メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

2010年06月

心地よくクサイメロディ


サビのコーラスでやられてしまいますね。かっこいいけど、くっさいwザ王道!

AKG K240studioのレビュー

CIMG0895CIMG0894
AKGのK240Studioです。既に生産は完了しています。メーカー小売価格は23100円で実売価格は13000円~15000円くらいだったと思います(うろ覚え)私のK240は左側のLR表示のところが壊れてしまっています。結構長く使ってる機種です。
特徴等
・ケーブル交換可能
・ケーブルの長さは3mでミニXLR→ステレオミニ
・半開放型のため音は漏れるが、半開放型にしては少ないほう。気をつければ電車内での使用は出来ると思う。図書館等の静かな場所は避けてほしい。
・装着感はなかなか良い、圧迫感も少ないし、頭の大きな人でも問題なくつけられると思う。ただヘッドバンド部分がとても広いため、髪型は確実に崩れてペッタンコになる。
・55Ωの割には音量ががとりにくい。
・日本でのスタジオヘッドホンだとMDR-CD900STを圧倒的に見るが、海外のPC等ではこの機種を使っていることも多い(ちょっと昔のPVだが)
音質評価 92点
・音質は良い。13000円くらいなら大変コストパフォーマンスが良い。23100円なら価格なりくらいだが、実際この価格で販売しているところは見たことない。
・音のバランスは高音より。
・解像度は価格より高め。高音域の痛さはほぼ無く聞き疲れしにくい音。半開放型のおかけで音場が広めで、エッジの効いた音ではなく、温かみがあり丸く柔らかい感じの音。
・低音域は少なめだが、ポップスロックを鳴らすくらいなら必要充分には鳴っていると思う。(私はそこまで低音の量を求めない傾向が強いらしいが)質は悪くないが、あまり締まった低音ではない。音場の広さを生かした温かみのある音
・スタジオヘッドホンではあるが、MDR-CD900STみたいにリスニング用途では面白みの無いヘッドホンでは無い
・ただ、音場が広く、エッジの効いた音でも無いため、モニター用として使うとどうなのだろう・・・自分はモニター用途での使用は滅多にしないが、録音の粗探しをする上ではMDR-CD900STのほうが優れているのではないかと思う。(900STは視聴しかしたことはないです)
・得意なジャンルはクラシックやカントリーミュージック等の生楽器系、比較的苦手なのは、歪の効いたギターのメタルや、低音の量が必要なR&B等。クラシックギターの音が大変味のある良い音で鳴ってくれる。
音の量のバランス
高音域□□□□□
中音域□□□□■
低音域□□□
オススメ度 93点
・13000円くらいで、ここまで温かみのある音を出してくれる機種はそうそう無い。私はかなり気に入っている。
・クラシックやクラシックギターを使う音楽等を聞く人には大変良い機種と思う。
・リラックスして音楽を聴きたい時に使用したい機種。
・生産完了が大変惜しい機種
スペック等
形式 ダイナミック
タイプ セミオープン
再生周波数帯域 15~25,000Hz
インピーダンス 55Ω
感度 91dB/mW
ケーブル長 約3m (着脱可能)
プラグ形状 3.5mmステレオミニ (6.3mmステレオ標準変換プラグ付)
重量 約240g (ケーブル除く)
重量 (ケーブル含まず) 225g 240g

オーディオテクニカ、ATH-CKM33とATH-C101の2モデル発売

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100628_377394.html
ATH-CKM33が3675円ATH-C101がオープンプライスで実売予想価格は1000円とか。7月23日だそうです。

バッファローコクヨ、BBE搭載のBluetoothイヤフォン発売

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100628_376846.html
上位モデルの「BSHSBE11」は高音質化技術BBEを搭載し価格は13,755円でBBE無しの「BSHSBE09」は11,235円。 で、どちらも7月下旬に発売とのこと。
BBEはCOWONのオーディオプレーヤー等で採用されているイコライザですね。これを使うと音が不自然になることが多いので、私はあまり使っておりません・・・(まぁ私はイコライザ全般をあまり使わないのですがね)
ただ、イヤホン側にイコライザが搭載されるというのは珍しいので、気になりますね。

MDR-EX90SLのレビュー

CIMG0890CIMG0891CIMG0892CIMG0893
MDR-EX90SLです。定価は12390円で相場は8000円~9000円あたりだったと思います。現在は生産完了して後続機としてMDR-EX500SLが販売されています。
特徴等
・コードは大変短いく付属の延長ケーブルを使うことが前提となる。
・ケーブルはU字でケーブルはストレート、付属の延長ケーブルはプラグはL字
・画像のイヤーピースはソニーの新しいEP-EX10がついているが、通常はEP-EX1がついている
・遮音性はカナルイヤホンとしては悪い。 電車等で使えば結構回りの音も聞こえる
・画像にあるように音が抜ける場所が沢山あるため、音漏れはカナルイヤホンとしてはかなり悪い。図書館等では、なるべく使わないほうが良いし電車等でもかなり音量に気をつけたのほうが良い
・装着感じはなかなか良い、初めて見た時は斬新なデザインだったので不安だったが、装着感はいたって普通。最近では、こういった斜めにノズルが伸びるダイナミック型カナルも多くなったが、この機種はその先駆け 
音質評価 85点
・音質はかなり良い、9000円ならくコストパフォーマンスはかなり良い。
・音のバランスはドンシャリ、そこまで極度の物ではない
・音抜け穴が多いため、大変抜けが良く音場が広い。イヤホンとは思えないくらいの音場の広さ。
・解像度は値段より上、高音域の刺さるような痛さは若干ある、私にはそこまで気になるものではない。シンバル系のきらびやかな音が大変綺麗になる。金管楽器系とも相性が良い。
・低音はそこそこ出る。質も良い、音場が広く音が抜けるタイプのため、しっかりと締まった感じの低音では無く、響きのある低音。ただ、音抜けが多いため外で使うと低音は少なく感じられるかも
・原音忠実度は普通、若干のドンシャリなので、そこで不自然に感じることもあるかも。高音域の再現度は大変高いものがある
・ドラムが音場が広い割にはキレのある音で鳴ってくれるので、ノリが良いスラッシュメタル等の音楽にも合うし、きらびやかな高音のおかげでクラシック等にも合う。低音を過度に要求する音楽でなければ、どんな音楽でも平均以上でなってくれる優等生
音の量のバランス
高音域□□□□□
中音域□□□□
低音域□□□□■
オススメ度 82点
・音質だけなら□□□□■で良いのだが、音漏れが、かなり有るためこの評価。
・高音域のきらびやかな音が大変魅力な機種。私が高級イヤホンに目覚めた、きっかけの機種でもあるw
・盛大な音漏れが許容出来るならば9000円くらいならとてもオススメできる音。
生産完了が大変惜しい機種です 
スペック等
メーカー型番 : MDR-EX90SL
型式 : 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット : 口径13.5mm、ドーム型(CCAW採用)
最大入力 : 200mW(IEC)
インピーダンス : 16Ω
感度 : 106dB/mW
再生周波数帯域 : 5~25,000Hz
コード : 約0.5m OFCリッツ線(ネックチェーン)
入力プラグ : 金メッキステレオミニプラグ
質量 : 約7g(コード除く)
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ