メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

2015年01月

DUNU TITAN 1のレビュー

P1240052P1240053P1240060P1240077DSC_0309P1240063
DUNU TITAN 1です。価格は現在だと15,980円くらいが相場のようです。 In-Canal Earbuds Rankingこちら
特徴等
・13㎜径のチタニウム製ダイアフラムダイナミックドライバを採用
・イヤーピースは3種類付属しており、中心が赤いイヤーピースは高音域が綺麗に出るものの少し低音域が減り、ソニーのイヤーピースに似ている物は低音が増える物の少し音が曇る、一番オーソドックスな黒い穴の大き目なイヤーピースが音的には最初の2つの中間に感じる(このレビューは一番バランスが良く感じたオーソドックスなイヤーピースを使用して確認している)
・ケーブルは左右の分岐点までは布巻ケーブルで、その先はゴムと別の素材とタッチノイズを少なくする工夫がされている。
・4枚目の画像でわかるように、音抜け穴の多い半開放イヤホンのため、遮音性、音漏れ防止は悪い、特に音漏れに関してはカナル型と思わずに普通の開放イヤホンと同等の量漏れると思って使ったほうが無難である。 
音質評価 □□□□■
・音はなかなか良い、価格を考えればなかなか優秀であると感じる。
・慣らし始めはかなり極端なドンシャリであったが、エージングで音のバランスが改善され癖がかなり減るため、買ったらある程度は根気強くエージングをしたほうが良い(このレビューは丸3日ほどエージングをした後に書いている)
・音の傾向は高音域寄りの軽いドンシャリ(鳴らし始めは明確な低音域寄りのドンシャリ)
・音の第一印象は「抜けの良い気持ちの良い高音域が特徴的で、とてもスッキリした音」
・全体的にかなりクッキリ、ハッキリとした音で、かなりレスポンスの速い音。
・しかし、全体的にかなりカチッと硬質な音を坦々と鳴らす印象があるため、音としては少し面白みに欠ける印象もある。
・全体的に音は硬めなため、ウッドベースなどの膨らみのある低音を鳴らすには少し味気ないかなと感じる。
・高音域は全体で一番多めに感じる。全体的にかなり明瞭かつ抜けの良い高音域で、高音域に金属独特の刺さるような音は残っているのだが、音の抜けの良さのおかげで特に耳につく印象は無い。この明瞭で抜けの良い高音域はBAのイヤホンや音抜け穴の少ないイヤホンには出せないであろう強みであると感じる。
・中音域は全体で一番少な目に感じるが、極端なバランスでは無く、音の分離もかなり良いためボーカルが他の楽器に埋もれると言う事はまず無い。
・低音域は高音域よりも少し少ないくらいの量に感じる。低音域の質はかなりカチッとした硬質な音であり、テクニカルデスメタルのドラム等も余裕でしっかりと分離し音数を追うことが出来る。(cryptopsyのtwo pound torchで確認)この分離の良さは同価格帯のイヤホンとしてトップクラスに感じる。
・相性の良いジャンルはPOPS、ROCK等、かなりレスポンスの良い音であり、癖もそこまで強く無いため合わない極端に合わないジャンルは無いが、正直「コレはこのイヤホンじゃないと!」と言えるほどの相性の良いジャンルも少なく感じる。
・相性の悪いジャンルは打ち込みやクラブミュージック等の低音域の量や沈み込みが必要とされる音楽だろうか。特に鳴らしてて違和感があるということは無いが、低音域の量や坦々と鳴らす傾向から少し面白みの無さを感じてしまうかもしれない。
高音域□□□□□
中音域□□□■
低音域□□□□

オススメ度□□□□■
・音自体はかなり高い水準にあると感じるのだが、音漏れがかなり多いことと、もう少し低音域が強ければもっと楽しく聴けるイヤホンだっただろうなぁという思いがあるため多少減点してこの点数。
・ ただ、この音のレスポンスの良さ、高音域の明瞭さは価格を抜きに考えてもかなり優秀であり、音的にも少し金属的な音の傾向である事さえ許容出来ればかなり使いやすいイヤホンであると感じる。
・個人的には恐らく元祖半開放カナルイヤホンであるMDR-EX90SLよりも、こちらのイヤホンのほうが好みの音である。(空間表現はEX90SLのほうが得意に感じるが、音の明瞭さ、分離の良さ等はTITAN1が優位にあると感じる。)
・最近はダイナミックとBAのハイブリッド形式のイヤホンが流行であり、ハイブリッドのイヤホンにもハイブリッドなりの良さはあるのだが「ああ、多分こういう音はダイナミックドライバ1発じゃないと出せないな」とダイナミックドライバ1発の良さを再確認させてくれる、そんなイヤホンであると感じる。
 

QLS QA360の新ファーム1.4が公開されました。

P1260080
http://www.qlshifi.com/bbs/dispbbs.asp?boardid=2&Id=4554
まだ中国語のサイトのほうでしか公開してないため、細かな変更点等はよくわからないのですが、今回はWAVオンリーファームが2つ、FLAC等にも対応した通常ファームが2つと計4つもファームを同時にリリースしており、好きな音のファームを入れてくれということのようです。あくまでアップデートは自己責任でお願いします。

アップデート方法は

1、上記サイトからダウンロードしたファームファイルを解凍
2、SDのルートに解凍したファイルを置く
3、そのSDを挿した状態でQA360の左方向キーを押しながら電源を入れる
4、アップグレードモードに入るのでファームファイルを選択
5、完了画面が出たら再起動
という流れです。

とりあえず全ファームを入れて聴き比べをしてみましたので、その感想をまとめますと。
WAVオンリーファーム
「WAV_v1.4.05」音の広がりが良く、中音域が厚くなるものの少し解像度はWAV_v1.4.02より劣る。
「WAV_v1.4.02」」解像度が高め音の癖が少ない印象、中音域の表現力は多少WAV_v1.4.05より劣る。
FLAC等も対応した通常ファーム
「APP_v1.4.04」1.3の音の傾向を引き継いだファームらしい(多分)他のファームより少しレンジは狭く感じられるが、音の癖は少なく聴き易い音、低音の締りはこれが一番良いかも?
「APP_v1.4」 APP_v1.4.04のレンジを少し広くしたような音
といった印象です。私は「WAV_v1.4.02」が一番好みの音でしたので、このファームを使用しています。あくまで私の印象ですので、参考程度に見てください。とりあえず聴いた感じでは「WAV_v1.4.05」が一番特徴のある音で、他の差は微量かなと思います。

音以外に気がついた変更点
・左右キーでフォルダの移動が追加された。
・SDカード部分を少し触るとSDの接触で音が乱れてフリーズするようなことがあったが、このファームからは無くなった。
SDを触ってもフリーズしなくなったのはかなり有難いですね。このDAPはSDを入れるところが横にありカバー等も無いため、どうしても取り出す時に触れてしまって再生停止なんて事も多かったので、かなり使いやすくなったと思います。 

中国語サッパリわからないので、他にも気がついた変更点等があれば教えてくれると嬉しいですw

DUNU TITAN 1が届きました。

P1240052P1240058DSC_0309
DUNUの代理店のSOUNDEARTHにて、このDUNU TITAN 1のレビューモニターを募集していたので応募してみたところ有難いことに当選致しましたので、今聴きながらこの記事を書いています。SOUNDEARTH様ありがとうございます。

音は、まだ鳴らし始めたばかりでエージングも何も出来ていない状態なのですが、その状態でもカッチリとした解像度の高い音が出ていてなかなか好印象です。音抜け穴が多いため、音漏れが多そうなところだけが気になりますが、その代わりカナルイヤホンにありがちな音の閉塞感というか窮屈な感じが無く、とてもぬけの良い音ですね。

詳細なレビューは数日後、もう少しエージングが進んだ頃に書こうと思います。

ELECOM EHP-CH2000のレビュー

B3BeDJQCEAA9HKBDSC_0142DSC_0139DSC_0143
ELECOM  EHP-CH2000のです。価格は大体12,000円くらいが現在の相場のようです。In-Canal Earbuds Rankingこちら
特徴等
・真鍮ハウジング採用
・世界初Magnetic Turbo Axial Portを採用(ドライバー、ボールピース、マグネットを同軸上に配置する新開発の音孔構造とのこと)
・遮音性はそこそこ、特別周りの音が入ってきやすいという印象は無く標準的なカナルイヤホンのレベルと感じる。
音質評価 □□□□■
・音は個人的にはかなり好きであるし、値段以上の価値があると思っているが、かなり癖の強い音である。
・音の傾向は少し低音域寄りのドンシャリ
・音の第一印象は「物凄く高音域のキレがあるイヤホン」であるということ。
・音はかなり刺さりがあり、聴き疲れもなりしやすいイヤホンであるため、そういったものが苦手な方は最初に除外して良いイヤホンではないかと思う。
・高音域はかなり刺激的な音を鳴らす。音の量的には低音域のほうが多そうではあるが、かなり耳に突き刺さるような鋭利な音であるため、体感的には一番高音域が目立つ。恐らくドライバーの出音自体がかなり鋭利な音であり、更に真鍮のハウジングにより金属的な音が付加されるため、驚くほど主張の強い高音域が出てきている。特に顕著なのはドラムのシンバル音でかなり鋭利なキレのある音が耳にガンガン主張してくる。
・中音域はそこそこ凹む、ただし音の分離はなかなか良いので中音域が埋もれて聴こえにくいと言う事は無い。 ただしボーカルは他の楽器より1歩後ろで歌っているように聴こえる。
・低音域は音の量としては一番多く感じる。音の傾向としては「カッチリ」というよりは「ガチッ」っとした音でトリガーの付いたメタルのツーバス等の音がかなり金属的かつ鋭利な音で鳴る。低音域の分離はなかなか良いほうではあるのだが、真鍮ハウジングの響きが付加されるためか、テクニカルデスメタル等のような音源ではドラムの音数を少し追い切れないような場面も多少出て来るが(nileのsacrifice unto sebekにて確認)メロディックデスメタル等では問題無く感じるため、相当過度に音の分離が要求される音源で無ければ問題は無く感じる。(The Black Dahlia MurderのEverything Went Blackにて確認。)
・音のイメージとしては小さ目のライブハウスでのメタルライブによくある音作りのようなイメージで、このイヤホンでデスメタルを聴くと自然と頭を振りたくなるような、そんな音のバランスである。特にこの金属的で鋭利な高音域は病みつきになる人も多いのではないだろうか、私はそんな中の一人である。
 ・相性の良いジャンルはスラッシュメタル、メロディックデスメタル等の疾走感や高音域の鋭さが要求される音源。特に北欧系のキーボードが主張してくるメロディックデスメタル等は本当に相性が良いと感じる(children of bodomのHate Me!にて確認)
・相性の悪いジャンルは大分味付けの強い音であるため、クラシック等の生音系の音源には不向きな印象がある。また、どんな音源でも元気に再生してしまうため、しっとりしたバラード等大人しめの音調の音源では違和感があるように感じる。 
高音域□□□□
中音域□□□
低音域□□□□□ 
オススメ度□□□□■
・個人的には満点をつけたいほどドンピシャで大好きな傾向の音なのだが、癖が強く本当に聴き疲れの凄くするイヤホンであり「人に勧めやすいか」と聞かれたら間違いなくNOであるため、この点数。ただし私のようにハマる人は病みつきになるほどの中毒性を持った音であるため一聴の価値はあると思う。
・値段を抜きにして、ここまで鮮烈な高音域を鳴らすイヤホンは殆ど無いと感じるため、そういった音が好きな人には是非勧めたい。
・ただし、本当に聴き疲れのするイヤホンであるため「このイヤホン1本で済ませる」という人には向かない印象がある。逆に言えば、イヤホンを複数持っている人の使い分け用としては本当に楽しいイヤホンである。

ZERO AUDIO DUOZA ZH-DWX10のレビュー(2014/01/09修正)

DSC_0255DSC_0259DSC_0261DSC_0257
ZERO AUDIO  DUOZA ZH-DWX10です。価格は現在ですと11,000円くらいが相場だと思います。 In-Canal Earbuds Rankingこちら
特徴等
・ダイナミックドライバを2つ搭載したデュアルダイナミックイヤホン。
・アルミの削り出しハウジング
・ 3枚目の画像のように筐体はかなり長めであるが、前部は殆ど耳の中に隠れるため装着した姿はそこまで不格好では無く、装着感も特別悪いと感じることは無い。
・タッチノイズケーブルが細めでしなやかな物を使用しているためか、カナル型としては少ないほうで、小音量再生時では多少気になる場面もあるかもしれないが、個人的にはほぼ気にすることは無いレベルに感じる。
・遮音性はそこそこ、特別周りの音が入ってきやすいという印象は無く標準的なカナルイヤホンのレベルと感じる。
・音漏れも、ハウジングには小さ目の音抜け穴が1つあるだけなため、あまり音が漏れるという感覚はない。こちらは一般的なカナルイヤホンとしては比較的優秀かと感じる。 
音質評価 □□□□
・音質はかなり良い、1万円近辺のイヤホンとしてはかなり優秀な音質であると感じる。
・ダイナミックドライバを2つ搭載していることもあり、ipod等の直刺しでもちゃんと良い音は出るのだが、ポータブルアンプやそれなりに駆動力のあるプレーヤーで再生してあげたほうが真価を発揮するイヤホンだと感じる。
・音の第一印象は「とてもレンジの広いイヤホンだなぁ」ということ。高音域、低音域共にシングルBAのイヤホン等にありがちな、ある一定の音域から出ていない感じが無く、すっと伸びのある音が広がる。
・音のバランスはフラットな傾向であるが、厳密に言えば軽めのドンシャリかという印象。
・高音域はとても伸びのある音で、それなりに刺激的な音もちゃんと再生するが耳に負担に感じることは無く聴き疲れがしにくい。ドラムのシンバル音等もそこそこキレの良い音が出ているがあまり刺さるという感覚は無い。個人的にはもう少しキンキンした音が出るほうが好みではあるが、これ以上高音域を主張させると刺さりのある聴き疲れする音になってしまうため、絶妙なバランスであると感じる。
・中音域はかなり自然な音が出る。デュアルダイナミックのイヤホンはこの中音域に弱点を抱えている物が多く、高、低に分かれた2つのドライバがそれぞれに主張しすぎて中音域が遠くに感じる、帯域の被りにより違和感のある音になる。といった物が多いのだが、このイヤホンはそういった事が全くと言って良いほど無く、同価格帯のシングルドライバのイヤホンよりもずっと自然なほどである。
・低音域はカッチリとした分離の良い音を鳴らす。音の分離というのもデュアルダイナミックイヤホンでは苦手とするものが多いのだが、このイヤホンは全音域でとても分離の良い音を鳴らす。ただし流石にテクニカルデスメタルのような音源では少し音がかぶるような場面も出て来るが(cryptopsyのtwo pound torchで確認)、メロディックデスメタル等では特に問題無く感じるので(MORS PRINCIPIUM ESTのMonster In Meで確認)極端に音が詰め込まれた音源等で無ければ問題は無く感じる。
・相性の良いジャンルは、ポップスやロック、ハードロック等、音に癖があまり無いため特別相性の良いジャンルという物はあまり思い浮かばないが、同時に特別不得意というジャンルも少ないように感じる。
・相性の悪いジャンルは前述したように、テクニカルデスメタル等の過度に音の分離を必要とするジャンル。
高音域□□□□
中音域□□□■
低音域□□□□

オススメ度□□□□□
・音のレンジ感がとても広く感じられ、音の癖も少なく、聴き疲れもしにくいと、本当に人に勧めやすいイヤホンだと思います。「1万円くらいで、色々なジャンル聴くからあまり癖の無い物」のような条件でお勧めを聞かれたら、このイヤホンを即答でお勧めすると思います。
・正直このメーカーのイヤホンはコストパフォーマンスは良いものの、イヤホンを沢山持っているような人には使い分けとしては特別選ぶ理由が無く感じ、入門には勧めやすいもののイヤホン好きの知り合いには勧めにくいという物が多かった印象なのですが、今回のイヤホンは癖の少ない音でありながら、他のイヤホンではあまり感じられないほどのワイドレンジ感の味わえる唯一無二の音であると感じられるため、イヤホンを何種類も持っている人にも是非試して見てほしいイヤホンであると思います。
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ