メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

TINHIFI T1Sのレビュー

unnamed (35)
TINHIFI T1Sという現在29ドルで販売されているベリリウムコートのダイナミックドライバ1発構成のイヤホンのレビューです。
販売サイトはこちら 

注目ポイント
・10mmのベリリウムコートの振動板で真鍮の筐体を採用したダイナミックドライバを使用
→ベリリウムコートの振動板は最近珍しくないですが、ドライバのキャパシティが真鍮だよってところをアピールしているのは珍しいかな(まぁでもよくある)

良い点
・中、低域の質感は悪くない
・全体的には極端なドンシャリにもならない比較的クセの少ない音
・筐体が小さく装着感が良好
悪い点
・高音域が明瞭感に欠ける
・全体的に音の分離がイマイチ
・良くも悪くもクセこそ少ないが良いと思える特徴も無い
・29ドルだから仕方ないとはいえ、それでも同価格帯のイヤホンと比べても安っぽい
unnamed (40)CCA CRA+
音質評価 68点
1、29ドルのイヤホンとしては別に悪くはないが、高音域の明瞭さに欠ける音や、比較的クセ少ないが良いと思える特徴も無いなんとも面白味のない音。

音は正直イマイチです。29ドルという価格を考えたら別に特別音が悪いというわけではないのですが、個人的に「TINHIFIにこういう音は求めてない」という気持ちも含めて期待外れな印象が強い製品でした。音の傾向は低音域が少し強めなバランスで、個々の音の癖は少ないタイプです。ただ、何というか本当クセは無いけど、個々の帯域の質感は別に良くないので、別に良いと思える点も無いという本当煮え切らないタイプの音です。同社の製品は「軽いドンシャリの元気音で特徴はあるけど、それはそれで面白いよね!」って製品が多くて、個人的にはそういう音造りの会社なんだろうなと勝手に解釈していただけに、今作は正直かなり??となりました。
unnamed (38)unnamed (40)
音のバランス
高音域 □□■
中音域 □□□
低音域 □□□□
2、高音域は曇りこそしないが明瞭感に欠け寸詰まり感がある。中音域は厚みのある音で違和感は少ない。低音域は分離はイマイチだが重みのある力感のある音を鳴らす。

音は軽く低音域寄りです。音場は広くも狭くもなく。
高音域は曇りまではしないものの、明瞭感に欠けて正直イマイチです。ドラムのシンバル帯域のような音が大分遠くで鳴ってしまう印象もあり、どうにも聴いていて高音域のスッキリ感が無いことから聴いていて少しモヤッとした気持ちになります。
中音域は厚みのあるクセの少ない音を鳴らすものの、少し音の抜けの悪さが気になります。ボーカル帯域の質感は少し低めの帯域が強調気味で音像が大き目に鳴りますが、音自体はそこまでクセの無い音を鳴らしてくれると思います。ただ、少し音の抜けの悪さから高音域同様少しスッキリしない感じがあります。
低音域は少し膨らみのある音で分離はイマイチなものの、力感のある音を鳴らします。スラッシュメタル等のスピード感のある音源では音の分離が追い付かずスピード感に欠けてイマイチですが、ロック等では少し強調気味の低音域がいい具合にアクセントとなり楽しく聴けます。低音の質感も悪くなく、しっかりと重低音まで再現された重みのある音を鳴らします。
相性の良い音源は、ロック、ハードロック、ポップスなど、低音域の力感が強いのでミドルテンポのノリが良い音源と相性が良いです。
相性の悪い音源は、スラッシュメタル、デスメタル、打ち込み系など。基本的に低音域の分離がイマイチなのでスピード感のある音源はイマイチかなと。
unnamed (41)
おススメ度 67点
3、29ドルという価格を考えたら別に悪いイヤホンではないが、TINHIFIにこういうのは求めてなかったなぁというのが本音なイヤホン。

このイヤホンは正直TINHIFIらしくない音造りで大分??となりました。同メーカーは少し高音域が目立つドンシャリ傾向のイヤホンを沢山作っているメーカーで、そういう音造りがメーカーの色なのかなと思っていたのですが、このイヤホンはそういった今までの傾向とはかなり異なります。低音域が強めな帯域バランスではあるものの、個々の音の質感はクセが無く良くも悪くも誇張の少ない音です。ただ、個々の帯域の質感は別に高いわけじゃないので、良くも悪くも「こういう音を低価格イヤホンのドライバでやられても、、、」って感じに、細かい音の粗ばっかり気になって正直あまり聴いていて楽しくなかったのが本音だったりします。TINHIFIは「元気に鳴らす傾向ではあるけど、楽しく聴ける」みたいな、製品が他に沢山あるので、そちらをおススメしたいのが本音です。(T3とかT2proとか)


CCA CRA+のレビュー 楽しく聴ける良い塩梅の味付けが楽しい名機。

unnamed (27) 
CCA CRA+という現在28ドルで販売されているダイナミック1発構成イヤホンのレビューです。同社のCRAという製品のアップグレードモデルとなりますが、私はノーマルのCRAの音を聴いたことがないので比較はせず単体でのレビューとなりますのでご了承ください。

販売サイトはこちら  
Sb219fa6215fd4ccb831adda0df4b122e5
注目ポイント
・CCA CRA+全面アップグレード
→低音域を強化し、全体的な帯域レンジも広くなっているそうな
・新規コイルアップグレード
→ドライバのボイスコイル部が変更されているそうで、単純なほんの少しのチューニング変更というわけではないようです。

良い点
・音質はかなり良い。低音域強化版ということで籠った音なのかと心配したが、高音域も明瞭でとてもバランスが良い。
・低音域は少し多めだが、質が良く沈み込むような重低音まで表現されていて楽しい。
・音場が少し広めで、全体的に余裕のある鳴らし方なので、音に窮屈感が無い。
悪い点
・正直殆ど無いが、強いて言うならテクニカルデスメタル等の音源には低音域の分離が追い付かないことか(28ドルのイヤホンに求める水準ではないと思うが)
unnamed (29) CCA CRA+
音質評価 94点
1、音質は非常に良い。軽い低音域寄りの音だが、高音域の質感も良く、何より低音域が量感が多すぎずに質が良い余裕のある鳴り方をするのがポイントが高い。

正直最近のKZ系の製品には個人的にはかなり良くない印象を持っていたので、このイヤホンも届くまであまり期待していなかったのですが、このモデルは非常に良くできていると思います。音質としては低音域が強めな音ですが、低音域を強化したと謡うモデルの割にはそこまで極端な低音域の強調感はなく、良い意味で楽しく聴ける適度な味付け程度で聴いていて違和感はないです。高音域もしっかりと明瞭な綺麗な音が鳴りますし、低音域も量だけ増したような音ではなく、しっかりと重低音まで表現された質の高い音を鳴らします。個人的にこのイヤホンで一番良いなと思ったのは、こういう低音域が強めなバランスにチューニングされたイヤホンというのは、全体的に音の分離を無理やりあげるために音をイコライザで無理やりソリッドにしたような違和感だったり、音場の狭い窮屈感のある音になっていることが多いのですが、このイヤホンの低音域は変にワザとらしい分離の強調感がなく、音場の広めで全体的に余裕のある鳴らし方になっているのが非常に好印象です。
unnamed (32)unnamed (30)
音のバランス 
高音域 □□□■
中音域 □□□
低音域 □□□□□
2、高音域は明瞭で抜けが良く非常に聴きやすい違和感の無い音。中音域はほんの少し遠めに鳴るものの広がりのある伸びやかでクセの少ない音。低音域は少し広がりがありつつも分離もそこそこ良い、変に音のエッジを強調せず重みのある音。

音のバランスは低音域寄りの軽いドンシャリ傾向。音場は少し広め。
高音域は非常にスッキリとした音でありながら、ドラムのシンバルのような刺さりやすい音を強調せず、非常に抜けの良い聴きやすい音で鳴らしてくれます。今回のモデルは低音域の強化を謡っていたので高音域の質感は心配していたのですが、非常に曇りの無い綺麗な音で、それでいて変な刺さる音の強調感が無く、それでいて変に刺さりやすい音を意図的に減衰させている印象も無い、非常に聴きやすく抜けの良い自然な音を鳴らしてくれるのが非常にポイントが高いです。
中音域は少し広がりのある深みのある音を鳴らします。帯域バランス的には全体の中で一番少な目ではあるものの、特に違和感なく聴くことができます。ボーカル帯域は少し広がりの付加された聴きやすく自然な音で、良くも悪くも少しだけ音像は大きめに再生される印象はあるものの、そこまで過剰にならずに良い意味でボーカルの聴きどころのアクセントが少しだけ強調されるような、そういった上手い自然さを損なわない楽しく聴ける味付けがされていると思います。
低音域は分離が良く力感が強く出るものの、音のエッジを変に強調せず、少し広がりのある音を鳴らしてくれます。低音域が強めなイヤホンというのは、低音域の量感ばかり意識してボワボワの緩い音になったり、低音域の量感を増やしても聴きやすくするために音のエッジを意図的に強調して「なんとなく分離が良く聴こえる」ような極端なチューニングになりがちなのですが、このイヤホンは分離はそこそこ良いものの変にエッジの強調感の無い聴きやすい音を鳴らします。エッジを強調していないおかげで、ウッドベースのような広がりある低音域も自然な質感で鳴らしてくれるのがとてもポイントが高いです。ただ、音の分離はそこそこは良いものの、テクニカルデスメタル等の音源では少し音の分離が追い付かない印象はあります(同価格帯のイヤホンとして十分高い水準で鳴らしてはくれるが)
相性の良い音源は、ロック、POPS、アニソン、パワーメタル等。基本的にどんな音源でも上手く鳴らしてくれますが、低音域の質の良い重みのある音が特徴的なイヤホンなので、少し元気な音を鳴らす音源のほうがより楽しく聴ける印象です。
相性の悪い音源は、クラシック、テクニカルデスメタル等。十分聴けるのですが、クラシックはもう少し低音は少な目でいいし、テクニカルデスメタルは分離がもう少し欲しいです。
unnamed (34) 
おススメ度 95点
3、非常に楽しく聴けるバランスの音で、30ドル以下で買えるイヤホンとしてはトップクラスの実力だと思う。低音域が強めなバランスでありつつも、個々の帯域が変に味付けがされていない自然な鳴り方をしているのがポイントが高い。

音はかなり良いと思います。正直KZ系のイヤホンには最近全然良い印象が無かったので、このイヤホンも期待していなかったのですが、この音が30ドル以下で手に入るのであれば大当たりと言っていいでしょう。音も帯域バランス的には低音域が強めなドンシャリで、派手な鳴り方には間違いなく分類されるとは思うのですが、個々の帯域の質感は変な強調感が無い自然な音を鳴らしてくれるので、良い意味で楽しく聴ける味付けがありつつも、自然さをそこまで損ねずに聴けるのがかなり上手いチューニングだなと思いました。
低価格でノリの良い音を鳴らすイヤホンが欲しい人におススメしたい名機です。
アクセスカウンター(PV)
  • 累計:

最新コメント
記事検索
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ