メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

2015年12月

Xduoo X3を入手

DSC_0105 (1)CXcqQnSUQAAipphDSC_0107
Xduoo X3をtwitterでお世話になっている方との物々交換にて入手しました。

X3はマイクロSD2枚刺しが出来て、ラインアウトが出来て、価格は110ドルほどとなかなか魅力的な機種です。個人的にはやっとT51以来の良い低価格のポタアン接続に使えるDAPが出てくれたなと思います。 厚みもあまり無く、少し細身なためPico等のヘッドホンアンプと合わせるととても収まりが良いです。3枚目の画像のように再生画面で日本語が謎の中国語で表示されたり難点はあるのですが、音はなかなか良いですし重宝しそうなDAPです。(選曲ではちゃんと日本語が表示される)

レビュー等はまたいずれ 

Seiun playerとolasonic tw-s7とwirewrold gold starlight6を入手

DSC_0043 (1)DSC_0003BlogPaint
Seiun playerとolasonic tw-s7とwirewrold gold starlight6を入手しました。

Seiun playerはポタフェス会場にて、olasonic tw-s7とwirewrold gold starlight6の同軸ケーブルはハードオフにて掘り出し物があったため

Seiun playerはなかなか良いですね。低価格でありながら24/192kまで対応し、音も低価格にアリがちなドンシャリで誤魔化されているような感じが無く、癖が少ない真っ当な音が鳴っている印象です。付属で付ける事の出来たイヤホンのFORTE CLASSIC SOPRANOも最初は高域が目立ち過ぎてあまり良い印象が無かったのですが、しばらく鳴らしてみたら全体的に音が落ち着いて伸びのある音になってきて、今ではなかなか好印象です。ただ残念なのは本体にスピーカーが付いている事ですね、曲を停止してからイヤホンを外さないとスピーカーから音が流れてしまうので慣れるまでは外でやらかすかもしれませんw

olasonic tw-s7はたまたま破格で出ていたので購入しましたが、これは中々良いですね。実売1万円を切るスピーカーで、かつUSBから音や電源を取るので、手軽なPCオーディオ環境として凄く優秀だと思います。音は小型にしては結構低音がしっかりと出ており音場も自然で結構気に入ってます。

wirewrold gold starlight6の同軸ケーブルは異常な値段で売られていたので購入してみましたが、、本物かなぁ?w 代理店のナスペックのシールが貼ってあるし音も良いので、まあ本物だと思う事にしますw今まで使用していたtimelord absolute2と比較すると、音の明瞭さは劣りますが、高音域の伸びやかさはgold starlight6のほうが上かな?結構好きな音色だったので今後も使っていくと思います。

レビュー等はまたいずれ(wireworldのは本物か怪しいからレビューしませんw)

 

ポタフェス2015に行ってきました。

DSC_0004 
Eイヤホンさん主催のポタフェス2015に行ってきました。このポタフェスが増えてからポータブル系のイベントは本当に頻繁に行われるようになりましたね。何だかんだいいつつも毎度結構楽しませてもらっていますw
 
ここから、ポタフェスで試聴したものの感想を書いていきます。 
毎回のことですが、あくまで試聴、しかも短時間かつイベント会場の騒音下での試聴ということで、基本的にアテにならない物と思って見てください。 
DSC_0053 (1)DSC_0054 (1)
acoustuneさんのブースです。
試作品のHS1002のチューニング違いのモデルと、完全新作のES2?の試作品を展示されていました。HS1002はなかなか良かったですが、正直私としてはこのメーカーはHS1003の印象が圧倒的に良かったので、ちょっと今回のHS1002ももう少し芯のある低音が欲しいなぁとか思いながら聴いてました。完全新作のほうはまだまだ音が定まっていなそうな感じだったので何とも、筐体はカッコよかったです。
DSC_0048 (1)DSC_0049 (1)
ELECOMのブースです。
ハイブリッドイヤホンのEHP-R/HH1000Aと液晶ポリマー振動版のEHP-R/OH2000です。ハイブリッドのほうはまぁまぁ良かったのですが、液晶ポリマーのほうは正直ちょっと期待外れかなぁ、音はそこそこでしたけど装着感や筐体の安っぽさが気になりました。ハイブリッドのほうも悪くはないけど、同社のAquaが出来が良すぎたので期待し過ぎた感は正直。。。でもエレコムは最近良いオーディオ製品をちょくちょく出してくれるので今後にも期待ですね。
DSC_0060 (1)
luxury&precisionのl5proです。
luxury&precisionのl5のマイナーチェンジモデルですが、操作性は段違いに良くなっていましたね。UI自体は大差ないのですがL5と違ってタッチパネルの感度がまともなため、比べるまでもなく断然L5proのほうが良いと言い切れるレベルで良くなっていました。音は基本的にはL5に似ていますがL5よりも少し落ち着いた音かな、L5が良くも悪くも元気すぎる音だなぁという印象があったので、音の面でもL5proのほうが好印象でした。
DSC_0062 (1)
ELEKITのTU-HP02です。
フルディスクリートアンプでありながら、真空管アンプのような音作りを目指したポタアンとのことですが、音はなかなか良かったです。駆動力が高く透明感のある音が印象的で聴きやすい音でしたね。 
DSC_0066 (1)
HIFIMAN HM901Sです。
どうも展示機は動作が安定せず、何かカーソル1つ移動するごとに音が途切れたりしてたので自分の触った個体が何かおかしかったのかな?初代HM-901は問題無く使えていましたし。音はクッキリハッキリとした明瞭な音でなかなか良かったです。操作性に関して今度店頭試聴機とかでもう1度触りたいですね。
DSC_0057
1964earsのADEL A12です。
これが33万円かぁ、、、何か音が篭り気味で良い印象はあまり無いです。こういう沢山BA積んだイヤホンは本当に印象良くない物が多いですねぇ、、、、これで33万かぁ、、、、、、
DSC_0059 (1)
JHのTriFiです。
思ってたよりも10proっぽさの残る音でした。低音のモワッとした感じとか良くも悪くも凄く10proっぽい。10pro自体がそこまで好きじゃなかった自分としては正直あまり良くは感じませんでしたが、10proの音が好きだった方には結構良い選択肢なんじゃないかなと思いました。何だかんだいっても10proみたいな音のイヤホンって他に無いですからね。 BA系は似たり寄ったりな音の機種が本当に多いので、好みは別としてああいう個性のある音作りのイヤホンは好きです。
 BlogPaint
SeiunのDAPです。
クラウドファンディングで出資募集していたモデルに似ていますが、ポタフェスに展示されていた物は内臓32GのみでマイクロSDスロットの無い別モデルでした。同社のイヤホン込みで5000円で販売されていましたが、音はなかなか良かったです。流石に価格が価格なので、高級機に匹敵するとかは言いませんが、この価格帯にありがちなドンシャリな音造りで誤魔化されてるような感じが無く、至って普通の癖の少ない音が鳴っているのが大変好印象でした。いや本当にね、この価格帯のDAPでこれだけ真っ当な音が出るって凄いことですよ。これは会場内で入手したので、そのうちレビューを書くと思います。
DSC_0050
FLCのFLC8Sです。
基本的にはケーブルが変わったマイナーチェンジ機なのですが、ケーブルのグレードが上がった分高音域のキレ味が良くなり、とても鮮やかな音が出るようになった印象です。その反面少し金属的な音が増えたので、派手目な音が苦手な人だと初期FLC8のほうが好きっていう人も多いかも?と思いながら聴いていました。結構ホシイ
DSC_0046
Blue Ever Blueのmodel1200です。
正直このメーカーのイヤホンは強ドンシャリな機種が多くあまり良い印象が無かったのですが、このmodel1200はかなり良かったです。これも軽めのドンシャリではありますが、このくらいのドンシャリなら楽しく聴ける範囲内ですし、全体的に明瞭で、低音域もとても引き締まった音が鳴っており、これで1万2千円くらいの価格ということなら、かなり良い選択肢になるなと感じました。
DSC_0051DSC_0052 (1)
GGMMのHummingbirdとCuckoo Max Performanceです。
両方共、物凄く音が篭ってて何コレ感が凄かったです。 前者が約1万、後者が約1万5千円くらいとのことですが、それは無謀でしょうという印象、2秒くらい試聴して苦笑いして席を立ちました。(つーかググったら米アマで3分の1くらいの価格で売ってるイヤホンじゃないですか、、、)
DSC_0045 (1)
マス工房さんに置いてあったAKG K1000です。
早々お目にかかれる機種ではありませんね。まさか、こんなものが聴けるとは思っていませんでした。音は予想を大幅に上回る良さで、ジャズ音源が鳴らさせていましたが、ウッドベース等の沈み込み、音の密度、音の伸び、何を取っても素晴らしく「うぉぉ」と自然と声が出るほどでした。K1000ってこんなに良い音出すんですね、ちょっと欲しくなりましたよ。ちなみにマス工房さんのmodel404というアンプに繋がれていたので、その恩恵もかなり受けているとは思います。いやぁ良い、これをヘッドホンと呼んでいいのかは悩みますが、価格を抜きに今まで聴いたヘッドホンの中で1,2を争う圧倒的な音でした。
DSC_0013 (1)
QuestyleのQP1Rです。
もう音は過去に何度も書いた通り、文句なしで良いのですが、今回はホイールが改善されたバージョンということで少し触ってみました。確かに過去の展示機よりずっとホイールは回しやすくなったと思います。ただ、大分回しやすくなったとは思いますが、少し押し込むように力を入れて回さないといけないのは以前同様なので、そこは少し慣れが必要ですね。んー結構欲しいw
DSC_0012
 FinalのSONOROUSⅡです。
個人的にはSONOROUSⅢよりこっちのほうが好きかもと思いながら聴いていました。アッサリとした音で全体的にタイトな音を鳴らしてくれ、スラッシュメタル等の音源と相性が良かったですね。SONOROUSⅣ、Ⅲを検討するなら、価格を抜きにこのSONOROUSⅡも候補に入れて試聴したほうが良いと思います。まだ製品版になるまでわかりませんが、今のところ私はⅣ、Ⅲ、Ⅱの中ではⅡが一番好きな音。 
PHOTO_20151219_175347
CowonのPlenueSです。
最近の高級DAPにありがちな奇麗系サウンドではなく、結構しっかりと芯のある低音がガツッとくるタイプで結構好印象だったののですが、値段は23~25万円とのこと。悪くは無いけど勝手にPlenue1の後続機なのかな?と思って試聴していただけに価格聞いた後に「あ、、、25万ですかぁ、、、」と返答してしまいましたw 音の方向性的には個性があって悪くないと思いますし、良い選択肢の1つにはなるかなと思います。値段は高いけど結構アリかも
DSC_0016 (1)
 CowonのPlenueDです。
29,800円と比較的安価で、小型サイズの音質に拘ったプレーヤーです。「こういうのを待ってたんだよ!」と思われた方も結構多いのではないかなと思われる機種ですが、音もなかなか良かったです。少し高音域の伸びの足りなさが気になりましたが、全体的に癖は少な目の音色ですし使い勝手の良いDAPという印象でした。29,800円という価格、携帯性、バッテリーの持ち等総合的にかなり優秀なDAPなのではないかなと思いました。こういう大きさのDAP今後も増えて欲しいですね。 
 
試聴の感想は以上となります。
ここからは少し苦言となりますが、今回のポタフェスではイベント開催中に会場内の飲食スペースで業界関係者達が集まって酒を飲んでいるようなのが見られ、中には出展者証を首から下げたまま酒を飲んでいるような人も居て苦笑いしてしまいました。 あのままブースに戻って接客するのかなぁ?論外でしょうと遠巻きに見て苦笑いしていたのですが、その光景を自分たちでSNSに流しているようで、業界関係者達が会場内で酒飲んでる画像が定期的にRTで回ってきて、何だか自分の考えのほうがおかしいのかな?と段々頭が痛くなってくるようでした。
最近、ポータブルオーディオ関連は非常識な行動も「ノリが良い」とか言って済まされたり、肯定的にとられたりすることが多くあり、凄く違和感を感じています。勿論常識という物は人によって違いがあることは承知しており、その点を否定するつもりはありません。ですが、今回のような事が軽く済まされたり、肯定的に取られるようにはなってほしくないと個人的には強く思うのです。
年々こういう呆れるような事が増えている印象があります。 別に特別なことを望んでいるわけでなく、至って普通な良識のあるポータブルオーディオ業界であってほしいと切に思います。数年前はこんな変な感じじゃなかったと思うんですよ本当に、、、

最後に苦言となってしまいましたが、ポタフェスのイベント自体は大変面白い物でした。最初の頃はヘッドホン祭りの直前開催を後から発表したりと、あまり良くない印象もあったのですが、ここ何回かのポタフェスは純粋に楽しめる、とても有難いイベントになったなと思っています。
来年のポタフェスも楽しみにしています。

Aune M2proのレビュー 2016/05/06 M2の割引価格訂正

DSC_0162
AuneのM2proです。メーカーサイトはこちら
価格は通常版が349ドル、このpro版が499ドル、最上位のM2Sが649ドルとなっていますが、いつものHCKさんから割引情報を頂きM2を299ドル、M2Proを419ドルで販売して頂けるそうです。いつも通り合言葉は「METAL」です。 M2はこちら M2proはこちら  (M2の価格が間違っていたため修正しました、申し訳ありません)

モデルによってのスペックの違いは
M2、M2pro、M2Sの違いはhead-fiのこちらの情報によると
M2 $349 :2x Japanese NDK 2520 crystals 
M2 Pro $499 : 2x USA crystek CCHD575 crystals, different OP-amp combination 
M2S $649 : Upgrade of M2 Pro. Same spec as M2 Pro, but with different colors, and Satellite-level, Teflon PCB substrate.
となっています。
BlogPaint
最初に良い点と悪い点を簡単にまとめておきます。
良い点
・音の満足度はかなり高い。
・操作性は癖があるが、レスポンスが良く良好
・日本語の文字化けは確認した限りでは問題無し(今後配信されるファームウェアを適用した場合)
・DACチップにAK4490を採用
・DSDのネイティブ再生に対応
悪い点
・少し駆動力が弱い印象があり、イヤホンだと大変好印象な物が多いのだが、大型のヘッドホンだと音が薄くなる印象がある。
注意点
・アートワーク非対応
・この価格帯の製品には珍しく、デジタルアウトの機能が無い。(ラインアウトはある)

ではここからは詳細なレポを書いていこうと思います。

 

1、操作性は癖があるが、なかなか良い。
操作性はレスポンスが良くなかなか良好です。真ん中を長押しで戻る等少し癖のある操作性ではありますが、かなりレスポンスが良いため慣れるとかなり快適に使えます。難点としては、再生画面に入った状態で無いとボリューム操作が行えない事ですね。ここだけはちょっと不便 に思います。
DSC_0183
2、日本語の文字化けは確認した限りでは問題無し(ファームアップ後)
日本語は初期のファームはメニュー画面を中国語にしないと日本語が全部文字化け、中国語にしても一部は文字化けという残念な状況でしたが、現在のファームでは日本語も全く文字化け無く表示されています。
PHOTO_20151226_171618
3、音はかなり良い。とても明瞭で伸びやかな音が印象的
音はかなり良いです。手持ちのDAPの中でも音の明瞭さ、伸びの良さは頭一つ抜けている印象で少し音がこもり気味のイヤホンを使っても「あれ?このイヤホンこんなに奇麗な音も出せたっけ?」と思えるほどイヤホンの音を底上げしてくれる印象です。こうやって明瞭さを強調すると、よくある変に硬い音が出るデジタル的な音なのかな?と思われそうですが、決してそのようなことは無く、解像度はとても高い音でありながら、硬い音は硬く、柔らかい音は柔らかく自然な音で鳴らしてくれる印象です。高音域の伸びは一聴して「これは凄いぞ」と思えるくらいの良さがあり、Angraのholy landのようなボーカル帯域の伸びが特徴的な音源を聴くとDAP単体でここまでの音が出るかと少し驚かされました。
DSC_0097
4、駆動力は少し弱めかも?
手持ちのイヤホンは基本的に何でも問題無く良い音で鳴らしてくれる印象なのですが、ヘッドホンは少し苦手な印象があります。MDR-Z1000で試聴してみたところ高音域の伸びの良さはイヤホンと同様に良さを感じることが出来たのですが、どうも中、低音が軽くなってしまう印象がありました。ZoroⅡHDやHD25-1Ⅱ等ではあまり問題無く感じたのですが、鳴らしにくいヘッドホンは別途同社のAune B1等ポータブルアンプを繋いだほうが良いかもしれません。
BlogPaintDSC_0179
 5、明瞭な音、伸びの良い音が好きな人にはたまらないDAP
一聴して「おお、凄く奇麗な音だ」 と感じられるDAPです。手持ちのDAPと比較をしても高音域の伸びの良さは頭一つ抜けている印象があり、メロディックスピードメタルやオーケストラ等の音源との相性が凄く良いです。大きさも小さくはないですが、Cayin N6やQA360等と比べると一まわり小さく、UIのレスポンスも良いため快適に使用できます。
駆動力は少し弱めに感じるため、ヘッドホン使用の場合は機種を選びますが、イヤホン使用の場合は何でもとても奇麗に鳴らしてくれます。 イヤホン使用がメインで奇麗な音や解像度の高さを求める方にはとてもオススメのDAPです。まだ国内の代理店が無いため輸入しか購入方法はありませんが、個人的には手放しでお勧めできるDAPですので、500ドル以下の価格帯でDAPをお探しの方は是非候補に加えてみてください。

Noontec ZORO II HDのレビュー

DSC_0227DSC_0231DSC_0230
NoontecのZORO II HDです。価格は現在amazonにて9,800円ほどで販売されています。メーカーサイトはこちら
特徴等
・40mmドライバを使用(50mm Votrik HD500 driver)
・ケーブルは脱着式でリモコンマイク付きのケーブルが付属する。マイク無しのケーブルが付属しないのは個人的に残念 
・布ポーチが付属し3枚目の画像のように折りたたんで収納可能、このくらいの大きさになってくれると持ち運びも結構楽である。
・遮音性はあくまで耳のせタイプとしてはであるが、なかなか良い。側圧が少し強めなおかげで音漏れも耳のせにしては比較的良好
・装着感は少し側圧が強めなところで好みが別れるが、個人的には良好。ゼンハイザーのHD25やBeyerのDT1650ほどは側圧が強くなく、オーディオテクニカのATH-ES10よりは強いという印象
音質評価 □□□□
・音はなかなか良い、9800円という価格ならコストパフォーマンスも悪くないと感じる。
・音のおおまかな印象は「傾向としては軽いドンシャリ、全体的に癖が少なく各々の帯域で癖の少ない音が出ている印象。音の分離が良くどんなジャンルも平均点以上は鳴らしてくれそうだが、良くも悪くも面白味は無い音。」
・高音域は明るめの音を鳴らす一方、曇りとまではいかないのだが少し抜けきらなさを感じる。打ち込み音源やポップス等では気にならないのだが、クラシック等の生楽器の音源だとこの高音域の抜けきらなさが気になる場面がある。 
・中音域は少しだけ凹む印象、分離が良いのでボーカルが埋もれる事は無いが、音数の多い音源だと少しボーカルが遠く感じる場面もある。
・低音機はなかなか締まった音を鳴らす。テクニカルデスメタルのような音源は流石に難しい印象があるが、デスメタル等は問題なく聴くことが出来る。ただあくまで淡々と鳴らすタイプの音なためデスメタルのような音源ではベースの音が淡泊に聴こえてしまい面白味に欠ける印象がある。少しスラッシュメタルや少し古めのジャーマンメタル等の音源が良く、heavens gateのGate of heaven等では癖の少なく良い意味で淡泊なドラムが良い疾走感を生んでくれる。
・相性の良いジャンルはポップスやスラッシュメタル等だろうか、癖の少なさから何でもそつなく鳴らす事が出来るが、正直「このヘッドホンならコレ」と言えるほど相性の良い音源も少ない気がする。強いてあげるならばスラッシュメタル等や少し古めのジャーマンメタル等、重低音のあまり多くない音源では、ドラムをとても淡泊にならしてくれるおかげでとても疾走感のある音が鳴る。(重低音の多い音源だと、アッサリと鳴らしすぎて物足りなさを感じる印象がある)
・相性の悪いジャンルは、音の抜けきらなさからクラシックや、もう少しパワーのある低音が出たほうが面白味があるかなということで、デスメタル等だろうか。

高音域□□□□
中音域□□□■
低音域□□□□

オススメ度□□□■
・音は癖が少なく何でもそこそこに鳴らしてくれるのだが、良くも悪くも面白味はあまりない音であるという印象がある。
・「1万円以下で何でも鳴らせるコンパクトなヘッドホン」という条件だと選択肢にこのヘッドホンを入れることをオススメする。何本も持っている人よりもコレ1本で済ませたいという人のほうが向いているヘッドホンに感じる。
・装着感が良く、持ち運びにも便利とポータブル用途ではとても使いやすいヘッドホン。
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
  • ライブドアブログ