メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

2012年02月

XBA-1SLのレビュー 2015/01/30修正

IMG_0478
sonyのXBA-1SLです。メーカー希望小売価格が7455円で現在価格comでの最安が4500円となっています。
特徴等
・フルレンジのソニー自社開発BAドライバ 
・装着感はなかなか良い  
・ケーブルはきしめんタイプでU字、0.6mの長さに付属の延長ケーブルをつけて1.2mとなる。
・遮音性や音漏れ防止はなかなか優秀、電車等でも相当大きな音量にしない限り問題無いと思われる
・ケーブルのタッチノイズは良くも悪くも無く、普通といった感じ。多少はタッチノイズが乗るが、神経質になるほどでもないだろう 
音質評価 □□□
・音質は価格なり
・音の傾向は多少かまぼこ
・全体的にレンジは狭めに感じる、1BAドライバなので仕方ないところだが。メーカースペック的には5Hz~25kHzなので、1BAとしてはかなり広いのだが、私はあまりそんな感じはうけない(25khzなんて聴こえるわけも無いのでいい加減ですが)
・高音域は量的にはそこまで多く無いが綺麗に出る、刺さり等が殆ど無く聴き疲れのしにくい音。
・中音域は少し張り出す、ボーカル物等を聞くには良いだろう。
・低音域は量的にはそこまで多くない、あまりキレのある音では無く、やわらかめの低音。そこまで沈み込むような低音という感じでもない。
・全体的にまったりと音楽を聴くのに適した音に感じる、そのため聴き疲れ等はしにくい。
・zero audioのZH-BX500あたりと競合するが、音の傾向は正反対に感じる。
・合うジャンルは大人しいバラード等だろうか、ボーカルが主体の弾き語り系の曲にはよく合うと感じる。全体的におとなしめの曲調の物が合いそう。
・合わないジャンルはHIP-HOP等の音楽、メタル音源にもあまり相性は良くない、もっと刺激的な音が欲しくなる。 
高音域□□□
中音域□□□□
低音域□□□

オススメ度□□□□
・低価格でBAドライバのイヤホンが欲しい人には良い選択肢だと感じる。
・のんびりとバラードやヒーリングミュージック等を聴くのに適したイヤホンだと感じる、私はいつも刺激の強い音のイヤホンばかり使用しているので、たまにこういった機種を使うと落ち着ける

Audio Interu EXH-313のレビュー 2015/01/30修正

DSCF2311DSCF2310
USTヘッドホンことEXH-313です。中古でかなり安く購入したので、本来の状態かわからないためレビュー書こうか悩んで居たのですが、知人の方の同じ物を聞かせて頂いたところ特に大きい違いは無さそうなので書きます。価格は48000円ほどが相場のようです。 
特徴等
・見た目はオーテクの機種、多分OEMに手を加えたものを思われます。
・ケーブルは布巻きで長さは3M
・ウイングサポートやイヤーパッド等はオーディオテクニカのパーツをそのまま流用可能 
音質評価 □□□□■
・音はなかなか良い、48000円なら充分価格なりの価値はあると思う。
・音の傾向はフラットめで、少し高音域寄りか
・全体的にスッキリとした音。
・全体的にUST独特の響きが付加されている、USTイヤホンを視聴させて頂いた時と同じようなイメージ(イヤホンは何度か.xを聞かさせて頂いたが所持していない)だが、こちらのほうが人工的な響きに感じるところはある。
・音場がとても広い、いや広いというよりはそこそこの広さなのだが、とても抜けが良く、響きが良いというところか。そのため音場が広すぎるとどうも音の情報量が少なく感じる事が私には多いのだが、これはそういった事がなく、音場が広いながらも分解度が良く、尚且つ情報量の多い、少し濃い音になっている。
・高音域は大変綺麗に出る、密閉とは思えないほどよく抜ける高音域、こういうのを伸びる高音域と言うのだろうか(あまりわかっていないため、普段は使用していない表現)
・中音域は特に凹む事も無く良好
・低音域は 音域の中で一番少ないだろうか(極端では無い)音場が広い割に硬めの低音が鳴る。
・USTイヤホンの時も思ったが、このメーカーはとにかくこの音場の造りが面白い、この音場が良いと思えれば本当にハマるだろうし、駄目だと感じたらこのヘッドホンに価値を見出すことはし難いと感じる。
・正直音場以外に極端に良いと思うところはあまり無いのだが、この音場がとても心地よく、本当に良い雰囲気を作ってくれている。音作りが上手いなと本当に感じる。
・真空管のアンプ等、音が広がりやすいアンプと合わせると本当に密閉型を使っているのを忘れさせてくれるような音場が広がる。
・合うジャンルは、大人しめな曲調のクラシックやpop等だろうか、主に激しい音楽ではなく、ゆるやかな音楽をまったり聴くといった用途にあっていそうに感じる。
・合わないジャンルはHip Hopやメタル系の音楽か、低音の量や沈み込みを重視する音源に向いては居ないし、メタルのようにドラムの音数が多い音源や全体的に音のキツい音源には向かないと感じる。 
高音域□□□□□
中音域□□□□■
低音域□□□□

オススメ度□□□□
・なかなか良い機種だと思う、48000円となかなか良い値段であるが、この独特の音場や音の響き方が好きな人には充分価値のある物だと感じる。
・USTイヤホンに.xや .sx等出してる時期によっとバージョンが違い音が変わっているように、現行のEXH-313も同じような音なのかはわからない。 
・とにかくこの音場や響きが好きになれるかが問題に感じる。
・pops等をのんびりと聴くには本当に良いヘッドホンに感じる。
・独特であるし、人は選ぶヘッドホンであると感じるため、視聴をしてから買いたいところだが、なかなか視聴できる機会が無いのが残念である。

上海問屋でDN-HP-606とDN-68356を購入

IMG_0490IMG_0482
DN-HP-606は2500円+送料で2800円くらいで購入、今は送料別4999円になってます。いきなり倍額になって驚いた・・・購入サイトはこちら
DN-68356は申し込んだばかりでまだ届いてません、購入サイトはこちら 

DN-HP-606はこの価格で真空管が入ったUSB DAC付きアンプです、元々は北京6N-2-1という真空管が入っていて、ノーマル状態だと微妙だったのですが、写真のように真空管がソケット式になっていて交換が比較的簡単に出来ます(ドライバーで分解して真空管の上にある金属を外すだけ)
たまたま手持ちであったRaytheon 6BQ7Aを入れて使ってますが(保障とか無くなるので自己責任で)真空管を変えた状態ですと、下手な1万を超える据え置きアンプにも対抗出来るような音だと思います。正直驚きました。4999円でも充分良い物だと思います、2500円なら本当に言うこと無かったのですがねw

レビューとかはいずれまた

2012/2/16追記
IMG_0494
DN-68356届きました。
音はなかなか良いです。4999円ならかなり頑張ってる、ただ造りはかなり良くないです。バリとか残ってるし、接着剤はみ出してるし。ケーブルのイヤホン側のピンは太さ的にはIE8とかと合いそうですが、幅が違うためさのまま互換とはいきませんでした。

MDR-D777SLのレビュー

IMG_0487IMG_0489
MDR-D777SLです。メーカー希望小売価格は24,675円で現在の価格コムでの最安値は9800円です。
特徴等
・密閉型ヘッドホン
・折りたたみ可能
・ケーブルは0.5mに付属延長ケーブルをつけて1m
・小型ながら耳を完全に覆ってくれるタイプのため装着感はなかなか良い、ただ少しだけ側圧は強めか
・ハウジング部のスイッチで半開放にしたり密閉したり出来る仕様、ただどちらにしても正直音はあまり変わらない。
・音漏れは少なめ、遮音性もなかなか良い。 
音質評価 □□■
・正直言って定価なりの音を出しているようには思えない機種、現在の最安値の9800円でも微妙ではないだろうかと思う 
・音質は低音寄り
・全体的にとってもナローレンジな音、スペック上は8-80,000Hzらしいが、正直あまりレンジが広いようには感じない。(まぁ 80,000Hzなんて聴こえるわけも無いのでアレですが)
・解像度はあまり良くない、色々な音が混ざって聴こえる感がある
・高音域はかなり篭っている、全体的に1枚、いや2枚くらいの膜のかかったような音がする。
・中音域は高音域より少し前に出るが、低音の張り出しが邪魔、正直中音域も高音域同様かなり篭りが感じられる。男性ボーカルの曲でも女性ボーカルの曲でもこの篭りが気になるのではないだろうか。
・低音域は全体の中で一番多い、ただBOSEやモンスターの多い、柔らかくて沈み込むような音が多いタイプではなく、硬めの低音で、タイトな音なのだが、何故だかとても邪魔に感じる低音域。
・何というか、全体的に篭りが本当に気になる。
・音の傾向自体はMDR-Z1000に似てるような気もする。 高音域をあまり出なくして、物凄く篭らせたZ1000みたいな。
・合うジャンルは、昔のジャズ等か。最近の音楽には合わない事が多いように感じる。ハイファイな音とは縁遠い音のような。
・合わないジャンルは、メタル、クラシック等の生音系だろうか、正直かなりの物で不満は出そうに感じる。 
高音域□□
中音域□□■
低音域□□□

オススメ度□■
・9800円なら、まぁ微妙と言うくらいなのだが、定価の24,675円は正直無いだろうという気がする。
・全体的に篭りがとても気になる、モヤッとした音
・私は音がクッキリしてて、高音域が綺麗に鳴り、低音域がタイトな物が好きなため、完全に間逆に感じる、だから評価もかなりキツくなっている。
・MDR-D55SLを中古で購入して、気に入っていたので「これのシリーズの現行モデルはどんな音なのだろう」と思い視聴をしに行って物凄くガッカリしたのを覚えてる。あれが私の初めての高級ヘッドホン視聴であった。そういう意味では思い出深い機種でもある。
・デザイン、装着感、持ち運びやすさ等音以外は物凄く好みなので残念でならない 

CEW TA-3ⅡとSONY XBA-1とvertex style MP4-VI購入

IMG_0477 IMG_0478 IMG_0473
CEW TA-3Ⅱをmingoから送料を入れて2万円くらいで購入
XBA-1をハードオフにて2625円で購入
vertex style MP4-VIをハードオフにて2100円にて購入

CEW TA-3Ⅱは真空管を交換出切るポータブルアンプです、単三電池8本で駆動する物です。音質はかなり良いですが、重たいですねw
XBA-1はなかなか良い音です。1BAのためレンジは狭いのですが、高音域が刺さらず全体的にやわらかい音で、ゆったりと聴くには向いてそうです。5000円くらいが実売なのでよく出来てると思います。
vertex style MP4-VIはTUTAYA等で5980円で販売されている物のようです。音質は予想外になかなか良いです。そして24/192kの音源も再生可能(そのまま出力してるかは不明)ただ動画機能はちょっと画質、再生形式共に微妙です。再生画面等がicoo d10と同じためOS自体は同じ物のようです。ただしicoo d10はts動画を再生出来ますが、こちらは出来ません。

レビューはまたいずれ
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
  • ライブドアブログ