メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

新機種群、試聴レポ(HE-R10、SRS-RA5000、IE900PRO、Oriolus Isabellae、Cayin Fantasy、CHIKYU-SEKAI 2/COSMOS)

20210424_120959  
新機種群の試聴レポートになります。こういった記事は今後もちまちまと書いていく予定です。
いつものことですが、あくまで私の個人的な好み、主観を元に評価しています。
また、短時間の試聴であり、後々評価が覆ることも大いにあります。あくまで試聴、しかも短時間かつ店頭の騒音下での試聴ということで、基本的にアテにならない物と思って見てください。
要は他人の試聴の感想くらいでゴチャゴチャ言うなってこですw
20210417_161330 
HIFIMAN HE-R10 Dynamic Version 参考価格 133,800円 販売サイト
メッチャ微妙。音は別に悪くはないけど、約14万となればもう少し予算足せばFostex TH900とかも候補に入ってくるし、それらとは全然渡り合えないレベル。本当特別悪くも良くも無い、特徴の無い音。何よりMDR-R10を真似た製品のクセに木の質感が「本当に木か?」と思うレベルで安っぽく、パッと見プラスチック筐体か?と思う質感なのが論外。
20210418_153539 
SONY SRS-RA5000 参考価格 66,000円 販売サイト
あんまり興味なかったけど、Twitter上でベノワ様氏が「これはクソや!」って言っていたので気になって試聴しました。音は店頭の試聴デモ音源を聞いた感じでは悪く無く「あれ?結構良いじゃん」とか思っていたのですが、Bluetoothで自分の音源を聴いたらズッコケそうになるレベルの音質でしたw全体的にモヤモヤした曇った音で篭っており、低音まで篭っているから低音の量感はあるのに迫力もあまりないという何とも言えない音。本当「メーカー指定のデモ音源で騙されるなよ!」という典型の製品でしたw
20210514_102732 
Sennheiser IE900PRO 参考価格161,172円 販売サイト 
結構Twitter上でも評価の分かれているイヤホンですね。個人的には「悪くはないけど、別に欲しくはないかな」という何とも言えない印象でしたw 音は別に悪くはないのですが、最近のゼンハイザーのIEシリーズは低音域のエッジに変な強調感があるものが多い印象で、このIE900PROもその傾向は同様とになっていて、どうもHD25で聴いているような低音域の表現に違和感を覚えるイヤホンでした。それ以外は特に不満はなかったので、エージングが進んでそこが解消されるようならもう一度聞いてみたいかな。ゼンハイザー自体は好きなメーカーだし、頑張って欲しいんですけどね。
20210523_152559 
Oriolus Isabellae 参考価格72,600円 販売サイト 
正直Oriolusのイヤホンってあまり良い印象が無かったのですが、これは非常に良かったです。最近試聴したイヤホンの中で一番印象良かったかも。音の傾向は中音域の張り出しの強めな軽いカマボコ傾向の音で、ボーカル帯域の適度な膨らみと厚みが非常に聴いて居て楽しいボーカルの質感重視のイヤホンという印象でした。正直メタル音源とはそこまで合わないですが、女性ボーカルのしっとりと歌い上げるPOPSとかミドルテンポのロック音源で使いたくなる、良い意味で非常に聴かせどころのわかっている味付けのある音だなと思いました。非常に良き。
EztLxO7VUAUGoTY 
Cayin Fantasy 参考価格96,800円 販売サイト
悪くない音だとは思うけど、正直Final A8000の廉価版みたいな音で個人的には約10万を出したいとは思えなかったのが本音。音はFiio FD5にかなり似ているので、正直FD5で十分やなぁとも。音の傾向は高解像度な非常に明るくクッキリとした音調で、Final A8000ほどは音の硬さが無く伸びやかな音になっているところが好みが分かれるところかな。ただ高音域の刺激の強さはA8000以上に感じたので、ここが好みにハマるかで評価が分かれるイヤホンかなと思いました。決して悪くはないイヤホンだと思います。
20210605_153349 (3) 
CHIKYU-SEKAI 2/COSMOS 参考価格25,020円 販売サイト
別に悪い音ではないんだけど「ありがちな高域の目立つ2BAの音」という印象に尽きる製品かなと、、、w 2BAのイヤホンって極端なハズレは無いんだけど、正直大抵似た音になるんですよね、TWFKを積んだイヤホンが一時かなりヒットしたこともあり、2BAはどうもこういう「明るく、高音域は明瞭に出て、少し低音域は軽い」みたいな音が本当に多い気がします。悪くはないイヤホンですが、正直こういった音のイヤホンはいくらでもあるので、別にこれを選ぶ必要は別に無いかなというのが本音でした。

以上になります。
正直Oriolus Isabellae以外は「うーーーん」となる製品が多かった印象です。個人的にIE900PROはエージング後にもう一度聴きたいくらいにはポテンシャルは感じられたので、これはまた数か月後に聴きなおしたいなとは思います。

しかし、、、Eイヤアキバの新店舗マジ狭くない?(苦笑

Razer THX Onyxのレビュー

DSC00164
Razer THX Onyxという現在21,769円で販売されているUSB DACアンプのレビューです。この製品はFiio AM3D等で採用されているTHX AAAというTHXの独自技術を使ったアンプを採用していることが特徴の製品です。

販売サイトはAmazonがこちら HIFIGOはこちら
良い点
・かなりハッキリとしたメリハリの効いた音。Fiio Q5S+AM3Dに似た傾向の派手さがある。
・駆動力はそれなりに高く大型ヘッドホンでなければ大抵は不満の無い音が鳴る
・ゆったりとした音のイヤホンでもカッチリとした音を鳴らす
・DACチップにES9281PROを採用
悪い点
・良くも悪くも音がかなり派手で自然な音、落ち着いた音を求めるならあまり向かない。
・Fiio Q5S+AM3Dのような圧倒的な駆動力は無く鳴らしにくいヘッドホンでの駆動は期待できない。THX AAA採用だからといって駆動力の過度な期待は禁物
--------------------------------------------------------------------------------------------
DSC00171Razer
1、音はとても良いが、とても派手な音なので好みは分かれる。
音はかなり良いのですが、かなりカッチリとした傾向の音で音のエッジも結構強調する軽いドンシャリ傾向なため好みは相当分かれると思います。音の傾向として高音域が目立つドンシャリ傾向の音で、全体的に音の分離の良さ、解像感を重視したかなりカッチリと硬い音になっています。この傾向が良くも悪くもかなり極端で、ゆったりとした響きの良さを持ったゆったりと鳴らすFinal HeavenⅥのようなイヤホンもかなり分離の良いハッキリとした音で鳴らしてしまうため、正直音の自然さはあまり無いと思います。こういった派手な音の傾向はFiio Q5S+AM3Dの音に似ており「AM3Dの音の派手の傾向をもう少し強めた音」というと傾向は伝わりやすいかなと思います。正直ちょっとやりすぎ感は否めないのだが、Final A8000のように音の分離の良いイヤホンと組み合わせると、本当にキレッキレのスピード感の高い音を鳴らしてくれるのでなかなか楽しいです。
DSC00227 
2、ケーブルは直付けで、本体にボリュームが無くかなりシンプルな造りのおかげで非常に薄くコンパクト。
ケーブルは直付けで外せないものになっており、本体にボリュームが無くスマホのボリューム操作のみになっているため、正直2万円近辺の小型USB DAC製品としては同価格帯のluxury&precision W1やPAW S1等と比べて機能面で劣っている印象は結構あります。しかし、その代わり非常に薄くコンパクトなデザインになっているので使い勝手は良いかなと思います。ここは自分の使用用途に合わせて選んでいただければと思います。個人的にケーブル直刺しは外使いの時にケーブルと本体が外れる可能性が低くなりそうなので一長一短かなーと思っています(正直本体ボリュームは欲しいけど。
ChSur-e62jRnevE6oGF4iYasD6aD3hAA-min 
3、PAW S1、luxury&precision W1との比較
単体の音だけグダグダ語っても分かりにくいと思うのでPAW S1、luxury&precision W1との比較を書いていこうと思います。全て3.5mmアンバランスでの音質比較となります。(写真には日本ディックスのPentaconn Cが写っていますが手持ちが4.4mm仕様で比較できないことに写真を掲載してから気が付いたのですが、面倒だからそのまま使っていますw)
・luxury&precision W1
3機種の中で一番大人しい、落ち着いた音を鳴らしてくれます。正直他の2機種と比較すると全体的に音のレンジは狭く、音の明瞭感や伸びやかさに欠け、パッと聴きは一番ダメな音に感じてしまうのですが、じっくりと聴きこむと音の自然な広がりが気持ちよく、音に刺激が少ないおかげで全体的にゆったりと聴きやすい優しい音になっているので、のんびりと長時間聴きたいときには一番使いたくなる音になっていると思います。3機種の中で一番ナローな音になっています。
・PAW S1
とても力感のある低音域を鳴らしてくれ3機種の中で一番全体的に芯の太い音を鳴らしてくれます。中低音域の下支えがある良い意味でアナログライクな少し濃いめの音が非常に楽しく、聴いていて「聴かせどころをわかっているな」と感じさせる非常に聴きやすい音になっています。3機種の中で一番バランスの良い音かなーと思っています。
・Razer THX Onyx
3機種の中で一番派手でPAW S1の音を派手にして、全体的な音の線を細く、それでいて鋭くしたような音を鳴らします。正直PAW S1と比較すると音の線が細いことがあり、音源によっては低音域の力感を感じる割には、音がシャープすぎて音の濃さが足りないなと感じる場面もあります。luxury&precision W1よりは音のレンジが広く、PAW S1よりは音の線が細い音といった感じでしょうか。正直かなり好みの分かれる派手な傾向の音だとは思いますが、個人的には結構楽しく聴ける音造りだと思います。
DSC00229
おススメ度 79点
4、派手な音の傾向が嫌いでなければ悪くない選択肢ではあるが、正直同価格帯にPAW S1やluxury&precision W1がある現状では少し苦戦をしそうというのも本音。

音はかなり派手な傾向で好みはかなり分かれると思います。個人的にはこういう派手な傾向の音も好きで少しボヤけた傾向のKojo Keyaguなんかでも比較的カチッと分離の良い音で鳴らしてくれるので結構重宝しているのですが、正直同価格帯にボリューム機能があり、ケーブルの着脱機能等もあるPAW S1やluxury&precision W1があるので少し苦戦するだろうなぁというのは本音でもあります。PAW S1やluxury&precision W1って国内価格だと29,800円くらいしますけど、輸入価格だと20,000円するかしないかという価格なので、今回のRazer THX Onyxとバッティングするんですよね。
ですが、Razer THX Onyxの派手で非常にカッチリとした鋭い音はスピード感のあるパワーメタル音源等と非常に相性が良く楽しい音を鳴らしてくれるので個人的には気に入っています。是非USB DACアンプ製品を検討する際に候補に入れてみてはいかがでしょうか。

雑記 試聴レポの記事を書こうと思ってます

特に書く内容があるわけではないのですが、最近どーもやる気が起きなくてブログも放置気味なので、こういうどーでもいい記事を書いて気を紛らわそうと思っています。

コロナ関係
5月に入って緊急事態宣言が延長されて、まさかの6月の今ですら緊急事態宣言が続いている状態ですね。正直ゴールデンウィークの時に「ゴールデンウィークの短期集中で感染を抑え込む!」とか言って緊急事態宣言が出たときは、2回目の緊急事態宣言が大した根拠もなく延長されたこともあり「絶対嘘だろ」と思っていたので5月末までの延長は予想の範囲内だったのですが、6月まで更に延長されたのは結構想定外でした。これが本当に「感染拡大防止」のためなら協力する気も多少は出るのですが、根本が「オリンピックのため」なのが見え隠れしている現状なので協力する気に全然なれないのが本音なところです。

試聴レポの記事を書こうと思ってます
以前から要望があった試聴レベルの簡易レビューの記事をこれから書いていこうと思います。正直個人的に試聴レベルであまり確定的な記事を書くのってあまり好きではないので避けていたのですが、コロナ禍で試聴のハードルも上がっているため、店頭での簡単な試聴レベルの感想でも新製品の情報が欲しいという声があり、今までヘッドホン祭やポタフェスの時に書いていた本当に1製品につき2、3行程度のメチャクチャ簡易な形式でのレポを書いていこうと思っています。基本的には「Twitterで書いてある適当な感想をブログにまとめる」程度の情報量のものと思ってください。

やる気をだそうとすると、逆に普段以上にやる気がでなくなるものですね
正直このブログの更新は精神的に参ったりして、あまり楽しめていない時期が続いていたのですが、「今年度はもっと更新するぞ!」なんて意気込んで4月からブログをやっていたのですが、むしろ例年よりずっと更新が滞っている状態ですw レビューを書くネタはいくらでもあるので変に気張らず、いつも通り低いクオリティの駄文レビューをゆるゆると書いていけるようになれたらいいかなーと思っています。このブログでやりたいことは色々あるんですけどね、私のやる気が追い付いていませんw

久しぶりにこういうどうでもいい雑記を書いたら、結構気持ち的にも多少前向きになったような気がします。こういうクソみたいな駄文を公開するのが本来の個人ブログだと思っているので、のんびりやりたいと思います。特にオチも何もありませんが終わりです。

BQEYZ Summerのレビュー

20210502_15293420210502_152944 
BQEYZ Summerという現在13,999円で販売されている1D+1BA+1圧電セラミックピエゾというハイブリッド構成イヤホンのレビューです。

販売サイトはこちら  In-Canal Earbuds Rankingはこちら 
良い点
・とてもハッキリとして鮮やかで鮮烈さのある、少し派手な高音域が気持ち良い。
・全体的な音の分離が良く、スピード感のある音源とも相性が良い。
・2.5mm、3.5mm、4.4mmのケーブルを選択でき、全て価格も共通
・筐体は1D、1BA、
1圧電セラミックピエゾと3種のドライバを使用している割に小ぶりで装着感が良い。
悪い点
・音がメチャクチャ派手で正直聴き疲れは大分する。
・高音域の金属的な響きや、刺さりのある音を苦手とする人にはまず合わない。
--------------------------------------------------------------
20210502_153306Summer
音質評価 85点
1、音は良いのだが、かなり高音域が目立つタイプの派手系ドンシャリで、正直聴き疲れはするし好みはかなり分かれると思う。聴き疲れするイヤホンの許容範囲が広い私でも、これはかなり疲れる。

音はかなり派手ですが良いです。音の傾向としては高音域寄りのドンシャリで、そこまでドラムのシンバル音のような刺さりやすい音の帯域を強調している感じは無いのですが、不思議とかなり聴き疲れします。TinHIFI T3とかみたいに金属的な音をかなり強調するイヤホンより、聴き疲れしやすいのはちょっと不思議な感じです。(多分相対的な低音の量感が少ないのが原因)
ただ、その反面高音域は本当に明るくハッキリとした鮮烈な音を鳴らしてくれ、低音域も重低音の力感はそこまで無いものの再現度は低く無いため、分離がハッキリとしつつも力感をしっかりと感じさせる音を鳴らしてくれ腰高感も少ないですし、単純な音としては結構印象の良いものになります。
20210502_15314820210502_153242
音のバランス
音のバランス
高音域 □□□□
中音域 □□■
低音域 □□□
2、高音域はかなり鮮烈で明瞭な音を鳴らすものの聴き疲れは正直しやすい。中音域は音に変な膨らみを持たせずに自然な音を鳴らす。低音域は分離が良くタイトな音を鳴らし、量感の割には腰高感も無い重低音の下支えがある音を鳴らしてくれる。
高音域は非常にスッキリとした見通しの良い明瞭な音を鳴らすのですが、聴き疲れはかなりしやすいです。高音域は音の粒立ちの良い情報量が多くかつ解像度の高い音を鳴らすのですが、バランスとして高音域が相対的に多いことから正直かなり聴き疲れがします。そこまでドラムのシンバル音等のような刺さりやすい音を強調している印象は無いだけに、ここまで聴き疲れしやすいのは正直不思議ですが、それだけ高音域ドライバの主張が強すぎるということなんだと思っています。
中音域は相対的には少な目なのですが、特に変に凹む印象もなく、クセの少ない音を鳴らします。ボーカル帯域はハイブリッドで、特に3種類以上のドライバを採用しているイヤホンは不自然になりやすいのですが、変に音を広げたり、音の輪郭を強調することもなく、自然にあるがままの音を淡々と鳴らす印象です。
低音域は量感としては少な目なのですが、重低音の再現度は悪くないので、量感の割には腰高さの無い音になっており、とても締まった分離の良いスピード感のある音を鳴らします。低音の相対的な量感は少な目なため、ハードロックのような重みのある低音を鳴らす音源では少し物足りなさを感じるかもしれません。低音域の分離は優秀でテクニカルデスメタル等の音源でもしっかりと分離してくれる分解能を持っています。
DSC00228
おススメ度 79点
3、高音域
ドライバの主張の強さによる聴き疲れのしやすさだけがネックになるイヤホンで、そこだけ許容出来れば明瞭で楽しく聴けるイヤホン。
音の傾向としては個人的には結構好きな方向の派手な音なのですが、正直ちょっと私でも長時間は聴きたくないなと思うレベルで聴き疲れのしやすい音になっています。私はイヤホンをあまり長時間連続で使うことは少ないので、こういう傾向の音のイヤホンも「楽しく聴ける音」という枠で高評価をつけることが多いのですが、長時間のんびりと使うイヤホンとしては間違いなくおススメしないイヤホンですね。
13,000円くせいで鮮烈な高音域を鳴らす、派手な音のイヤホンを探している人におススメしたいイヤホンです。聴き疲れはしやすいけど楽しい音のイヤホンです。

FlexiSpot E7のレビュー

e7b-black-800 
FlexiSpot E7という現在48,000円+天板で販売されている、電動昇降スタンディングデスクのレビューです。天板を合わせると6万円~になります。
オーディオでも何でも無い製品なのですが何故かレビュー依頼が私に来まして、正直断ろうか悩んだのですが、普通にデスク買い換えたかったのもあり欲に負けました、、、w
部屋が汚いため机以外の場所を白く塗りつぶした写真を多く使っています、ご了承くださいw

販売サイトはこちら 
良い点
・かなり安定性が高く、グラつきが少ない。最大の高さまで上げても問題無くキーボードを打てるくらいの安定性があるのが◎
・天板が選べるため、自身の欲しいサイズ、色、形状の選択肢が広い
・電動昇降の音が比較的静か。深夜に動かしても迷惑にはならなそう
・予想以上にスタンディングは快適。良い気分転換になり、集中力を持続させやすい。
悪い点
・組み立てはそこそこ大変。男なら1人でも頑張れば可能だが、女性1人は無謀。基本2人でやるべき。
・「天板」と「フレーム部」が1つずつの箱で届くが、フレーム部の箱が35kg近くあり非常に重たい。
--------------------------------------------------------------
組み立て編
unnamed (3)unnamed (4)
組み立てはかなり重さがあるため、男性なら頑張れば1人でもできるが女性はまず無理。基本は2人以上で作業すること勧める。
組み立ては結構大変です。机を完成させるところまでは説明書通りにやれば結構スムーズに出来たのですが、何せフレーム部だけで35kg近くとかなりの重量があるため、完成したデスクを表にひっくり返す作業にかなり苦戦しました。男性1人ならギリギリ可能ですが、女性1人でやるのはまず無理と考えていいです。
また、この製品は「天板」と「フレーム一式」が1箱ずつで届くのですが、フレーム一式の箱が鬼のよう
に重いです。正直一人だと持ち上げられなくて、玄関で箱を空けて中身を取り出さないと設置場所まで持っていくことは無理でした。組み立ての際は2人以上でやることをおススメします。

組み立ては重量がかなりあるため体力を使いますが、作業自体はわかりやすく比較的簡単です。天板とフレームを取り付ける際も、天板にネジ穴用の仮穴が最初から開けられているので固定も比較的楽です。ネジは取り付ける場所によってA~Fまでに分かれて決められていますので、ここだけ注意するようにしてください。

ここからは組み立ての手順を紹介していきます。

ステップ1 サポートプレートを取り付ける
unnamed (36)unnamed (42)
説明書の絵だと、真ん中の黒い制御基板とかが入ってる部分が書かれていないので少し混乱しますが、そこさえ分かれば簡単に付属のレンチで簡単に取り付けられます。
ステップ2 支柱を取り付ける。
20210509_130015unnamed (43)
支柱は結構な重さがあるので慎重に運んでください。取り付け自体は付属のレンチで固定するだけなので簡単です。
ステップ3 脚を支柱に付ける。
20210509_130444unnamed (44)
これもレンチで固定するだけなので簡単です。
ステップ4 天板を取り付ける。

20210509_13080420210509_131734unnamed (45)
1枚目の画像のように、天板には仮穴が開けられているため、その穴に合うようにビームのネジを緩めて長さを調節します。穴の位置ピッタリの場所を探す必要があるため、一番面倒な作業かもしれません。穴の位置が調整出来たらネジで天板とフレームを固定します。固定は電動ドライバーを使うことが推奨されていますが、普通のドライバーで手回しで取り付けても大丈夫だとは思います。私は電動ドライバを所持していないので手回しで固定しました。(推奨外なのであくまで自己責任でお願いします)
ステップ5 コントローラーを天板に取り付け、ケーブルを接続する。
unnamed (12)unnamed (14)unnamed (46)
昇降をするためのタッチパネルリモコンを天板に取り付け、リモコンとフレーム部分から出ているケーブルを接続します。
ステップ6-1 ケーブルカバーを取り付ける
20210509_133400unnamed (47)
ケーブルカバーはネジとネジの間に挟むようにはめ込むのですが、少し力を入れてカバーの金属を曲げながらはめる必要があります。
ステップ7 ひっくり返して完成
20210509_133749unnamed (48)
ステップ6-2というのもあるのですが、それはビームの長さを調整する場合の手順ですので、問題が無ければステップ6-1の時点で完成となります。かなり重量があるので、ひっくり返す作業は2人以上でやったほうが安心です。私は1人でやりましたが結構ギリギリでした、、、w
使用感編 
1、昇降の動作音はなかなか静かで〇。
昇降の動作音は比較的静かで深夜に操作しても問題にはならなそうで良いです。勿論動画のようにある程度の音はしますが、相当壁の薄い部屋で無い限り、駆動音で迷惑をかけることは無いと思われます。
20210509_134216
2、グラつきが少なく、最大の高さまで上げてもキータイピング等を問題なく行える。
グラつきが少なく安定した作業が行えます。最大の高さまで上げると、流石に低い位置のときよりは多少グラつきやすくはなるのですが、キータイピングや文字を書く程度の作業であれば全く不安なくできるくらいの安定性はしっかりあります。また、気に入った高さを記録しておくことが可能で、1タッチでいつも作業する高さに変えられるのもなかなか便利です。
20210510_184821
3、スタンディングでの作業は予想以上に快適。良い気分転換になり集中力を持続させやすい。
正直「立って作業なんてするかなぁ?」と思っていいるところもあったのですが、実際にスタンディングで作業してみると結構快適で作業が捗りました。特に作業中に集中力が切れてきたとき、スタンディングに切り替えると良い気分転換になりますし、同じ姿勢を続けずにすむことから身体も結構楽になります。このレビューを書いている際も途中からスタンディングに切り替えましたが、切り替えることで集中力が少し戻った気がしますし、こういう姿勢の変化って結構大事なんだなぁと痛感させられました。
20210513_030320 
4、非常に満足度の高いデスク。
正直他の電動昇降デスクを試したことが無いので、このFlexiSpot E7が他の同カテゴリ製品と比較して優れているのかはわかりませんが、個人的には非常に気に入って使っています。自分がスタンディングで作業するかは疑問でしたが、「集中力が切れてきたときにスタンディングに切り替える」という使い方をすると非常に良い気分転換になり、長時間集中して作業が続けやすくなったことがポイント高いです。
また、私のようにデスクにスピーカーを置いている人は、スピーカーで音楽を聴く時に、顔の位置までスピーカーを高くして鳴らすことが出来るのが地味に便利です。音質的にもデスクで最適な高さにスピーカーを調節するということは難しいので、意外とデスクトップオーディオ的にも電動昇降デスクはアリかもしれません。

私のメイン作業机として今後もFlexiSpot E7は活躍してもらいたいと思います。
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
  • ライブドアブログ