)
音のバランス
高音域 □□□
中音域 □□□□
低音域 □□□■
2、高音域は綺麗な音は出来るのだが少し伸び切らなさがあり出音の割には少し鮮やかさに欠ける。中音域は適度に広がりのある音像の大きめな音で聴きやすく余韻が美しく感じられる。低音域は力感のある音を鳴らしており重低音域の再現度は申し分ないが分離はあまり良くない。

全体的に軽いカマボコサウンドで、音場は広めです。
高音域は綺麗な音は出ているのですが、どうも抜けの良さ、伸びやかさが欠ける印象で、出音自体は耳に明るい音で届いているのに、聴いて居てあまり明瞭さを感じられない少しもやっとした印象が残ります。
中音域は適度に広がりがあり、余韻の美しさ、響きの美しさを感じられる聴きやすい音になっています。筐体の響きが綺麗に乗ってくれるため、ボーカルの音像が少し大きめに再生される味付け感ははあるものの、適度に広がりのある聴きごたえのある聴き応えのある楽しい音を鳴らします。自然な音とはあまり思いませんが、これはこれで良い音だと思います。
低音域は重低音の再現度もしっかりとしていて力感のある音を鳴らしますが、音の響きが強めなことから分離はあまり良くないです。しっかりとドシンと身体の芯に響くような重低音が再現されているのでPOPS、アニソンくらいのミドルテンポの音源だと楽しく聴けるのですが、スラッシュメタルのようにスピード感、疾走感を求める音源では少し不満を持ちます。
unnamed (91) 
おススメ度 78点
3、広がりの気持ちいい暖色系な音で、心地よい響き感を楽しめるゆったりした音で悪くないが、全体的な音の分離の悪さや、音の響きの飽和感が気になる。正直、別に悪いイヤホンというわけじゃないが期待値が高すぎたなというのが本音。

正直この点数も私が基本的に寒色系の音を好むこともあって一般的な評価よりは辛めかなぁとも思いますが、やっぱりピュアベリリウムドライバを採用していてHCK側も絶対王者煽りをして、10万円以上の最高級イヤホンと比較してほしいみたいなことも言ったり、ちょっと期待値が高すぎたかなぁという印象は強いです。イメージとしては「売りり手側は120点くらいの実力を謳っていて、ある程度大げさに言ってるだろうなぁと思い95点くらいのものが来ると予想して待っていたら、80点くらいのものが届いた」そんな感じの製品です、、、w
暖色系のゆったりした音のイヤホンが欲しい人におススメしたいイヤホンです。期待値が高すぎたけど別に悪くはないんだよ、、、w
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
  • ライブドアブログ