メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

2018年02月

Final D8000が届きました

20180228_11552820180228_12033720180228_120350 (1)
ダイレクトショップにて購入して納品待ちだったFinal D8000が届きました、予定では3月中旬とのことだったので予定より早くなりましたね、かなり待ち遠しかったので結構テンション高めですw
Finalダイレクトショップはこちら ダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は 私のIDの「masterplan」をお使いください。

音は散々試聴して買ったのでいう事も無いのですが、文句なしに非常に良い音です。平面駆動のヘッドホンですが平面駆動にありがちな高音域の野暮ったさが無く非常にスッキリと鮮やかな高音域を鳴らしてくれますし、中低域の濃密でありながら解像度の極端な高さはパッと聴きでガッツボーズをしたくなるような良さですw Finalの製品は良くも悪くも独特な音の味を楽しむものが多い印象で、同社のSONOROUS Xとかは個人的には正直全然欲しくならなかったのですが、今回のD8000は物理特性を徹底的に高めることに努めたと言っているだけあって非常に癖の少ない基礎性能の高いヘッドホンに仕上がっていると思います。
これとは別に同社のシルバーコートケーブルも注文中なのでそちらが待ち遠しいですね。現状でも文句なしに良い音なのですが、以前ショールームのレポートでも書いたように、このヘッドホンはシルバーコートケーブルがあって完成形なのかなと思えるくらいに印象が良かったので、こちらも待ち遠しいです。

レビューはまたいずれ

七福神商事 丸七 (4BA+1DD)のレビュー

20180211_23425220180211_23430520180211_23433220180227_201551
七福神商事 丸七 (4BA+1DD)のレビューです。このイヤホンは現在24,980円にて販売されている商品ですが、付属品はイヤホン本体のみでケーブル、イヤーピースが付属しません。ケーブル類はご自身の手持ちを使うか別途購入する必要があります。また今回のレビューはMMCXモデルですが2pinモデルも選択が可能です。今回はあまりケーブルでドーピングするのも良くないかなと思いNOBUNAGA LabsのTR-SC1Sという5,000円くらいのケーブルを使い、イヤーピースはSpinfitを使った際のレビューです。
メーカー直販サイトはこちら In-Canal Earbuds Rankingはこちら

特徴等
・イヤホン本体のみで、ケーブル、イヤーピース等の付属品は一切無い。
・MMCXと2pinの両方のモデルがあり選択可能
・3枚目の画像のようにダイナミックドライバ用の音抜け穴に金属メッシュを使用している、樹脂筐体のハイブリッドイヤホンはリューターで穴を開けただけの物が多く、穴の大きさが左右で違うため音のバランスが崩れるといった不具合が起きがちなため非常に信頼性の高い構造だと思う(むしろ何故他もこういう方式を取らないのか疑問なくらい)
・装着感は付けるケーブル次第なところもあるがNOBUNAGA LabsのTR-SC1Sを使った状態では特に問題無い
・音漏れ、遮音性は一般的なカナルの平均くらいで悪くはない、金属メッシュ部が結構大きいので音漏れは心配だったが特に問題無く感じた

音質評価 □□□□□ 88点
・音質は文句なしに良い、24,980円という価格であれば本体のみでも文句なしにお勧めできるし、今回のNOBUNAGA LabsのTR-SC1Sを含めた約30,000円という価格でも高い満足感を得られると思う。
・音の大まかな印象は「広い音場と適度に余韻のある良い意味で音楽的な音のイヤホン。中、低音の情報量の多さと力感が素晴らしく非常に深みのある中低域を鳴らし、それでいて高音域は曇り感が無く鮮やかな音を鳴らす」
・音の傾向は少し低音寄り
・音場は少し広め、中低域の適度な音の広がりと合わさって窮屈感の無い音場を形成してくれる
・高音域は曇り感の無い鮮やかな音を鳴らす。低音域の量感が強めなため高音はどうかなと思ったが、音の抜けが良いおかげか全く問題なく曇り感の無い鮮やかな音を鳴らしてくれる。高音域は刺さりが少なくドラムのシンバル音などに耳につく感じは無いのだが、それでもきちんと煌びやかな高音域の質感は再現してくれる(個人的にはもう少し刺さるくらいでも良いのだけども)
・中音域は伸びやかなスッキリとした音を鳴らす。ボーカルは適度に音の広がりがあり聴きやい音になっているのだが音の抜けが良いおかげで強調感や音にくどさが無く、聴きごたえのある伸びやかな声として再生してくれ、なかなか絶妙なバランスかなと感じる
・低音域は少し膨らみがあり、濃密で力感のある音を鳴らす。音の情報量が多く非常に重厚な音を鳴らしてくれており重低音まできっちりと再現された力感のある音を鳴らしてくれており、非常に美味くハイブリッドの利点を生かせている音だなと感じられる。音の分離も良いため、ドライバを多く積んだイヤホンにありがちな「濃密っていうかゴチャゴチャしてるだけ」みたいな音とは違い、きちんと整理された1音1音の音の粒を確認出来るような解像度の高さがあるため濃密でありながらきちんと整理された音を聴くことが出来る。
・音の分離は比較的良好なほうであり、大抵のテクニカルデスメタル音源等も問題無くしっかり鳴らしてくれるのだが、一部の極端に音の分離は必要とする音源は厳しい印象がある。確認した中ではinferiのA Betrayal Unfortoldは問題無く分離して再生されるがCryptopsyのtwo pound torchでは少し音が被る場面を感じられた。
・相性の良い音源は、デスラッシュ、ハードロック等の低音域の重厚感が合う音源やポップス、明るいアニソン等適度な音の広がりが合う軽快な音とも相性は良い
・相性の悪い音源は一部のテクニカルデスメタルや、オーケストラ音源等はもう少し音の分離が高いほうが楽しく聴ける印象がある。

音のバランス
高音域□□□□
中音域□□□□
低音域□□□□□

オススメ度□□□□□ 89点
・音は非常に素晴らしく、本体のみ24,980円という価格であれば文句なしにお勧めできるイヤホンだと思う。本体のみでケーブルやイヤーピースも付属しないという思い切った割り切り方をしたイヤホンだが、その割り切りの良さがきちんと価格に反映されているんだなと思える満足度の高い音を鳴らしてくれる。
・個人的には3枚目の写真のような音抜け穴に金属メッシュを採用していることが非常にポイントが高い、どうも安いハイブリッドイヤホンはこの音抜け穴の左右の違いで左右バランスが崩れていることが多い印象なので、こういった信頼性の高い構造は非常に印象が良い(本当何故これが主流じゃないんだと不思議に思うくらい)
・濃厚な音、重厚な音というと全体的にゴチャゴチャした籠り気味な音の物が多い印象で正直苦手意識もあったのだが、このイヤホンは重厚でありながら音の分離が良くデスラッシュ音源等を非常に楽しく聴けるため重宝している。
・良いハイブリッドイヤホンを探されている方、濃厚な音でありつつ分離の良い音のイヤホンを探されている方、聴いていて楽しくなれるイヤホンを探されている方等に強くお勧め出来るイヤホン。

Artio CU1が届きました

20180223_11101420180223_11115420180223_111329
予約注文していたArtio CU1が届きました。以前ポタフェスで試聴した時から欲しいと思っており久しぶりに待ち遠しかった製品です。

このイヤホンの特徴は3枚目の画像のようにノズルと直角にドライバが設置されており耳に付けた際にドライバが前方に来るようになっています。別に前方にドライバが来るからといって前方定位になるわけではないのですが、それでも音場は普通のイヤホンらしからぬ自然な広さがあり、それでいて音質もきちんと自然な音を実現しているのが非常に好印象です(こういう変わり種な構造のイヤホンって大抵独特な音だから)
また、音場の表現力だけでなくドライバをこういう設置をしているおかげで、音自体はきちんと明瞭な音を出しているのに聴き疲れもし難い印象で長時間聴いていても違和感がありません。まだ鳴らし始めたばかりですが個人的には久しぶりにらテンションの上がるタイプのイヤホンですね。個人的には万人受けする音造りを目指したプラ筐体のPianoForteが出来たらこういう製品になるんじやないかなぁと思っており、1つの理想形なイヤホンだと思っています。

レビューはまたそのうち。

HCK DT300のレビュー

20180104_11205420180209_000428
HCK DT300という現在15,900円にて販売している3BAイヤホンです(16,500円と表示されていますが、キャンペーン等で購入画面に行くと600円引かれています)
今回はamazonのみの販売のようなので合言葉での割引等はありません

特徴等
・MMCXリケーブル対応
・標準で銀メッキ銅ケーブルが付属
・装着感は中々良い、SE535あたりと装着感はかなり似ているため、そちらのが問題なければDT300も問題無いと思う
・遮音性は中々良い、音漏れ等は基本的に気にする必要はないだろう。

音質評価 □□□□■ 60点
・音質はそれなりに良さを感じられる音だが、売り文句であるSE535とは全然違う音なので似た音を期待しないほうがいい。535はタイトな音に対しこちらは中低音域の濃厚さが印象的な音。
・音の大まかな印象は「中低音域の濃密さが印象的な3BAらしい音、中低音域が適度に厚みのある音を鳴らし趣のある音を鳴らしてくれるが、スッキリした高音域が好きな人としてはもう少し高音域の明瞭は欲しかった印象」
・音の傾向は少し低音域寄り
・音場は広め、535がタイトな音だったのに対しゆったりとした音造りなため音場も広めに感じる
・高音域はゆったりとまろやかな聴きやすい音を鳴らす。ドラムのハイハット音のような耳に刺さる音もきちんと鮮やかさを保ちつつも刺さらずに耳に届く。LZ-A5やRHA CL1のような刺激的な高音域が好きな身としてはもう少し刺激が欲しいという本音もあるが、ここは良くも悪くも多BAらしい音かなと思う。
・中音域は少し広がりのあるゆったりとした音を鳴らす。ボーカル帯域の音は中々趣がありバラード音源やポップス音源は聴き入ってしまうようなフワッと広がる音が心地よい。
・低音域は少し柔らかい音を鳴らす。ポップスやロックといった音源の低音域と相性が良く、重低音までしっかりと再現された重みがありつつ濃密のある低音域を鳴らしてくれる。ただデスメタル音源等とは相性が悪く、テクニカルデスメタル等では音数に追いつかずに音が被る印象がある
・相性の良い音源はポップス、ゆったりとしたアニソン、ロック音源等。中低音域の濃密さと、フワッと広がるボーカル帯域の気持ちよさから、ボーカルが主体のゆったりとした音源との相性が良い。
・相性の悪い音源はデスメタル、スラッシュメタル等の音の分離や疾走感を重視する音源とは相性が悪い

音のバランス
高音域□□□□
中音域□□□□
低音域□□□□□

オススメ度□□□■ 60点
・中低音域の濃密さとボーカル帯域の温かみのある音はなかなか好印象なのだが、デスメタル聴きとしてはもう少し音の分離が良いほうが好みなためこの点数。
・SE535とはかなり違う音で、どちらかと言えばWestone3あたりのほうが私のイメージとは近い、非常に濃密かつ重みのある低音域を鳴らしてくれる機種。
・ボーカル帯域が胆となる音源とは相性が良く、アニソン等を聴く際は非常に楽しく音楽を再生してくれるので、そういった音源をメインで聴かれる方にお勧めしたい。

Zishan Z3のレビュー

20180108_153804 
Zishan Z3です。
通常価格は49ドルですがいつも通り合言葉の「METAL」を伝えて頂くと42ドルにて購入可能です。
販売サイトはこちら 割引方法はこちら  

まず最初に良い点と悪い点を簡単にまとめておきます。 
良い点
・42ドルという値段でありながらDACチップにAK4490を採用(AK300とかと同じ)
・ラインアウト搭載でポータブルアンプと組み合わせが可能
・単体の音もなかなか良い、タイトでスッキリとした癖の無い音を鳴らす
・オペアンプソケット式で交換可能、しかも初期オペアンプでも十分音が良い(分解した結果として壊れたりしても保証対象外)
・操作性は癖はあるが良好
・USB DACとしても使用可能
悪い点
・ある程度操作感は慣れが必要
・駆動力はそこまで無いので大型ヘッドホンを直刺し等は厳しい
-------------------------------------------------------------
20180108_154019
1、音質は良好、AK4490を積んだおかげかノイズの少ない非常に高解像度な音
音質は非常に良いです、今まで低価格のDAPを色々と触ってきましたが私見ですがZishan Z3の音質は頭1つ抜けているように思います。50ドル以下のDAPはどうもドンシャリな音で誤魔化しているものや、音質はそれなりでもノイズが多々入りボタンを押すたび、次の曲に行くたびノイズが入るような製品が多いです。しかし、このZ3はそういったノイズが確認できず、高解像度で非常に癖の少ない良い音を鳴らしてくれます。
流石に駆動力面はあまり無く単体でヘッドホン等での使用は難しいですがイヤホンで使用するのであれば、この音質で42ドルというのは本当に驚異的かと、、、大きさも手ごろですのでメインに高級なDAPを所持されている方のサブDAPとして非常に優秀だと思いますし、何よりその役割を担える音質を備えていると思います。
20180127_214527
2、オペアンプの交換で音質の変化を楽しめる(標準オペアンプでも十分良い音を鳴らす)
オペアンプがソケット式になっており交換することで音を変えて遊ぶことが出来ます。元々のオペアンプはLM4562NAが入っているのですが、こちらのオペアンプでも十分音が良いので無理に変えることはありません。同社のZ2も同じオペアンプを使用しているのですが、正直こちらはハイ上がりで使い物にならない印象があったのでZ3では低音を少し強めの音に改良してきたのかなという印象がありますね、ただの個体差である可能性も否定できませんが、私の印象としてはZ2よりZ3のほうが標準時の音質は断然上だと思っています。(Z2はOPA2604等の低音強めなオペアンプを使用してやっとバランスが取れるという印象でした)
  
3、操作性は慣れが必要だが良好。そして意外に多機能
操作性は音量を下げる際は「上」ボタンを押して音量調節画面に入ってから「下」ボタンを押す等慣れが必要な点はありますが、非常に軽快で良好な部類だと思います。きちんと言語は英語などにも対応しており、日本語もたまに文字化けするものもありますが基本的にはちゃんと表示してくれますし、動作自体も軽快です。
また、この価格では珍しくグラフィックイコライザ、DACフィルタ選択、USB DAC機能まで備えております。グラフィックイコライザで細かな音質を設定し、DACフィルタでも自分の好みの音に近づける事が出来ると思いますし、USB DACでパソコンから音楽を再生出来るしと低価格のDAPとは思えない至れり尽くせりな製品だと思います。

20180108_155442 (1)20180108_155733
4、ラインアウトに対応、Teclast T51の代替機にもおススメ 
ラインアウトに対応しとておりポータブルアンプとの接続が可能です。こちらのラインアウト端子はボリュームが効くタイプになっていますので音量を最大にしてポータブルアンプに繋いであげるといいと思います。
写真を見てもわかるようにZishan Z3は小型なため色々な小型ポータブルアンプと非常に相性が良く、特に1枚目のHeadamp Picoとの組み合わせは「このサイズの製品を待ってた!」と言いたくなるくらいの丁度良さで驚きました。音質面も非常に良く、大分前にTeclast T51がポータブルアンプとの接続で流行りましたが、個人的には音質はZishan Z3のほうが上に感じます。非常にクリアで高解像度な音をポータブルアンプで実現してくれるためT51の代替機としても非常におススメです。
20180219_024016 20180116_211631
5、単体使用でもポータブルアンプとの使用でもおススメ出来る、文句なしの名機
単体使用でも十分良い音でサブ機だけでなく低価格メイン機としても十分使える音質を持っていますし、ポータブルアンプとの接続では「こういう機種を待っていた」と言いたくなるような丁度良いサイズ感でありながら音質もTeclast T51以上に感じられる非常にレベルの高い機種です。ポータブルアンプの最大の難点はDAPと組み合わせた時の「大きさ」だと思います。これまでも「音は良くなるけど、この大きさなら持ち歩くの面倒くさい」となってしまいポータブルアンプを死蔵させてしまっている人も多く居るのではないでしょうか。そういった人には是非このZishan Z3をお勧めしたいです。間違いなく50ドル以下のDAPでは現状頭一つ抜けた出来の良さを誇る名機だと思います。
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
  • ライブドアブログ