メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

TINHIFI T2 EVOのレビュー いつものTINHIFIらしい明るい音だけど低音の軽さが気になる。

unnamed - 2021-10-21T180530.553 
TINHIFI T2 EVOという現在6,875円で販売されているダイナミック一発構成イヤホンのレビューです。今回はHCKからのものでAmazonにHCKの販売がなかったためAliのアドレスを貼っていますが、ご自身で好きなところから購入していただけたらと思います。

販売サイトはこちら In-Canal Earbuds Rankingはこちら  

注目ポイント
・カーボン複合振動版のダイナミックドライバを採用
→最近少なくなった気がしますが、ビクターが木の振動版を沢山つくり出す前はカーボン振動版の製品を多く出していましたね。

良い点
・良い意味でTINHIFIらしい音。ブライトサウンドと謡っているだけあり、いつも通り高音域の鮮やかで少し派手な音が楽しい。
・装着感が良い、筐体も軽いので長時間の装着も問題無い。
悪い点
・低音域がかなり軽い。TINHIFI製品は低音が強くない製品が多いが、このイヤホンはその中でも大分軽めに感じて正直物足りなさがある。
・低音域が軽いせいで高音域の派手さが強調されてしまい、今までのTINHIFI製品の中でもトップクラスに高域が刺さりやすい。
---------------------------------------------------------------------------------------------
unnamed - 2021-10-21T181847.420TINHIFI T2EVO
音質評価 69点
1、いつものTINHIFIらしい高域の鮮やかさが際立つドンシャリ音であるが、低音域が今までのTINHIFI製品の中でも軽いので高域のキンキン具合が気になる。

音は悪くは無いのですが、今までのTINHIFI製品の中で一番人を選ぶかもしれません。音は大まかにはいつものTINHIFIで高音域が強めの、少し金属的な派手な鳴り方をするドンシャリなのですが、低音域が今までのT3等のTINHIFI製品より大分軽いので、この高音域のキンキン感が結構目立ちます。私はこういうキンキンした高音域は好きなほうなのですが、T3等のように低音域も量感が多い状態であればいいのですが、T2EVOくらい低音が少ないと、流石にちょっと「高音域うるさいな」と思ってしまいます。低音域も音の質感自体は悪くないのですが、この高音域の派手さが耐えられるかが評価を分けそうです。
unnamed - 2021-10-21T181901.904unnamed - 2021-10-21T181914.307
音のバランス
高音域 □□□□
中音域 □□■
低音域 □□□
2、高音域はかなり煌びやかで少しキンつく金属的な音。中音域は癖が少ない音を淡々を鳴らすが少しボーカルは遠め。低音域は分離の良いスピード感のある音だが全体的に少し腰高。

音のバランスは高音域が強めなドンシャリ傾向です。音場は広くも狭くも無くと言った印象。
高音域はかなり派手で金属的なキンつく、刺さりやすい音を鳴らします。出音自体は非常に明瞭でかなり鮮やかな音を鳴らしてくれるのですが、どうも金属的な響きの乗りが強いせいか、耳への刺さりやすいドラムのハイハット音のような帯域が強調される印象で聴き疲れはしやすいです。非常に明瞭な音で私は結構好きな質感ではあるのですが、低音の量感不足も相まって少しやりすぎ感があります。
中音域はクセの少ない音ですが、少しボーカルが遠めに感じます。ボーカル帯域はそこまでクセの無い音なのですが、この帯域も少し刺さりやすい音が強調される印象で、女性ボーカルの高めの帯域は結構刺さります。基本的に刺さりを気にしない私が気になるくらいなので、刺さりが苦手な人はまずダメでしょう。
低音域はスピード感のある分離の良い音を鳴らしますが、腰高な軽さのある音です。このイヤホンの一番ネックな帯域はここで、同社のT3やT2PROは高音域が派手でも低音域の量感がしっかりあるおかげで、相対的にはそんなに派手さは気にならない音造りになっていましたが、このイヤホンは低音域が軽いため高音域のキンキン感をかなり強調します。全体的に音もサッパリとしている印象で、低音域は量感もそうですが、重低音域の再現度も高くない印象で余計腰高に感じます。
unnamed - 2021-10-21T181851.880
おススメ度 67点
3、特別悪いイヤホンというわけではないし、こういう派手な傾向のイヤホンは個人的には好きなのだが、今回は少しヤリスギなバランスに感じてしまったのは本音である。

音質は別に悪くは無いです。いつものTINHIFIらしい派手で明瞭な高音域の特徴は引き継いでいますし、低音の軽さは気になるものの聴いていて十分楽しめる音ではあります。ただ、この高音域のキンキン具合で低音域が軽いとなると、どうしても低音の量感を求めて音量を上げてしまい、結果高音域のキンキン具合が更に強調されてしまうので流石に厳しい印象が強かったです。個人的にこういうブライトで派手な音造りのTINHIFI製品は好きではあるので「ドンシャリにするならもう少し低音も出る製品で頼む!」と思いましたw
高音域キンキン系のイヤホンが嫌いでなければ検討してもいいとは思いますが、基本的には同社のT2 PROやT3をおススメします。


色々試聴レポ&雑記 TForce Yuan Li、EMPIRE EARS Legend EVO、DUNU FALCON PROとか色々

c8ff64c8  
恒例となりつつある「試聴レベルの感想で製品について好き勝手言おう」というクソ記事です。
実は書かなくちゃいけないレビューを久しぶりなレベルにため込んでしまっているのですが、ビックリするくらいやる気が出ないので、こういうクソ記事を書いて気分を紛らわそうと思っています。こういう気楽に書けるクソ記事を書いて、文章を書くことへの抵抗感を下げると結構レビューとかも書く気が出てくるんですよね。後半は雑記として伝説の社外アドバイザー事件も含めて色々書こうかなと思っています。

いつものことですが、あくまで私の個人的な好み、主観を元に評価しています。
また、短時間の試聴であり、後々評価が覆ることも大いにあります。あくまで試聴、しかも短時間かつ店頭の騒音下での試聴ということで、基本的にアテにならない物と思って見てください。
unnamed - 2021-10-18T023700.707
TForce Yuan Li 参考価格16,900円 販売サイト 
ダイナミック一発構成でクセの少ない音造りのイヤホンと聞いていたので期待していたのですが、個人的には極端に悪いとまでは言わないけど??となる点の多かったイヤホンですね。全体的にパッと聴きの音は綺麗で聴きやすくて良い印象なのですが、何か物足りなさがすぐに押し寄せてくる感じ。何でかというとメチャクチャ低音が軽いんですよねコレ。低音の高めの帯域はちゃんと量感があるから最初は不足なく感じるのですが、よく聴くと重低音域がかなり再現度が低いので低音の量感の割にかなり腰高な音に感じます。ロックはおろか一般的なポップスとかを聴いてもバスドラムの変な軽さが気になりましたし、これはちょっとコストパフォーマンスボーナスはあげられませんね(皮肉)
unnamed - 2021-10-18T022822.515 
Unique Melody  TWS 30X 参考価格29,700円  販売サイト 
Unique Melody初の完全ワイヤレスということで楽しみに聴きに行ったのですが、何というか論外ってレベルでしたね。音は全然良くない安物中華TWSよりはマシレベル、製品の質感はそのまま安物中華TWSレベルと何がしたかったのかサッパリ。どうせこんなものUnique Melodyが直接作っているとは考えにくいですから恐らく外注なんでしょうけど、FinalがやっているAgブランドみたいに、ちゃんと外注だろうとしっかり監修せーよとは本当思いました。有線で音のいいメーカーでもNoble audioとかは完全ワイヤレスでも良いものを出してくるので今回のTWS 30Xも期待していましたが、期待外れもいいとこ。
unnamed - 2021-10-18T024338.440
水月雨 MOONDROP Quarks 参考価格1,980円  販売サイト 
これはとても良かったです。全体的にスッキリとした見通しの良い音で、低音域が少し軽めなことだけは気になりましたが、それ以外は2,000円以下のイヤホンとしては文句のつけようが無い、綺麗な透き通った音だと思います。正直個人的には同社のこれより高いSSRやSpaceshipよりこのQuarksのほうが印象は良いですね。ただ、Final E3000とかみたいに少しクセがあって楽曲によっては妙にハマる物があったりとか、そういうのは無くトータルバランスが良く何でも80点で鳴らすようなイヤホンなので、イヤホンを何本も持っているオタクたちには、そんなに勧める製品でないかなと思いますね。どちらかというとオタク以外の安くてなるべく良いイヤホンを探している人におススメしたいイヤホンかなと。
unnamed - 2021-10-18T025133.903
Unique Melody MEST MKII 参考価格 198,000円 販売サイト 
正直同社の初代MESTは個人的には??となるタイプの音だったのですが、今回のMEST MKⅡは非常にバランスのとれた音になっていて好印象でした。全体的に適度に明るく情報量の多い音で、音数はかなり多く密度がありつつも、クドい音にならず全体域の音が高い解像度で分離されていて、全体的にしっかりと整理された音が鳴るのが好印象でした。これは結構欲しいかも
unnamed - 2021-10-18T025543.233
EMPIRE EARS Legend EVO 参考価格 363,000円 販売サイト 
うーーん、何だろうこのゴチャゴチャサウンド(苦笑)EMPIRE EARSのイヤホンは良いものもあるのですが、正直個人的に理解し難い音の製品もかなり多く今回は理解し難い枠かなと(苦笑)全体的に簡単に言えば『「色々なドライバから音出てるなー」というのが聴いていてもわかるようなまとまりの無い音』というのがわかりやすい印象ですね。何というか、各々のドライバが自分の出したい音を出している感じ、バンドでメンバー全員変に主張が激しくて演奏中ずっと各々がソロパート弾いているようなスッチャカメッチャカ感。個人的にはかなり無いなーと思ったイヤホン。
unnamed - 2021-10-18T030232.682 
DUNU FALCON PRO  参考価格27,340円 販売サイト 
なかなか良かったです。全体的に見通しの良いスッキリサウンドでありながら、適度に筐体の響きが乗って音場も広めですし、非常に聴きやすい音造りになっていると思います。個人的にはもっと分離性能を高めたカチッと鳴る音のイヤホンのほうが好みではありますが、メタル音源とかを聴かないでのんびりミドルテンポの邦楽とかを聴くのであれば、こういうイヤホンも良いなと思いますね。
unnamed - 2021-10-18T030716.101
Westone Audio Pro X50 参考価格84,700円 販売サイト 
中低域の質感はとても良くて、流石Westoneだなと思える実力があるのですが、いかんせん高音域が暗めで明瞭さに欠ける印象が気になりました。Westone自体がそこまで高域を明瞭に持ち上げるタイプのメーカーでは無く、むしろどちらかと言えば落ち着いた音を鳴らすメーカーという印象はあるのですが、今回のPRO X50はいつもより更に暗い印象で、Westoneってこんな感じだったっけ??と思いながら聴いて居ましたね。悪くはないけど、個人的には前作のUM Pro 50とかのほうが好きだったかな。
unnamed - 2021-10-18T031142.132
A&ultima SP2000T 参考価格296,980円 販売サイト 
AKのNutubeを積んだDAPですね。個人的には最近のAK DAPの中で一番印象の良かったです。音は適度に真空管らしいゆったりと広がりのある音を鳴らしますが、現代のDAPらしい解像度の高さもしっかり持ち合わせていて過剰に緩い音になりすぎないので、絶妙に良い塩梅になっているなと思いました。個人的には真空管とソリッドステートのハイブリッドモードの音が一番印象良かったですね。結構良き。

とりあえず試聴のレポートは以上になります。個人的には前作で??と思ったUnique Melody MESTがMKⅡでやたら良くなって出てきたのに驚きましたね。
--------------------------------------------------------------------------------------------
ここからは雑記です。まぁツイッターのほうでも似たようなことは言っているのですけど、せっかくなのでこうやって1つの文章として私の最近思ったこととかを書いておこうかなと思います。

大阪の音フェスが盛況だったようですね
大阪で久しぶりにポータブルオーディオ系の展示会として、ヨドバシカメラ主催の「音フェス」という中規模イベントが行われ盛況だったようですね。まぁ緊急事態宣言中のヘッドホン祭りオンラインの翌日という最悪の日に自分のイベントを秋葉原で強行した評論家が音フェスでトークショーとかやってるのには凄く違和感持ちましたが、、、(苦笑)ヘッドホン祭やポタフェスと比べると大分規模としては小さくなりますけど、それでもこういった展示会が徐々に開催されていくことは希望が見えてきますね。関東でもイベントできるようになっていってほしいなぁ。

社外アドバイザーの件に失笑
ダルマオーディオ本当しっかりせーよと思った一件でした。別に素人を広告塔として立てること自体はそこまで否定的ではないのですが、それは「素人ではあるけれども、きちんと広告塔として自覚を持てる人」に限ると思うんですよね。ゼンハイザーはイヤホン系ユーチューバーの方をアンバサダーか何かに任命していましたけど、ああいう広告塔として迷惑かけずにやろうとする気概のある人、ある種のプロ意識のある人なら個人的には全然いいと思うんですけどね。(彼を素人と表現するのは語弊があるかもしれませんが)

ダルマオーディオが社外アドバイザーなる人物を発表して、知らんアカウントだったから見に行ってみたらブロックされていて「これは雲行きが怪しいぞ??」と思いながらログアウトしてから当該アカウントを見てみると。Twitterのプロフィールに「ダルマオーディオ社外アドバイザー」などと記載していながらアイコンはintimeのイヤホン画像、ツイートの内容の大半はR18を含む二次元画像のRT、「社外アドバイザー?何だそれ?」って疑問や非難の声に説明で返すのではなく、嫌味でツイートして応戦などなど、、、むしろ何でこれでイケると思ったのか本当小一時間問い詰めたくなる酷さでした。どっかのカスタムIEMメーカーもTwitterで謎の素人を広告塔に立てて「その人の周辺は喜び、それ以外の人ドン引き」みたいな状況を生み出していましたし、本当もう少し考えてほしいですね色々と。

ダルマオーディオは良いイヤホンを沢山出していますし、色々意欲的なメーカーで嫌いではないんです。ただ本当宣伝のやり方は理解し難い部分が多くて呆れることも多いです(今回の社外アドバイザーの件はマジでもう付き合ってられないと思うレベルでした)
本当「頼むから普通のオーディオメーカーらしく振舞ってくれ」とダルマオーディオには強く言いたいです。流石に今回は苦情入れちゃったよ。あんまり酷くて(苦笑)
-------------------------------------------------------------------------------------------
unnamed - 2021-10-18T034200.595unnamed - 2021-10-18T034125.979
https://tabelog.com/kanagawa/A1407/A140701/14067394/
最後に「元祖一条流 がんこ総本家 分店」の相模原店の画像で締めです。
最近この店の立川支店が出来ましたが、そちらはこの相模原店の店主さんのお弟子さんの店なのだそうです。ちなみに相模原店の店主は元祖一条流 がんこ総本家の家元の弟さんなのだとか。(立川店も美味しかったけど、相模原店のほうが旨味は強く感じました。プラシーボかもですがw)

非常にシンプルな醤油ラーメンでありながら、非常に旨味の強いスープでとても美味いですね。がんこのなので塩辛さは強めではありますが、塩辛さは自分で選ぶことが出来ますし、何よりタレ自体の旨味が非常に強いので、そんなに塩辛さも気になりませんでした。正直立地が強烈に悪くてバスでも行きにくい場所なのがネックですが、頑張って通いたくなる非常に美味い店ですね。立地がネックで今まで行けていなかったけけど、もっと早く足を運んでおけばよかった、、、w

さーて、溜まっているレビュー書かないと、、、w

MotherAudio ME5-BORONのレビュー 超絶ナローサウンドで好みは相当分かれる。私はちょっと無理。

DSC01202DSC01203
MotherAudio ME5-BORONという最安25,800円でクラウドファンディングで販売された、ピュアボロン振動板を採用したイヤホンのレビューです。まだ販売は開始されていませんが予定されている通常販売価格は36,900円のようですので、36,900円を基準としてレビューを書いていきます。
販売サイトはこちら In-Canal Earbuds Rankingはこちら 

注目ポイント
・ピュアボロン振動板をイヤホンで初めて採用
→ピュアボロン振動板というのは三菱のダイアトーンというブランドで販売されていたスピーカーで採用されていて、未だにビンテージスピーカー愛好家からかなり評価が高いです。
・高比重の真鍮削り出しシェル採用
→筐体の造りはなかなか良いです。Mother audioはシェルの造りはいつも良いですよね。造りの良さを見て音に期待してガッカリすることも結構多いのですが、、、w

良い点
・筐体の造りは良い
・筐体が小さく装着感が安定
・低音域の量感が多い
・ドライバの出音自体はそこまで悪く無さそう
悪い点
・申し訳ないけど音がかなり悪い。
・全体的にやけに曇った音、聴いていて耳が詰まったような感覚になって少し気持ち悪くなりそうなくらい。
・高音域は曇る、中音域は曇る、低音域まで曇る。中古で買ったので自分の個体が壊れているのかと疑ったが、知人の個体も同様だったのでこういう音っぽい。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
DSC01208Mother audio ME5 boron
音質評価40点 
1、音は申し訳ないけどかなり悪いと言わざるを得ない。ドライバ自体の出音はそこまで悪く無さそうなのに、全体域妙に曇って聴いていて正直しんどいレベル。

音はちょっと驚くくらい悪いです。簡単に言えば「全体域、強烈に曇る音」です。聴いている感じでは音にたまに質の良さを感じられるので、ドライバから出ている音自体はそこまで悪くは無いと思うのですが、その間に異様に厚いフィルタを挟んでるような、ニット帽を耳まで被った上からヘッドホンを聴いてるような、そういう妙な曇り感があります。特に高音域の曇りは酷くて、聴いていて自分の耳が詰まっているのか?と錯覚するくらいの曇り具合で正直、このレビューを書きながら音を聴いて少しシンドイと感じるレベルです。
DSC01210
音のバランス
高音域 □■
中音域 □□
低音域 □□■
2、高音域は曇る、シンバル音のような煌びやかな遠い場所では明るい音を鳴らしている感じがたまにあるので、ドライバの出音自体は悪く無さそうなのだがタオルでも間に挟んでるのか?と思うレベルで曇る。中音域は曇る、ボーカル帯域で曇ると感じることは私はあまり無いのだが、これは凄く曇る。低音域は曇る、音自体は分離はそんなに悪くないのだが、ナローで妙に鈍い音を鳴らす。

音場は広くも狭くもなく。音のバランスは少し低音域が強め。正直聴いていて「これ細かくレビュー書く意味ある?」と思ってしまうレベルで基本的に「曇る」の一言で全帯域済ませられる音です。
高音域は曇ります。ドラムのシンバル音とかはそれなりに明瞭な音で鳴るのですが、ある一定の帯域でパツッと音が切られているような変なブツ切り感があり、クラシック等の生楽器系の高音域を聴くと、最新録音が半世紀くらい古い録音に感じるような曇りがあります。ちょっとこれはヒドイんじゃないかな。
中音域は高音域ほどではないですが曇ります。ボーカル帯域でここまで曇るイヤホンは始めて聴いたかもしれません。特に女性ボーカルを聴くとこの曇り感が顕著に表れ、せっかくのハイトーンのロングトーン部を聴いても明瞭さが全然感じられずラジオで聴いて居るような感覚になります。
低音域も曇ります。「低音域が曇るってどういうことだよ」と思われそうで、正直私もあまり上手く表現し難いところはあるのですが、バスドラムやベースラインの音が妙に鈍く、聴いていて「いや、そんな音じゃないだろ」と言いたくなる違和感があります。音の分離自体はそこまで極端に悪くは無いのですが、重低音域の表現力も低いので、バスドラムの「ドン」と鳴るべき音が「ポスポス」と力の無い音で耳に届いて、聴いていて苦笑いしそうになりました。
相性の良いジャンルは、、、あるのだろうか
相性の悪いジャンルは、、、大体相性悪いというレベル
DSC01214 
おススメ度 40点
3、久しぶりにかなり聴いていて?マークが沢山になったイヤホン。ナローな音が好きな人にはもしかしたら合うのかもしれないが、個人的にはかなり無理。

このイヤホンの評価は「ニット帽を耳まで被った上からヘッドホンを聴いてるような曇り音」というのが誇張も何も無い個人的な評価です。自分の個体壊れているのかなと思って知人のを聴かせてもらったのですが大差は無かったのでこういう音っぽいですね。基本的に私はナローな音とは真逆の明るい音を好む人なので「このイヤホンとは絶望的に相性が合わなかった」という可能性もあるとは思うのですが、それでもナローと表現される評判の良いイヤホンで好きな製品もあるので、多分そういう次元では無いだろうなと思っています。
正直聴いていてしんどくなるレベルで、全くおススメしないイヤホンの1つです。

Fiio FD7のレビュー 高解像度でタイト、伸びやかでクセの少ない音でとにかくスゲェ

DSC01160
Fiio FD7というピュアベリリウムドライバを使ったダイナミック1発構成のイヤホンのレビューです。こちらの製品は国内価格では現在88,000円(EイヤホンWEB)ですが、輸入価格は599ドル~629ドルくらいと大分安く買えます。今回は629ドルと最安では無いのですが、実績が多く安心ということと単純にアフィリエイトで小遣いが欲しいという理由でのHIFIGOのリンクを貼っておきますw
今回は「Trebleノズル」「付属SpinFitイヤーピース」を装着した状態での音を基本としてレビューを書いていきます。

販売サイトはこちら In-Canal Earbuds Rankingはこちら 
20211008_212718
注目ポイント
・629ドルでありながらピュアベリリウムドライバを採用
→Materion社製のピュアベリリウムドライバを採用しているそうです。kbear believeとかの「出どころはどこ?」っていう謎のピュアベリリウムよりは信頼性は大分あると思いますw Materion社は確かA8000等もここのドライバだったと思います(同じメーカー製というだけで共通の物という話ではないです)
・2.5、3.5、4.4mmのプラグが付属しており交換できる。
→しっかりとプラグカバーを回して固定できるので、こういうプラグ交換式機構の中でも安心感のある造りかなと。
・ノズルが交換式になっており、音の明るさの調整だけでなく細軸のステムも選べる。
→Bass、Treble、Balancedの3種類のノズルから選択が可能で、Balancedは3段フランジを付けるための細軸になっているので、細軸のイヤーピースも一般的なイヤーピースも両方使える仕様になっていています。結構斬新かも。

良い点
・音が抜群に良い。ハッキリ言ってこの音が約600ドルで手に入るのは価格破壊と言っていい。
・とてもタイトでクセがなく、純粋に解像度の高いカッチリとした音。変な硬質さの強調感も無く締まった音が鳴る。
・筐体の造りが良く高級感がある。
・Final A8000ほど「ザ・高解像度!」という極端に音の分離の良さが際立つ音ではないが、そのかわりFD7のほうが窮屈感が無く伸びやかさでは1歩上手。
悪い点
・遮音性はイマイチ
・筐体が大きく装着感はイマイチ

----------------------------------------------------------------------------------------
DSC01172Fiio FD7
音質評価 100点 
1、音質はちょっと笑っちゃうくらい良い。とてもクセの少ないタイトな音でありながら、変に硬質さを強調しない自然な締まった音を鳴らすのが非常に好印象。

音はメチャクチャ良いです。正直「え?これ約600ドルのイヤホン?本当に??」と少し混乱してしまうくらいの音を鳴らしてくれます。音のバランスはほんの少し低音が強めですが、基本はフラットです。一聴してまずわかるのが、音が非常にクリアでありながら、音の輪郭を強調しない非常に自然でタイトな音を鳴らしてくれることです。Final A8000は良い意味でもかなり解像度の高さが際立ち、音の硬質さがそれなりにわかりやすく音に出ていたと思うのですが、こちらのFD7はそもそも「音が硬質」と感じさせない自然さを持った音になっていると思います。正直一長一短であり、個人的にはA8000の圧倒的な分離性能の高さ、少し硬質な音はとても好きだったのですが、こちらのFD7の基礎性能は高くありつつも硬質さを感じさせない自然な音もかなり好感を持てます。
DSC01183DSC01175
音のバランス
高音域 □□□□
中音域 □□□□
低音域 □□□□■
2、高音域は非常に明瞭かつ密度のある情報量の多い鮮やかな音。中音域は強調感が無いとても伸びやかで自然な音。低音域はとてもタイトで締まった音でありながら硬質さを感じさせず音の輪郭に強調感が無い正確に感じる音。

音のバランスは若干低音が強めな気がしますが、基本はフラットと考えていいと思います。音場は比較的広めで、伸びやかで窮屈感の無い音場を表現してくれます。
高音域はとても鮮やかな音を鳴らすのですが、音に強調感やキツさの無い、とても伸びやかな音を鳴らします。ピュアベリリウム振動板のイヤホンというのは、この高音域に特徴のある製品が多い印象で、明瞭ではあるものの少し派手で煌びやかさが強調されるタイプの音が多いと思います。しかし、このイヤホンは高音域が非常に明瞭で鮮やかという特徴は同じなのですが、非常に伸びやかな抜けの良い音のおかげで、音にキツさが無く出音の割には聴き疲れはあまりしない音になっています。個人的にはA8000くらい多少キツめになっても鮮やかさを強く出すような音も大好物なのですが、FD7の音のほうが万人ウケする音だろうなと思います。
中音域はクセの少ない、とても伸びやかで自然な音を鳴らします。適度に広がりのある音場のおかげか、全体的に解像度の高い非常に締まったタイトな音を鳴らしているにもかかわらず、ボーカルの表現は窮屈感がなく、適度に広がりと伸びやかさのある、とても聴きやすい音になっています。タイトな音のイヤホンって、ちょっとボーカルが人間味が無いというか、少し機械的な音に感じるようなことも結構あるのですが、このイヤホンのボーカルラインは非常に自然で生々しさがあると思います。
低音域はかなりタイトな締まった音を鳴らします。低音域は結構しっかりとした量感と重みのある音を鳴らすのですが、超速のテクニカルデスメタルでも余裕をもって分離してくれる解像度の高さがあります。音はかなりタイトで締まった音を鳴らしているにも関わらず、音の硬質な味付けを感じさせない、純粋に締まった音に感じるのが結構驚異的かなと思います。この純粋にタイトでありながら、しっかりと重低音の重みまで感じられる低音を鳴らすイヤホンは、価格を抜きにしても他にあまり思いつかないくらいの実力だと思います。
相性の良い音源は、基本的に何でも合うのですが、全体的に締まった音でありながら低音域の力感を感じられる音の方向から、テクニカルデスメタル、デスラッシュ、アップテンポなゲームミュージック等、少しテンポの速い音源を聴くと、このイヤホンの魅力は感じやすいのではないかなと思います。
相性の悪い音源は、正直別に思いつかないのですが、強いていうならゆったりとしたバラード等は少し音がハッキリとし過ぎて音源の雰囲気に合わないかもしれません。
20211008_202801
3、Final A8000に不満が全く無かった人より、むしろ「基本は好きなんだけど、ここはもう少し」と思うポイントがあった人のほうが合うイヤホンに感じる。
このイヤホンはピュアベリリウムということでA8000との比較を気にしている人が多いと思いますので、比較しての音の感想も簡単に書いていきます。まず大前提として私はA8000をトップクラスに素晴らしいイヤホンと思っていますので、その前提で見てください。
まず、全体的な解像度の高さはA8000のほうが上です。A8000は本当にどんな音源でも音の粒が見えるかのような、とんでもない分離が良く音離れの良い音を鳴らします。ただし、A8000はあまり音場は広くないですし、この圧倒的な音の離れの良い音が「ちょっと窮屈」に感じたり「ちょっと硬質過ぎる」と感じる人も結構多く居る印象でした。その点でFD7はA8000ほどの圧倒的な解像感はありませんが、A8000より少しゆったりとした余裕のある音に聞こえます。またA8000は少し金属的な音の響きによる音のキツさがある印象がありましたが、FD7も金属的な音は多少乗るもののA8000ほどでは無く聴きやすい音になっています。
簡単に言うと「分離の良さ、解像度の高さの圧倒的さを求めるならA8000」「基礎性能の高さは欲しいものの、A8000よりもう少し聴きやすい余裕のある音が欲しいならFD7」という形になるのかなと思います。個人的には単純にどちらがより好きな音かと言われたらA8000を選びますが、正直FD7のほうが好きという人も少なくないだろうなと聴いていて思うくらいの実力があります。というか600ドルのイヤホンと約20万のイヤホンを単純比較して語れる時点で、FD7の異常さは十分伝わるんじゃないかなと思いますね。
20211007_151010 
おススメ度 99点
4、音質はもう価格破壊と言っていいくらいの魅力が詰まった素晴らしいイヤホンである。筐体の大きさによる装着感のゴツさや、遮音性の少し悪いところから少し減点したが、それ以外は本当に文句のつけようのない素晴らしいイヤホン。
本当はノズルの交換機構だったり、ケーブルのプラグ交換機構のところも細かく書いたほうが良いのでしょうが、音質の部分だけで大分長くなってしまったので省きました。遮音性はA8000よりは低めですが電車で使っていてそんなに問題になるレベルとは思いませんし、音に関しては本当に「よくこんなもん600ドルくらいで出したな」と、ただただ驚くしか無いレベルの実力がある製品です。最近レビューで褒めてばっかりだけど、良いイヤホンが立て続けに手元に来るのだから仕方ない、、、w
高解像度でタイトでありながら、伸びやかでクセの少ない音を求めている人におススメしたい名機です。これが600ドルくらいで買えるなら、正直個人的には勧めない理由は1つも無いです。

In-Canal Earbuds Ranking 更新停止中(廃止予定)

head-fiのEarbuds Round-Upさんを参考に、、、というか真似したランキングです。既に公開しているインナーイヤーのEarbuds Rankingのカナルイヤホン版と思ってください。

ランキングの基準は「音質」のみで価格、付け心地、造りの良さ等は点数に含まないものとします。あくまで私の好みとしての音質なのでそこも考慮して頂ければと思います。また、こちらの点数は優劣をつけるために通常のレビューの点数とは異なっております。
私は好みの傾向として基本的にバランスドアーマチュア(BA)より断然ダイナミックドライバのほうが好きな人なのでBAのイヤホンは基本的に低めの順位になっています。特に多ドライバの機種は低めの順位になっている事が多いですが、あくまで私個人の好みのランキングですのでご理解頂ければと思います。

こちらのリストは「現在所持している機種」と「過去に所持していた機種」が含まれております。そのため機種間の比較等を求められても出来ない場合があります。店頭試聴のみで所持した事の無い機種は記載しておりません。
また、リストの順位は定期的に変動するものと思ってください。私のブログを何度か見て頂けている方は既にご存知でしょうが私の評価はかなりいい加減で、数週間後に「あれ?評価した時より良く感じる」とか思う事はザラなので、その時々に順位は変動させていきますのでご了承ください。

評価の見方としては評価を8段階のカテゴリに分け、その中で更に気に入っている順に上から記載していく形となります。
特におススメの機種には機種名の前にを付けています。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 圧倒的 
Victor HA-FW10000  レビュー
Final A8000 レビュー
HIFIMAN RE2000  レビュー 
Fiio FD7 レビュー
水月雨 MOONDROP ILLUMINATION レビュー
Acoustune HS1695TI Gold レビュー
☆☆☆☆☆☆☆☆ 最上級
HIFIMAN RE2000 Silver  レビュー
Little Dot Cu KIS New レビュー
HIFIMAN RE800J レビュー
SENNHEISER IE800 レビュー 
7HZ i99 レビュー
Final Make1
RHA CL1 Ceramic レビュー 
ダルマオーディオ イーサリアル レビュー
HIFIMAN RE800 レビュー 
acoustic effect YSM-04/RS レビュー
☆☆☆☆☆☆☆  文句なしに良い音
etymotic research ER-4SR  
SONY MDR-EX1000  
METALURE WAVE レビュー
Fitear private333 レビュー
SIMGOT EK3 レビュー
TINHIFI P2  レビュー
TRN BA15 Newレビュー
LZ-A7 レビュー
final heavenⅥ FI-HE6BCC レビュー
Final E5000 レビュー
etymotic research ER-4S レビュー 
Kbear Believe  レビュー 
Nicehck Topguy レビュー
LZ A6  
Ar:tio RK01 レビュー 
final HeavenV Aging FI-AHE5BSB 
BGVP DM7   レビュー
Echobox The Nomad N1 レビュー
Flare Audio R2S 
LZ-A5 レビュー  
Kinboofi KBF MK4 レビュー 
kinboofi KBF MK5 レビュー
七福神商事 丸七 (4BA+1DD)レビュー (NOBUNAGA LabsのTR-SC1S使用時)  
Final heaven s FI-BA-SB レビュー 
LEAR LHF-AE1D Ti レビュー 
Klipsch image X10 レビュー
ApolloAudioLab Stormbolt レビュー   
Olasonic TH-4N レビュー 
Rose Cappuccino 2+2C レビュー 
Oriveti New Primacy レビュー
NICEHCK Lofty レビュー
NICEHCK NK10  レビュー 
Kinboofi KBF MK6(スイッチ付き) レビュー
Kinboofi KBF MK6  レビュー 
Easy SuperAudio 7BA レビュー 
Miles Davis Tribute MH MLD IE レビュー 
Ultimate Ears UE900  レビュー
ダルマオーディオ T-800 レビュー 
☆☆☆☆☆☆   かなり良い音
Ikko Gems OH1S  レビュー
TINHIFI P1のレビュー レビュー
Ultimate Ears TRIPLE.FI 10 レビュー   
MeeAudio Pinnacle P1 レビュー 
TRI-I3 PRO レビュー
CCZ Plume羽  レビュー
LA 6mini  レビュー
LZ-A4 レビュー
Simgot EN700PRO レビュー
NICEHCK NX7 MK3   レビュー 
SIMGOT EM2R レビュー 
Yinyoo HQ6s レビュー 
T-PEOS H-200 レビュー  
Kinboofi KBF MR4 レビュー
Peacock Audio P1  レビュー
NICEHCK F3 レビュー 
NICEHCK M6  レビュー
BGVP DMG  レビュー
DICCUE Diguce HB120 レビュー 
TRN X7(レビュアー用試作機)レビュー
TENHZ P4 PRO  レビュー
LEAR LHF-AE1D レビュー 
七福神商事 Anew 白玉  レビュー  
LZ-A3S レビュー
LZ-A3 レビュー 
BGVP DMS  レビュー
Yinyoo YQ10 レビュー
SEMKARCH SKC-CNT1 レビュー
ZhiYin QT5 レビュー 
LEAR LUF-Kaleido (萬花筒) レビュー
七福神商事 (2BA+1DD)  レビュー (NOBUNAGA LabsのTR-SC1S使用時)
RHA CL750
Echobox THE FINDER X1 レビュー
TinHiFi T4のレビュー レビュー
Kinboofi KBF MX2  レビュー
SIMGOT EM2 レビュー
Schmitt Acoustics S30 レビュー
audbos p4 レビュー
QingYin-30 レビュー
TFZ balance 2M レビュー
☆☆☆☆☆  結構良い音
TINHIFI T3 レビュー
DUNU TITAN 1 レビュー 
TRN VX レビュー
NICEHCK NX7 PRO レビュー
Vento Conductor T-500PRO レビュー
TRI-i4  レビュー 
NICEHCK NX7
 レビュー
BLON BL-A8 レビュー
BQEYZ Summer
 レビュー
Creative Aurvana Trio レビュー
SONY MDR-EX90SL レビュー
Their audio legacy2  レビュー
TRN BA8
 レビュー
KZ AS16  
レビュー
CCA C16  レビュー
Wemlik k3 レビュー 
HZSOUND Heart Mirror レビュー
Ar:tio CU1  レビュー
KZ AS06  レビュー
MeeAudio Pinnacle P2 レビュー 
Whizzer A15PRO 
Binary Acoustics EP-1 レビュー
Brainwavz B150 レビュー 
Binary Acoustic EP1D
 レビュー
TIN AUDIO T2 PRO  レビュー 

KZ ZAX   レビュー
URBANFUN YBF-ISS014 
レビュー
phb EM023  レビュー  
KZ ZS6  レビュー  
KZ ZS7 レビュー
TINHIFI T2 EVO レビュー
BQEYZ KC2  
レビュー
Simgot EN-700 レビュー
TIRE 1BA 
レビュー
Brainwavz B200 レビュー 
Brainwavz S5 レビュー
final adagio V FI-AD5DSS レビュー
DICCUE Diguce HB100(輸入アルミ仕様)  レビュー
ZERO AUDIO DUOZA ZH-DWX10 レビュー
ELECOM EHP-CH2000 レビュー
Degauss Labs Noir 
レビュー
☆☆☆☆    まぁまぁ良い音
KZ ZS10 レビュー
EARNiNE EN120 レビュー
MUIX IX5000 
Whizzer A15 
レビュー
Blue Ever Blue Model 2000EX 
OSTRY KC09 レビュー 
LZ-A2s レビュー
Cyberdrive Impact dura 第三世代 
レビュー
MONSTER  MH BTS IE GA RD レビュー
AURVANA IN-EAR2 レビュー

ATH-IM70 レビュー
REDGIANT A03 レビュー
Victor HA-FXT90 レビュー
TinHiFi T2 PLUS レビュー
KZ ZS5 レビュー 
CCA CA10
Brainwavz R3 レビュー
Revonext QT5  レビュ
KZ AS10 レビュー 
SIMGOT MT3 PRO レビュー
アシダ音響  ASHIDAVOX EA-HF1   レビュー
Accutone Taurus レビュー
Brainwavz S0 レビュー
Brainwavz S1 レビュー
Sudio VASA BLA レビュー
Brainwavz B100 レビュー
Brainwavz M100 レビュー
☆☆☆     それなりに良い音
QingYin-20 レビュー
Sonocore COA-805 レビュー
TRN TA1 レビュー
DARUMA AUDIO ECHO NEW レビュー
水月雨 Moondrop SSR レビュー
Brainwavz S3 
レビュー   
Yinyoo V2 レビュー
BOSSHIFI B3 
レビュー
CCA CA4  レビュー
TRN V20 
 レビュー

Fischer Audio TOTEM Paco レビュー 
TRN M10 レビュー
KZ BA10
  レビュー
LZ Z05A   レビュー
NICEHCK X49 NEW レビュー
KZ ZSR 
 レビュー

EINSEAR FIX レビュー
TRN V10  レビュー 
Brainwavz Omega 
レビュー
yinyoo IN8  レビュー
Brainwavz Jive 
レビュー
☆☆     あまり積極的に聴く気にはならない
MotherAudio ME5-BORON レビュー
KBEAR KS1 レビュー
Brainwavz Delta 
レビュー
LZ-02A レビュー
HZsound M001 
レビュー
NICEHCK DT500 レビュー
KZ ZST(黒色初期版)
レビュー 
ALPEX  HSE-A2000PN(有線ピヤホン2)NEW レビュー
TRN V30 レビュー 
TENHZ T5 レビュー
Brainwavz XFit XF-200 
レビュー 
ZhiYin Z2000 レビュー 
TRN V60 レビュー
sonocore COA803 輸入初期版(国内版とは全く別物) レビュー
☆      聴く気にならない 

メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ