メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

2016年08月

10proとEL SOUND電源を購入 /Head-Fi Japanって結局何やねん

Cq2ki0mVYAET0w_ 
Ulitimate Earsの10proとEL Soundの強化電源を大井競馬場のフリーマーケットで購入しました。

10proは過去にも所持していた機種なので特に感想はありませんが、昔聴いた音よりも良い音に感じるのが不思議ですw良くも悪くもも濃密な音ですね。
EL Soundの強化電源は対応機材が手持ちだと無いので、そのうち改造するなりしてみようかなと思います。ボロボロだしねw

大井競馬場のフリーマーケットは日本では最大級規模のフリーマーケットなのだそうで、大井競馬場の駐車場にて行われます。他のフリーマーケットとは雰囲気がかなり違い、良くも悪くも多くのゴミから掘り出し物を見つける楽しみのある会場で、出品者も外国人の方が多めで日本語が通じないなんてことも頻繁にありとても独特の雰囲気の会場です。EL SOUNDの電源も購入時に出品者の方から「ちなみにコレ何なの?」と聞かれたりして、本当独特な会場だなぁとw ハードオフも真っ青なボロボロジャンクだらけのフリーマーケットですが、一度行ってみると面白いかもしれませんw

--------------------------------------------------------------
Head-Fi Japanって結局何やねんってのを少し書きたいかなと思います。基本的に個人的な不満ばかりで有益な情報は一切無いので見たくない人は早めに退散してくださいw

Head-Fiはもう言わずと知れた海外の大フォーラムサイトで、私もHead-Fiから多くの情報を得ておりますが、自分が英語はかなり不得意であるのもあり日本で同様のフォーラムが出来るならと最初の発表が出てきた時には結構期待したものです。
しかし、その発表からすぐのヘッドホン祭でのブース展開で落胆させられます。こちらの記事を見て頂ければ私のガッカリ具合がよくわかるかと思いますwですが、まぁ今後良いフォーラムサイトになるかもしれないし、やたら古臭さの残るサイトも現状のはベータ版だからという事でほんの少しの期待は残していました。

そして、 暫くしたらHead-fi japanのほうでサイトの使用感等の感想を求めるモニターテストが開始されました、何故か運営の方では無く大手個人サイトの方の発表で、、、まぁ、知名度を上げるために行ったのだろうと思えば理解出来なくはないので、ここもモヤッとした感情は持ちつつも理解は出来ました。(告知とかは公式で書けよと凄く思いますけどね)
まぁ、そういった告知に対して一切無反応で日常を呟き続けるtwitterのモデレーターアカウントはサッパリ理解出来ませんが。

その後も、Head-fi japan編集長とやらがTwitterで変な噛みつき方したり、Hifimanのファンミーティングでヘッドホン当てたと空気読めないツイートしてたり色々と「何だかなぁ」と思う事は続きました。
しかし何より理解出来ないのは、未だにベータ版のサイトなのだそうですが、ベータ版のサイトの更新が殆ど無く今までほぼ放置状態な事。モデレーターは改善点があれば教えてほしい等とアナウンスしていますが、更新されないサイトに改善点もクソもあるのだろうか。

何か新しい行いに対しては肯定的に見てなるべく応援してあげるべきと考える人が多いようですが、私は現状そういう気持ちにはなりません。理由は簡単でこのサイト単体で見た時に仮に「Head-Fi」という大きな看板名が無いサイトだった場合、現状のこのサイトを応援しようと思う人がどれだけいるでしょうか。既に話題にすらされない状態なのではないでしょうか(現状Head-Fiの名前があっても話題にならなくなってきていますが) 

最近色々と「何だかなぁ」と思う事が続いており、個人的には期待をほぼ完全に捨てましたが、皆さんはどうなんでしょうか?
皆さん、今もHead-Fi Japanに期待していますか? (皆さんと問いかけるほど、うちのブログ見てる人は居ないと思うけど)

Raspberry Pi3を購入しました

IMG_20160817_031505IMG_20160815_195741IMG_20160815_195814
最近手持ちのPioneer N-50がどうも調子悪く電源が付かない事がたまにある状態なので、お手軽なネットワークプレーヤーとしてRaspberry Piを買ってみました。基盤はamazonから、ケースはAli expressからの購入で合計6000円くらいだったと思います。基盤もAliから輸入した場合は5000円くらいで済むので本当に破格ですね。
IMG_20160827_033549
私はコンピューターの知識が殆ど無いため、初心者にも扱いやすいと評判のVolumioを導入してみました。
導入方法は解説サイトが沢山あるので詳細は省きますが、手順としては
Volumioの公式サイトからVolumioをダウンロードする。
②Win32DiskImager等のソフトを使い、ダウンロードしたファイルをSDカードに書き込む
③書き込んだSDカードをRaspberry Piに入れて起動
④同一ネットワーク上のパソコンやタブレット等のブラウザから「http://volumio.local」にアクセスして設定や操作をする。
これだけです。本当に簡単すぎて、こんなんで音出るようになっちゃっていいの?と思えるほどでしたw

Raspberry Pi3→USB DACで接続していますが、特に設定なども必要なくUSBケーブルを挿すだけでDACを認識して音を出してくれますし本当に手軽ですね。手持ちのAune S16とifi micro iDSDは何の設定も必要なく使用可能でした。

音はまだしっかりと聴き込めていませんが、とりあえずN-50では出来なかった楽曲の早送りが出来るようになり、クラシック音源等の長い音源を再生する際の便利さに少し感動していますwこれが5.6千円で手に入るな本当破格ですね。

細かいレビューはそのうちするかもです。

SATOLEXの白い試供品イヤホンを知り合いの方から頂きました

IMG_20160815_003549 
SATOLEXの白い試供品をTwitter等でお世話になっている方から頂きました。

SATOLEXのインナーイヤーイヤホンというと販売用のKuroiyatsuが試聴した感じ「ちょっとコレ酷くね?」と思える出来だったので、巷のこちらの白いイヤホンの評判の良さもかなり懐疑的に見ていたのですが、こちらのイヤホンはなかなか良かったです。スッキリとした綺麗な音で仮に1000円以下で売られたら人気機種になっただろうなぁと思える音でした。しかし試供品のほうが断然音がいいってのは一体どういう反応すればいいんだろうか(^^;)(ちなみに販売用のイヤホンをあまり良く思えなかったのは、このイヤホンをくれた方とも共通意見だったので少し安心したり、、、w) 

販売されそうに無い物レビューしてもアレなので、レビューは気が向いたらします。

HCK DZ7が届きました

IMG_20160822_182743IMG_20160822_165028IMG_20160822_165104IMG_20160822_164517
HCK DZ7を購入しました。販売サイトはこちら 

6BA+1DのイヤホンでドライバはHCK曰く「30017+31116+31116× 2 +1 Sennheiser DD」とのことです。ゼンハイザーってとこは眉唾物と思っておいたほうがいいかなw私は基本的にBAよりダイナミック派なのでBA大量系のイヤホンはあまり興味無いのですが、このイヤホンは「低音が少ない」というレビューをちょくちょく見かけたので、自分の好みの方向のイヤホンかも?と思い買ってみました。

音はなかなか良いです。前評判通り低音は少な目ですが個人的には必要十分に感じます。ER-4Sの低音量を必要十分に感じる人はこのイヤホンの低音量も問題無いんじゃないかなと。それよりもBAを6個も積んでおきながら高音域がとても綺麗で曇りの無い音な事がとても好印象です。
今まで聴いた事の無いタイプのイヤホンで高音域の音の情報量がとても多く、濃い音でありながら細部まで音の粒がハッキリと感じられるような音です。7個もドライバを使ってここまでスッキリとした音のイヤホンって初めて聴いたかもしれません、というかドライバ増えると何で低音過多で篭り気味のイヤホンが増えてくるんでしょうね(^^;)

HCK曰くこのイヤホンは200時間以上のエージング推奨でエージングが進むと低音が出てくるとのことですが、むしろ個人的には鳴らし始めの音のバランスが結構好きなので逆に心配になったり、、、w鳴らし始めの時点では全体的に少し広がりのあるゆったりとした音なので、メタルよりポップスやらアニソンとかと相性が良さそうな印象。エージングでもう少しシャープな音になってくれたら個人的には満点かな。
「濃い音が好きだけどもBAを沢山積んだイヤホンはどれも篭って聴こえる」なんて思っていた人にオススメしたいイヤホンですね。まぁ、まだエージング前なんだけどもw

レビューは200時間程度のエージングが済んだ後に 

DICCUE HB100が届きました

IMG_20160817_103505IMG_20160817_103527IMG_20160817_103614
DICCUE HB100を購入しました。過去にレビューした
HB100と基本的には同じなのですが、私のHB100はアルミ筐体で頼んだので国内仕様のステンレス筐体の物も気になったので購入してみました。私のはまだ流通前の試作機に近い段階の製品だったので色々仕様も違ってそうだったので、そちらも気になったのでね。

音はなかなかいいですね。 私の手持ちのアルミ筐体のHB100より今回のステンレス筐体のほうが断然音はいいです。しっかりと制動の取れた音で1音1音がとてもハッキリとしていますし、低音の質もしっかりと締まりがありながらも重みのある良い力感のある音が出ています。ただ同社のステンレスHB120と高音域の鮮やかさとかが少し無く、少し中低域に寄った音造りとなっていますね。聞き比べてしまうと私はHB120のほうが好きかな(メーカーはHB100のほうが良いと言ってたと思う)

ただこのHB100とほぼ同じと思われる製品はRemax  RM-800MDという製品でOEMとして販売されているので、安く買いたい方はこちらをお勧めします。ただRemax  RM-800MDはリモコンマイク付きでケーブルも少しグレードの低い物になっていそうですので、少しでもグレードの高い物が欲しい方は国内から買ってもいいかも。 
Remax  RM-800MDはこちら 

また、これと一緒に国内販売が開始された
DICCUE DUA100というモデルですが、こちらはケーブルも含め殆どSENFER VT66と同じと思われますので、こっちは値段差がありすぎるので迷わず輸入をお勧めします。流石に仕様が殆ど変わらない物が価格差3倍で出てりゃ国内の勧めようがないです。
SENFER VT66はこちら  

基本的な音はアルミHB100の派生で似た音なので、レビューは気が向いたらします。
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ